便秘解消・予防法

記事一覧

それぞれの特徴を知り、自分にあった便秘薬を選ぼう!

出来れば服用せずに解消したい便秘薬ですが、長期間改善されないのであれば、身体の為にも薬を飲んで治しましょう。ビオフェルミンやミヤbmが身体に優しい便秘薬であることはご説明いたしましたが、その他にも市販の便秘薬にはとてもたくさんの製品があります。テレビのCMでも毎日のように見かけることだと思います。

まず、便秘薬にも種類がありますが、膨張性下剤としては、サトラックスやウィズワンがあります。ウィズワンは、プランタゴ、オバタの種皮とセンノシドの生薬が配合され、食物繊維が水分を吸って腸で膨らみ、排便を促します。

また、刺激性下剤としては、ビューラックがあり、腸に直接刺激を与えるビサコジルを主成分としています。同様にビサコジルを主成分とするものに、スル―ラックやコーラックがあります。スル―ラックは他にセンナや大黄の成分であるセンノサイドカルシウムを含み、副交感神経に作用する働きもあります。どれも蠕動運動を活発にし、便を柔らかくしたり、腸内環境を整える効果も併せ持っています。

浸潤性下剤を含むものにはサトラックスやコーラックがありますが、浸潤性下剤自体は効き目が弱いため、他のものと併せて使用されているのです。そして塩類下剤にはミルマグがあり、便を柔らかく、自然に排便へと促します。

また、こうした下剤とは違い、漢方薬を主成分とした便秘薬もあります。有名なものとして、新コッコアポA錠は防風通聖散を主成分とし、長期間服用によって効果を発揮します。そして大正漢方便秘薬やタケダ漢方便秘薬は、大黄甘草湯を主成分とし、大黄で腸を刺激し、甘草で腹痛を抑えます。

このように、便秘薬にも色々種類があるので、医師や薬剤師と相談し、自分の便秘に合った薬を選ぶことが大切です。そして忘れてはならないのは、便秘薬はあくまでも一時的に排便を促すものであり、決して便秘を解消・予防するものではないということです。まずは食生活の改善・適度な運動・ストレス解消によって、便秘を根本から解消・予防することを心掛けましょう。

便秘薬の不安要素もミヤbmなら最小限に!酪酸菌の力で自然な効き目を

食事などでは解消されない頑固な便秘には、便秘薬を使用するしかありません。長く続く便秘は、薬による副作用よりも、さらに身体に悪影響を及ぼしてしまうからです。そこで、乳酸菌が主成分のビオフェルミンをおすすめしましたが、もうひとつ、酪酸菌を主成分とするミヤbmという薬もおすすめいたします。

このミヤbmは、酪酸菌の芽胞を調剤したもので、胃酸で死滅せずに腸で発芽するため、効果が高いのが特徴です。本来は、抗生物質などによる下痢防止などによく使用される薬です。抗生物質などを服用すると、腸内細菌をも死滅させてしまうので、腸内環境が悪化し、腐敗などを引き起こします。そこでそういった悪環境や腐敗を抑えるために、このミヤbmが一緒に処方されるのです。

つまり、それだけ腸内環境を整えてくれる薬だといえます。具体的には、善玉菌を補い、悪玉菌を抑えることで、腸の働きを活発にしてくれるのです。正式にはミヤサリンという名前のこの「ミヤ」は、宮入菌が主成分であるところからネーミングされています。

ビオフェルミン同様、下剤というよりは、整腸剤であり、便秘だけでなく、下痢の場合にも使用されます。強力な効き目というよりは、優しい効き目であり、あくまでも腸内環境を整えることを目的としています。ですから身体に負担を掛けずに便秘を解消してくれる強い味方なのです。長く続く便秘なら、我慢するよりこういった薬を飲んで解消した方が、何倍も身体に良いといえるでしょう。

ただし、やはり薬には副作用があり、このミヤbmも例外ではありません。ひどくなったら飲めば良いという姿勢ではなく、まずは食生活の改善などで便秘を解消・予防し、それでも解消されない時だけ、使用するようにしましょう。それは他の便秘薬全部に言えることであり、とても大切なことです。

あくまでも、便秘の解消・予防法は、腸内環境を整える食物繊維や乳酸菌を食べ物から摂ることから始まります。欧米化された食事ではなく、和食を心掛け、肉中心から野菜中心の食事に改善し、適度な運動もプラスしながら、最後の手段としてミヤbmなどの薬を使用するのが正解なのです。

ダイエット中でも便秘は予防できる!?食べても太りにくい食べ物とは

ダイエットをする女性はとても多いですね。女性にとって細い身体は、永遠のテーマともいえるでしょう。しかし、ダイエットによって便秘になったという話もよく聞かれるのではありませんか。実際に便秘がちでダイエットも美味くいかないという経験をお持ちの方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

では、どうしてダイエットをすると便秘になるのでしょう。それはズバリ、便が作られないからです。便というのは、食べ物から栄養を取った残りカスです。ダイエットで食べる量が少なければ、便量も減るのが当たり前ですね。そして、便量が減ると、腸の働きが低下し、蠕動運動によって排出されることなく、腸内に長時間溜まってしまうのです。これが便秘の状態です。

また、人は食べ物が体内に入ることで、胃・結腸反射が起き、便意を感じるのですが、それも起きにくくなるため、慢性の便秘に陥ってしまいます。こうした腸の働きの低下は、脂肪の代謝の低下も招きます。余分な脂肪を燃やせず溜めこみやすくなってしまうのです。その結果、ダイエットしづらい身体になってしまい、残念ながらうまくいかないわけです。

こうした便秘を予防するには、食べれば良いのです。食べて便量を増やすことで解決します。しかし、それではダイエットになりませんね。ですから、食べても太らない食べ物を選べば良いのです。その代表が食物繊維でしょう。食物繊維は、胃で消化されず腸に届くため、そのままの状態で便量を増やしてくれます。また、水分を取り込んで便を軟らかくしてくれるため、排出されやすいのです。

また、同時に水分もたっぷり摂って、食物繊維の働きをさらに効果的にしましょう。便を軟らかく、腸の働きを活発にするためには、水分が一番です。カロリーを取らず、便量を増やすには、食物繊維と水分をたっぷり摂って、ダイエットを成功させながら、便秘予防も出来れば良いですね。

そして、便を排出するのに大切な腹筋を鍛える面でも、もちろん脂肪を燃焼させる面でも、適度な運動をすることをおすすめします。特にウォーキングなどの有酸素運動は、腸の働きを活発にし、さらに脂肪を燃焼させてくれるので、ダイエットと便秘予防には一石二鳥なのです。食物繊維たっぷりの適量な食事と、毎日の適度な運動で、便秘を防止しながら、ダイエットを成功させましょう。

お腹に優しいビオフェルミンで便秘薬の長所も知ろう!

食生活の偏り、運動不足、ストレスなど、現代人には便秘の要因が日常に溢れています。生活習慣病として、便秘に悩む人は大変多いことでしょう。出来れば食生活の改善などで自然に解消・予防出来れば一番です。しかし、そうはいってもなかなかうまくいかないのが現状でしょう。

そこでまずたよりになるのがサプリメントではないでしょうか。しかし、あくまでも食事で摂り切れない栄養分を補うためのものなので、速攻性や強い効き目は期待出来ません。もちろん、少しずつ体質を変えて行くのがベストですが、ひどい便秘が続いている状態では、身体にも悪影響がありますし、ストレスも溜まります。そんな時は便秘薬を使用した方が良いでしょう。

そこでおすすめなのがビオフェルミンです。CMでもおなじみなので、一度は耳にされたことのある名前でしょう。便秘薬は数多くありますが、このビオフェルミンは、下剤としての働きよりは、整腸剤としての働きを重視しています。子どもでも飲めるほどの、お腹に優しい薬なので、便秘の解消だけでなく、予防にも活用出来るのです。

このビオフェルミンの主成分は、ピコスルファート・ビフィズス菌・ラクトミンです。ピコスルファートというのはナトリウム水和物であり、腸内細菌によって活発化され、腸の蠕動運動を促進します。また、腸の水分吸収を抑えて、便の通りを良くしてくれます。ビフィズス菌とラクトミンは、よく知られる通り乳酸菌の仲間です。善玉菌を増やして腸内細菌を活性化し、蠕動運動を活発化します。また、便のカサを増やし、柔らかくする効果もあります。

主成分をご覧になってお分かりのように、便を出す作用よりも、整腸作用を目的としています。それが、数ある便秘薬の中でも、このビオフェルミンがおすすめだという理由です。出来れば飲まずに済ませたい便秘薬だからこそ、出来るだけ副作用が少なく、身体に優しいものを選びたいですね。

しかし、このビオフェルミンも薬には違いありません。用法や使用注意を良く守り、副作用などにも十分に注意しましょう。そして、あくまでも便秘解消・予防には食生活の改善が主役だということを忘れずに、常用したり、依存したりしないよう心掛けましょう。

ブームのプチ断食は便秘にも効果!大腸の清掃と整備をして便秘解消を

最近のブームであるダイエットの目的で、よく聞かれる断食、もしくはプチ断食。皆様も目にされたことがあるのではないでしょうか。断食といっても。プチが付く位ですから、全く食べないというものではありません。もちろん1~2日ほど何も食べない本格的な断食もあり、もちろんこちらの方が効果が高いと言えますが、なかなか出来るものではありませんね。

ところでこの断食は、便秘の解消に良いことでも知られています。現代人は、欧米化による食生活の変化で、肉・脂肪の多い食事中心の、飽食状態です。お腹の中の食べ物が消化されないうちに、次々と食べている状態であることが多いのです。このように、消化の悪い食事を次々と送り込まれることで、胃腸が酷使され、大変な負担が掛かってしまいます。

ですから、腸を休ませて善玉菌の働きを活発にすることで、便秘の解消につながるのです。腸内環境を整えるわけですね。また、食生活以外にも、生活習慣の乱れやストレスなどによって、腸内には悪玉菌が増加すると、腸に便が溜まり、有害物質を発生させます。この有害物質は血液を通して全身を巡り、肌荒れや頭痛などの様々な悪影響を及ぼしてしまいます。

そこで、断食によって便秘を解消し、腸に溜まったカスや便を排出することで、この有害物質の毒素も抜けますし、血管内の老廃物や脂肪も排出されるのです。身体中を清掃するといったイメージでしょうか。

では具体的にこのプチ断食の方法ですが、最も手軽に出来るのが週末断食です。大体この断食は半日~3日ほどのものが多いのですが、働いている平日はなかなか実行しにくいため、食事の融通がつく週末にしようというわけです。断食といっても全く食べないというわけではなく、朝ご飯を食べずに、野菜やフルーツで作ったジュースや水だけを摂ります。

こうして週末だけ朝のジュースのみで過ごしたり、半日や一日だけジュースで過ごしたりするのが最もポピュラーな方法です。ただ、慢性の便秘の方であれば、朝食代わりのジュースを毎日続けるのも効果があります。本来、便秘の解消には朝食をしっかり摂って、朝の排便を心掛けることが大切ですが、これは腸の蠕動運動を活発にするためのものであり、ジュースや水でも効果は同じなのです。

あと、前途の通り、断食の目的は腸内の善玉菌を増やすことですが、それには食物繊維プラス乳酸菌の両方を摂ってこそ、腸内において効果があるものです。乳酸菌だけ摂っても、胃で吸収されて腸に届ない場合があるからです。ですから、野菜ジュースだけでなく、ヨーグルトや乳酸飲料なども取り入れて、自分なりに効率の良い断食法を見つけるのも良いですね。無理なく楽しみながらプチ断食で便秘を解消しましょう。

便秘解消にツボ押し 生活習慣の改善にプラスして相乗効果を!

便秘というのは生活習慣病のひとつともいえます。他の病気が原因である場合を除いて、そのほとんどが食生活の偏りや運動不足、ストレスなど、生活習慣によって引き起こされているのです。ですから、便秘を改善するには、まず生活習慣の改善が必要となります。規則正しい生活に、バランスの取れた食事、適度な運動、そしてストレスの軽減の4つが便秘解消、さらには生活習慣病全般の予防や改善につながります。

しかし、その効果を上げるために、ツボ押しの力を借りるというのもひとつの手ではないでしょうか。ツボというのは、東洋医学における、身体中にある経路という気血上の点で、経穴といいます。関節に沿って身体中に点在しているものなのです。場所によって様々な症状の改善を促すといわれるものですね。このツボを刺激する指圧や鍼・灸はかなり人気が高い治療法です。

このツボにももちろん便秘に効くツボというものがあります。その中でも有名なものに、天枢(てんすう)というツボがあります。これはおへそから指2本分外側にいった両側にあります。このツボは排便を促進することで、便秘の解消を促します。他には大巨(だいこ)というツボがあり、これは天枢からさらに指2本分下にいったところにあります。このツボは消化器官全般の改善の効果があります。そしてもうひとつ便秘のツボとして有名なのが、三里(さんり)です。足の膝のお皿の下から指4本分下にいったところにあります。このツボはお腹の病気全般に効果があります。

これら3つのツボの他にも、間使(かんし)というツボは、手首の横じわから指4本分離れた腕の内側にあり、腸の蠕動運動を活発にする効果があります。また、同じく蠕動運動を活発にするツボとして、手のひらの小指の下側から手首のしわまでいったところにある神門(しんもん)というツボもあります。また、背骨の下のへこみの両側にある腎兪(じんゆ)や、そのそばの大腸愈(だいちょうゆ)、小腸愈(しょうちょうゆ)なども便秘に効くとされています。

これらのツボの押し方は、基本親指などの指で行います。「痛いけど気持ちが良い」といった強さがベストで、あまり強く押すのは良くありません。そして、息を吐きながら4秒間で押し、次に吸いながら4秒間で力を抜きます。この動作を5~10回ほど繰り返すのが理想です。

そして大切なのは、お風呂上りや寝る前など、血行が良く、リラックスしている時に行うことです。身体が緊張状態の時にやっても効果はあまりありません。特に便秘は、ストレスも大きな要因です。身体も気持ちもリラックスしている時に行うことこそ、相乗効果が増し、ツボ押しによる効果も大きくなるのです。

もちろん、ツボ押しだけで便秘が治るということではありません。食物繊維や乳酸菌をたっぷり摂って、バランスの良い食生活をすることが何より大切なのは言うまでもないでしょう。まずは生活習慣の改善を。そして、加えてツボ押しをすることで、効果的に便秘解消をするのが良いでしょう。

水分をたっぷり摂って便秘予防!腸からキレイになりましょう

便秘になったら、まずは水分をたくさん摂るというのは常識ですね。逆に言えば、水分をたくさん摂ることで、便秘が予防出来るというわけです。人間が一日に必要な水分というのは、1.5リットルから2リットルといわれています。これは、活動するための代謝に必要な分と、体内の老廃物を溶かして排出するのに必要な分を考えた量です。

水分を摂ると、大腸において便が水分を含み、柔らかくなります。また、便のカサが増すために、腸を刺激し、便意を促します。ですから便秘にならないばかりか、便と一緒に老廃物を取り込んで排出し、腸をキレイにしてくれるのです。逆に水分が不足すると、腸において、摂った食物から水分を奪ってしまい、便が固くなります。これが便秘の状態であり、長時間腸に滞ってしまいます。

すると、腸に溜まった便から有毒物質が発生し、血液を通じて全身を巡ってしまうため、肌荒れ・頭痛・肩こりなどの様々な悪影響を起こしかねません。ですから、水分を十分に摂って便秘を予防することは、とても大切なことなのです。

しかし、ただむやみに摂れば良いというのではなく、摂り方にも工夫が必要です。水分は、大腸において食物繊維に吸収され、便を柔らかくしたり、便量を増やしたりします。ですから、食物繊維を一緒に摂ることで、水分の保持が出来、さらに効果を発揮するのです。

さらに、最も効果的なのは朝の目覚めの一杯です。夜眠っている間に、人間の体は大量の水分を失います。ですから、それを補うべく、朝に水分を摂るのはとても重要なのです。また、夜は腸も眠っています。朝、腸を目覚めさせるためにも水分を摂ることは大切なのです。そして朝の排便習慣を付ければ、便秘知らずの快適な生活を送れるでしょう。

もちろん朝だけでなく、水分の補給は必要です。意識的に摂れるよう、時間を決めて飲むようにしたり、いつも持ち歩いてこまめに飲むように工夫すると良いですね。また、夏や運動前後などは、さらに十分な水分が必要となります。便秘予防だけでなく、健康と美容のためにも、たっぷり水分を補給する習慣を身に付けましょう。

便秘予防は早寝早起き・野菜たっぷり!良く寝て良く食べるが一番です

便秘は生活習慣病であるといわれるほど、便秘の原因のほとんどが生活習慣によるものです。食べ物をエネルギーに変え、余分な物は排出するという身体のシステムは、人間にとって一番重要な働きです。そして、この身体の働きは食事・睡眠・運動といった生活習慣から成り立つものだからです。

便秘にならないための生活習慣の条件は、「規則正しい生活」、「栄養バランスの取れた食事」、「適度な運動」です。この3つが便秘だけに限らず、あらゆる生活習慣病の重要な予防法です。そして、毎日の排便リズムを作るのに最適な方法でもあるのです。

では、それぞれ具体的にピックアップしていくと、まず「規則正しい生活」の基本は早寝・早起きです。睡眠を十分に取り、朝にトイレに行ける時間を作りましょう。十分な睡眠は健康の基本です。寝ている間に腸も休まります。そして、朝にはきちんと朝食を摂り、腸の蠕動運動を目覚めさせ、トイレの時間を習慣付ければ、便秘にはなりません。時間に余裕を持てるよう、生活リズムを整えましょう。

次に、「バランスの取れた食事」です。これは健康に最も影響する最重要事項ですね。3大栄養素(炭水化物・タンパク質・脂質)をしっかり摂ることも大切ですが、現代の飽食の時代では、肉や脂質の摂り過ぎが目立ちます。肉や脂は出来るだけ控え、野菜中心の食事を心掛けましょう。

特に、食物繊維は重要です。便量を増やしてくれたり、便の硬さを柔らかくしてくれたり、腸の働きをスムーズに保ってくれるからです。また、腸内環境を整えてくれる乳酸菌なども意識的に摂るのも、便秘予防には効果的です。もちろん水分をたっぷり摂ることも忘れないようにしてください。

そしてもうひとつは「適度な運動」です。これは、排便に不可欠な腹筋などの筋力を鍛えるために大切なのです。また、血行を良くすることで、腸の働きを活発にしてくれます。2重の効果があるわけですね。さらには、肥満の解消になることからも、便秘を始め、その他の生活習慣病予防にもなるでしょう。

こうした生活習慣の改善の他に、もうひとつ大切なことは、ストレスを溜めないことです。ストレスによる便秘は、実はとても多いのです。他にも、便意を感じたらなるべく我慢しないことや、無理なダイエットはしないことなどが便秘の予防に欠かせない生活習慣です。心身ともに健康を保てるような生活習慣を心掛け、やっかいな便秘を予防しましょう。

ビフィズス菌の好物オリゴ糖をサプリで!善玉菌を増やして腸内活発に

頑固な便秘は困りものですね。肌荒れや頭痛・肩こりにまで発展すると、女性にはそれ自体がストレスになってしまいます。悪循環でさらに便秘がひどくならぬよう解消したいものですが、手っ取り早い便秘薬にたよってしまうと、腸への負担も大きく、そのうち薬も効かなくなってしまいます。出来れば自然な形で無理なく排便を促しましょう。

便秘解消のためには、乳酸菌やビフィズス菌を十分に摂り、腸内環境を整えるのが一番です。腸内の善玉菌を増やして、腸の働きを活発にするのです。とはいえ、便秘解消や予防に十分な乳酸菌を食べ物や飲み物から摂るのも大変ですね。そこで、サプリメントの力を借りて補ってみるのも良いでしょう。

もちろん乳酸菌やビフィズス菌を補うのはいうまでもありませんが、それと同時に効果的なのが、オリゴ糖です。オリゴ糖はビフィズス菌のエサになるので、ビフィズス菌を増やして優位にしてくれます。すると、善玉菌が増えることで腸内が活発化されて便秘も解消されるのです。ですから、乳酸菌やビフィズス菌とオリゴ糖の両方が配合されたサプリメントなら、より効果が期待出来るでしょう。

オリゴ糖には消化性と難消化性の2種類がありますが、消化性オリゴ糖は腸にたどりつく前に消化されてしまうため、便秘には効果がありません。ですから、難消化性オリゴ糖を摂るのが良いのです。また、ガラクトオリゴ糖・フラクトオリゴ糖・キシロオリゴ糖・大豆オリゴ糖など、オリゴ糖にも色々な種類がありますが、中でも難消化性のラフィノ-ズが効果的とされていて、便秘解消のサプリメントとして、数多く販売されています。

また、このようなサプリメントの力で効果的に便秘を解消・予防することで、老廃物が出て行き、身体の新陳代謝も高まります。すると、脂肪も燃焼されるため、便秘が要因となる女性の天敵、肌荒れから解消されるのに加え、ダイエット効果までも期待出来るでしょう。手軽に健康と美容のアップを図ってくれる強い味方になること間違いなしです。

便秘を解消するにはまず原因を探ることから始めよう!

便秘にも人によって種類も違えば、原因も様々です。例えば、長く腸に留まって出にくいという弛緩性の便秘であれば、原因は運動不足や水分不足、筋力低下などが挙げられます。また、残便感があり、下痢と交互に起こる痙攣性の便秘であれば、主に下原因はストレスです。そして、排便反射が起こらない直腸性の便秘の原因は、ほとんどが便意を我慢し続けた結果です。

このように、便秘の種類によって、原因も違うので、便秘を解消するには、まず自分の便秘の種類、そして何故便秘になっているのかを知る必要があるのです。何事も原因を知らなければ対処出来ませんよね。

しかし、こうした機能性の便秘ではなく、他の病気が原因となっている器質性の便秘である場合は、自分だけでは対処出来ません。イレウスや大腸癌、消化管障害など、便秘は他の病気の症状としても数多くみられます。急に便秘になったり、長く続くようであれば、病院を受診し、検査をしましょう。

もし器質性の便秘でなければ、便秘の解消・予防は自分次第です。種類によって違いはありますが、主な原因は共通している部分が多いので、ざっと挙げてみましょう。まずは食生活です。これは、栄養バランスの良いこと・規則正しく摂ることが第一で、加えて朝食を摂ること・食物繊維や乳酸菌を豊富に摂ることなどで解消出来ます。また食事によって腸内環境を整えることも大切です。腸内の悪玉菌が増え、善玉菌より優位に立ってしまいますと、便秘の原因となるのです。

そして次に運動不足です。これは、腹筋を始め筋力を付けることで、排便困難が解消されるからです。次に忘れてはならない精神的ストレスです。これも便秘の原因としては重要なものであり、生活環境の改善や気分転換、リラックスすることで解消しましょう。

そして意外に多いのが、便意の我慢です。朝時間がなかったり、恥ずかしさの為に外出先でトイレに行けない女性にはとても多い原因です。こうして便意を無視し続けることによって、便意を感じなくなってしまうからです。朝の排便を習慣づけるなど、時間に余裕を持って生活することも大切なのです。

もちろん水分不足はてきめんに便秘の原因となりますから、水分は十分に摂りましょう。そして、冷えも血行不良となるために便秘を引き起こします。特に冷え症の方は、身体を冷やさないように心掛けましょう。このように自分の便秘が何故起こっているかを判断し、生活習慣を改善する事で、不快な便秘を解消・予防して下さい。

<1 2 3