ストレスは便秘の元

万病の元ストレスはもちろん便秘の要因にも!両方の解消でスッキリと

放っておくと、身体に様々な悪影響を及ぼす便秘。不快な思いはしたくないですね。出来れば生活習慣の改善によって予防したいものです。しかし、実は便秘というのは、生活習慣の乱れだけではなく、生活環境によるストレスなどにも大きく左右されます。社会や家庭を取り巻く環境において、現代人は多大なストレスを背負っています。そうしたストレスが、便秘の大きな要因となっているのです。

胃腸などの消化器系を始め、人間の内臓はとてもデリケートに出来ています。感情の動きによって受ける影響が大きいのです。ですから、ストレスを感じたり、緊張状態が続くと、自律神経が乱れ、交感神経が優位に立ってしまいます。すると、腸の蠕動運動が低下し、便秘を引き起こしてしまうのです。

この腸の蠕動運動は、副交感神経が優位であるリラックス時に活発になるので、ストレスを軽減し、心身ともにリラックスすることが、便秘の何よりの解消法になるでしょう。こういったストレスによる便秘は一過性単純性便秘であることがほとんどですが、慢性便秘である痙攣性便秘の要因でもあります。それは、ストレスによって起こる便秘が、今度はストレスの要因になってしまうという悪循環が一番の原因です。その結果、急性便秘を慢性便秘にしてしまうというわけです。

また、ストレスは、腸液の分泌を低下させたり、腸内の悪玉菌を増加させたりといった状態をも生みます。百害あって一利なしですね。ですから、便秘を予防するには、ストレスの解消が大切になります。それには原因の解消が一番なのですが、それが簡単に出来るようであればストレスにはなっていないですね。ですから、せめてストレスを軽減しましょう。

ストレスを軽減させるには、気分転換が最も効果的です。散歩やジョギングなどの軽い運動などは、身体と共にリラックス出来る最適な方法ですし、音楽や読書なども良いでしょう。自分の好きなことをするのが一番です。便秘は不快感だけでなく、肌荒れや頭痛などのストレスにもつながります。まずは要因となるストレスを軽減し、さらにストレスを生まないようすることが、最も効果的な便秘予防法となるのです。