便秘解消・予防法

記事一覧

時間のゆとりは心のゆとり 朝の排便タイムを確保して便秘予防

生活習慣病である便秘にならないようにするためには、当たり前のことながら、生活習慣を最適に保つことです。それには、規則正しい生活が基本ですが、まず一番に影響があるのは食生活ですね。食べ物は胃腸で消化され、エネルギー源になります。そして、残ったカスが便という形で排出されることが排便です。つまりダイレクトに便秘に影響がある生活習慣は食生活なのです。ですから、食物繊維や乳酸菌をたっぷり摂って、栄養バランスの取れた食事をすることが何よりの予防法だといえます。

しかし、そういった食事を食べれば便秘にはならないかというとそうではありません。食べ方とタイミングも重要です。食べ物が体内に入ると、胃、結腸反射が起き、便意を促します。腸の蠕動運動が活発になるからです。そして、この胃・結腸反射が最も起きやすいのが、胃が空っぽの状態、つまり朝起きた時なのです。ですから、大切なのは朝食をしっかり食べる事なのです。

そして、食べた後に排便の習慣を付けましょう。便秘にならないためには、毎朝の排便習慣が一番なのです。しかし、それには時間のゆとりが必要です。朝は出勤の支度や家族の世話で、何かと忙しいことだと思いますが、出来るだけ早起きしてゆとりを持って過ごしてください。早寝早起きは規則正しい生活には欠かせないものであり、大切な生活習慣です。

また、時間にゆとりを持つことで、緊張状態からリラックス状態に、つまり副交感神経が交感神経を抑えて優位に立ちます。腸の蠕動運動は、副交感神経が優位に立っている時に活発になるので、このゆとりが便秘の予防に2重に効果を発揮するのです。もちろんこれは朝に限りません。ストレスも便秘の重大な要因となっていますから、少しでもリラックス状態を保てるよう、常に時間にゆとりを持って行動することは大切なことでしょう。

さらに、外出場所などでは、恥ずかしくてなかなかトイレに行けず、我慢することで、直腸性の便秘になりやすいものです。時間にゆとりを持って行動することで、朝の排便習慣を付けるだけでなく、便意を感じた時にすぐにトイレに行けるような環境を作ることも便秘予防には効果的でしょう。

便秘は放っておくと、腸内で溜まった便から有毒ガスが発生して、血液を通して身体中を巡ります。便秘によるお腹の張りや残便感などだけでなく、肌荒れや頭痛・肩こりといった全身への悪影響も免れません。こうした不快症状がさらにストレスとならぬよう、気持ちと時間にゆとりを持って、便秘予防を心掛けましょう。

センナ・大黄でスッキリ解消!効き目抜群の漢方ならコレです!

便秘薬として有名な漢方薬に、センナ・大黄があります。皆さんも名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。このセンナと大黄を併せた漢方便秘薬は一番メジャーなものだといえます。では、これらは一体どんなものなのでしょう。まずセンナというのは、マメ科のチンネべり・センナやアレキサンドリア・センナのことをいいます。ヨーロッパでは古くから使われていて、世界最古の医学文書にもその名が載っています。しかし、中国では近年になり、薬用とされました。元々西洋においては漢方薬ではなく民間薬として使用されていました。

果実や小葉の部分がこうした医薬品に使用され、茎の部分は健康食品として利用されています。茎の部分はあまり強い刺激が無いからです。つまり、漢方とされているとはいえ、センナは腸の環境を良くして蠕動運動を活発するのではなく、腸に刺激を与えて排便を促すものなのです。センナが腸に入ると、異物とみなされ、腸はこれを排出しようとします。そのために排便が促されるのです。腸にダメージを与えることになるため、長期の服用はあまり良くないとされています。

しかし、センナに含まれるセンノシドという成分は、腸の運動を活発にしてくれますし、また、茎の部分をお茶などで服用することにより、優しい効き目も期待出来ます。即効性のある便秘解消・予防法としては利用価値大の漢方でしょう。

次に大黄ですが、これはタデ科のダイオウやヤクヨウダイオウ、チョウセンダイオウなどのことをいいます。別名「将軍」と呼ばれ、センナとは逆に、中国において古くから使用されていました。秋に収穫し、根茎を天日で乾燥させたものです。火熱乾燥をするものもあり、これは生薬と呼ばれています。センナ同様、センノシドという成分が含まれていて、腸の運動を活発にしますが、これもまた大腸刺激成分を含むため、下剤効果が高いといえます。センナもそうですが、この大腸刺激のために痛みが生じるため、痛みを緩和する働きのある、甘草と併せた「大黄甘草湯」が、便秘薬として一番有名です。

その他、大黄の医薬品としては、軽い便秘に使われる「桂枝加芍薬大黄湯」や、重い便秘に使われる「大柴胡湯」、「乙字湯」などがあります。それぞれの便秘の症状によって自分に合ったものを選ぶことが大切です。
(⇒便秘に効く漢方の話

常用するなら、腸にダメージを与えないよう、大黄甘草湯だけにするなど工夫しながら、あまり依存しない程度にセンナ・大黄の力を利用し、快適に便秘解消・予防をしてみるのも良いでしょう。

朝の水・牛乳は便秘解消の強い味方!腸を刺激して快適な朝を

朝起きぬけに水を一杯飲むことは、美容と健康に良いということは、よく知られていますね。これは、寝ている間に大量に失う水分を補給する為に、身体が潤うからです。この朝の水は、実は便秘解消にも大変効果的なのを御存知でしょうか。慢性の便秘の方は必見です。

朝起きぬけに水を飲むと、腸に刺激が与えられ、胃・結腸反射が起こります。この胃・結腸反射は胃が空っぽの状態の時に最も起こりやすいため、朝起きた時が効果的なのです。胃に刺激があると、ガストリンというホルモンが分泌され、腸の蠕動運動が活発になり、便秘解消になるのです。つまりこの水が条件反射のように便意を促してくれるわけです。

また、朝起きぬけに水を飲むことで、寝ている間に水分を失って固くなった便を軟らかくしてくれます。そのため便も出やすくなるという、もうひとつの効果もあるのです。もし水を飲んでも便意が起きにくいようであれば、冷たい水にして刺激を強くしたり、下剤効果のある牛乳を飲むのも良いでしょう。さらに強い効果が期待出来ます。

この便秘解消方法は、特に腸の働きが低下している弛緩性便秘の人に効果がありますが、痙攣性便秘の人には刺激が強すぎるため、水よりは白湯やホットミルクがおすすめです。自分の便秘の状態によって、それぞれ身体に合ったもので実践してみてください。あまり固く考えず、水や牛乳が嫌いであったり、飲みにくかったりするのであれば、野菜やフルーツのジュースなどでも構いません。

そして、もちろん水を飲むだけではダメです。朝食もきちんと摂らなければ、効果はありません。理想的なのは、水を飲んでからしばらく経った後に食事を摂るのが良いのですが、あまりこだわらなくてもオッケーです。ですから、朝は余裕を持って起きることが大切ですね。ちゃんと排便の時間も考えて、ゆとりを持って朝を過ごしましょう。

つまり、この朝の水・牛乳での便秘解消法には、「規則正しい生活」と、「栄養バランスの取れた食事」が大前提なのです。睡眠と栄養をしっかり取ったうえで、効果のある方法だということを忘れないでください。あくまでも生活習慣病である便秘には、まずは生活習慣の改善から・・と、いうわけなのです。

便を押し出す腹筋を鍛えれば腸も活発に!筋力アップで便秘予防を

便秘になるのは、女性が圧倒的に多いのはいうまでもありません。それは、ホルモンの影響やストレス、ダイエットなど、原因となる要素が多いためでしょう。その中でも大きな要因となっているのが、運動不足や加齢などによる腹筋力の低下です。こうした筋力の衰えによって起こる便秘を弛緩性便秘といい、女性の中で最も多い便秘ともいえます。

便は腹圧によって押し出されます。ですから、腹筋は排便をするのにとても大切で、必要なものなのです。また、腹筋が緩んでいると、超の働きも低下しています。腹筋を鍛えることで、腹部の血行が促進され、腸の働きも高まるのです。つまり腹筋が弱いと、腸の筋肉も弱って、蠕動運動が低下してしまうのです。

ですから、普段から腹筋を鍛えることは、便秘予防にとても効果的です。特に、筋力の弱い女性や、年配の方などは、是非積極的に鍛えましょう。具体的に腹筋を鍛えると言うと、まず仰向けになって上半身を起こす腹筋運動が思い浮かぶことでしょうが、いきなりはなかなか出来ませんね。無理して腰を痛めてしまっては逆効果です。

そんな腹筋運動が無理な場合は、起きあがらなくとも、仰向けの状態で足を少し持ち上げるだけでも十分です。お腹がプルプルと震える程度まで頑張って耐えてみましょう。段々長い時間耐えられるようになるはずです。それが、腹筋が鍛えられた目安となります。もちろんある程度腹筋力のある人などは、上半身を起こして、無理の無い程度に回数を増やしていくのも良いですね。

また、腹筋は全身の筋力を鍛えることでも鍛えられます。しかも、便を押し出すのには、意外に全身の筋力も使うものです。そのため、便秘予防には全身運動も効果的でしょう。
特に、内臓を鍛え代謝を良くする有酸素運動なら、便秘のみならず、健康と美容にも良い効果があり一石二鳥です。気軽に出来るウォーキングなどを毎日の習慣にしてみてはいかがでしょうか。

こうした適度な運動は、便秘を始め、様々な生活習慣病の要因ともなっているストレスの軽減にも役立ちます。腹筋、また全身の筋力アップをすることで、便秘予防、さらにはあらゆる生活習慣病を予防し、心身ともにストレスフリーな毎日を送りましょう。

サプリメントは便秘解消の強い味方!でも薬は最後の手段です

皆さんも一度は便秘の経験がおありだと思います。ただ便が出ないというだけではなく、様々な不快感が伴うこともご承知ではないでしょうか。お腹の張りや残便感はもちろん、肌荒れ・頭痛・肩こりといった全身症状まで表れますね。これは、腸内に長い時間溜まった便から有毒物質が発生し、血液を通して全身を巡ってしまうことによります。また、自律神経との関わりも深いため、双方が要因となり、こうした様々な不快症状を生んでしまうのです。

便秘はいわゆる生活習慣病ですから、便秘を解消するには、生活習慣の改善が一番です。「規則正しい生活」、「栄養バランスの取れた食事」、「適度な運動」が最も便秘に対抗出来る対策です。しかし、毎日の忙しい生活において、これらをキチンと実践するのは大変です。わかってはいても、なかなか時間の余裕が無いのが現実でしょう。そこで、せめて栄養面だけでも補えればとお勧めしたいのがサプリメントです。

便秘の解消には、食物繊維や乳酸菌がとても役立ちます。どちらも腸内環境を整えるのに、とても重要な成分だからです。ですから、食物繊維の豊富な野菜や果物、海藻やキノコ類、また乳酸菌の豊富な飲料、キムチや漬物などでたっぷり摂るのが理想です。しかし、外食などが多くて、不足しがちな方も多いのではないでしょうか。そうした時に、サプリメントで気軽に補うことで、少しでも腸の働きを保持したいものですね。

ここで重要なのは、サプリメントと薬の違いです。薬というのはいわゆる便秘薬ですね。毎日TVコマーシャルで見ないことはないほど、便秘薬というのは各メーカーからたくさん出ています。選ぶのに迷ってしまう程ではないでしょうか。このようにあまりに簡単に受け入れられてしまっている便秘薬というのは、つまり下剤です。そして、サプリメントとは下剤ではなく、あくまでも腸内環境などを整える補助食品です。この二つの境目はなかなかわかりにくい場合もあるので注意しましょう。

生薬配合や、センナなどの成分は、サプリと漢方にもありますが、実は医薬品であったり、センナのように常用すると副作用がある成分は、やはり医師や薬剤師との相談が必要です。サプリメントとは違い、下剤である薬には、様々な弊害もあるものです。例えば、お腹が痛くなったり、常用することで効かなくなり、悪循環や悪化を招きます。こういったご経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ですから、まずは食生活などの生活習慣を改善し、それがどうしても出来ない時にサプリメントで補い、それでも解消されず、不快症状がストレスになるほどでしたら、そこで初めて便秘薬を服用するようにしてください。薬に頼るのは良くありません。サプリメントと薬の違いを理解して、出来ればより自然な形で便秘を解消することが大切なのです。

手軽に出来るマッサージで、リラックスも兼ねて便秘解消を!

生活習慣病のひとつである便秘を解消するには、まず第一に食生活の改善が効果的なのは言うまでもありません。食物繊維や乳酸菌たっぷりの、バランスの取れた食事が最大の解消法だといえます。しかし、そうはいっても忙しい毎日において、完璧な食事を実践するのは難しいものです。水分を多めに摂ったり、朝牛乳を飲んだりと、便秘に苦労されている方は非常に多いものです。

そこで、頑固な便秘を解消するのに、短時間で効果的な方法として、マッサージがあります。便意を促すには、腸の蠕動運動を活発にする必要があります。この蠕動運動を活発にするためにマッサージが役立つのです。マッサージする箇所は力が入らない状態で行うのが基本ですから、腹筋に力が入らないよう、ゆったりリラックスした状態で行ってください。また、手や腹部を温めて行うことで、さらに血行が良くなり、効果が増します。

では、具体的な便秘解消マッサージの方法はというと、まず椅子に座るかあおむけ寝の状態になります。親指以外の4本指で、おへその周りを時計回りにグルグルと円を描くように移動させます。ゆっくりと動かすことと、痛いほど押さないことが大切です。また、痛い箇所は避けましょう。これを30回転程するのが目安です。また、この時所々軽く押すのも効果があります。特に、お腹をへこませた時に、痛かったり、違和感のある場所などがあれば、そこを集中してマッサージするのも良いですね。

また、左の腰骨の内側にある結腸の部分をさらによくほぐしたり、おへその辺りから下に向かって撫で下ろす感じで移動させるマッサージなども効果的です。時間に余裕がある時などは、併せて行ってみてください。より効果が上がるでしょう。実はこの辺りには、「天枢(てんすう)」や「大巨(だいこ)」といった、便秘に効くツボがたくさん集中しています。腸をマッサージするのと同時に、効果的なツボを刺激するというダブルの効果があるわけです。

「規則正しい生活」、「バランスの取れた食生活」、「適度な運動」を柱に、プラス毎日の習慣として、こうしたマッサージをすることで、便秘知らずの朝を迎えましょう。腸の働きが活発になる朝や、リラックスできる夜など、自分の生活に合わせて無理なく続けてみましょう。気付いた時に、のの字を描くよう、さするだけでも効果はあります。気軽に出来るので、習慣にしてみてください。併せておすすめです。

早寝早起きしっかり朝食が最大の予防法!便秘知らずの生活の秘訣です

便秘というのは、放っておくと腸内に長く留まった便から有毒物質が発生し、腸内から血液を通じて全身に広がります。その結果、肌荒れや頭痛、肩こりなど、様々な全身への悪影響が現れるばかりか、ひどいと大腸がんなどの重大な病気をも引き起こしかねません。普段から便秘がちな方はもちろん、そうでない方も、生活習慣の改善によって便秘予防を心掛けたいですね。

便秘予防法として最も効果的なのが生活習慣の改善ですが、中でも大事なのが食事です。食べなくては便はもちろん出ませんし、かといって、ただ食べれば良いというわけでもありません。便秘を予防するには、食べ方も大切なのです。それには、栄養バランスの取れた食事を、3食規則正しく食べるということが良いのです。そして、その3食の中でも、最も便秘予防に効果のあるのが朝食でしょう。

食べ物が身体の中に入ると、胃と腸が刺激を受けて、便意を促します。これを胃・結腸反射といいますが、この胃・結腸反射は、胃が空っぽの時こそ起こりやすいのです。そして一番胃が空っぽな状態であるのが朝なのです。さらに、眠っている間には内臓も休んでいるので、朝目覚めて胃腸を働かせることで、効果的に便意を促すことが出来るのです。ですから、腸を刺激し、蠕動運動を活発にするには、朝食を摂るのが一番だというわけです。

もちろん、朝食を摂ってから、排便の時間を作ることが必要であり、そのためには朝の時間に余裕を持つことが大切になります。さらにいえば、眠っている間に胃腸を休ませ、朝に胃を空っぽの状態にするには、早めの夕食・就寝が必要です。つまり、早寝早起きと十分な睡眠が大事なのです。規則正しい食事は、規則正しい生活の上に成り立つものといえるでしょう。

また、朝食をキチンと摂ることは、自律神経の働きも活発にし、体温を上げる効果もあります。どちらも便秘予防に役立つ効果であり、そういった面からも期待出来そうです。そして何より、朝食は一日の活動のエネルギー源となります。健康な身体を保つためにも重要なのはいうまでもありませんね。生活習慣病である便秘を予防するには、やはり生活習慣の改善が一番です。早寝・早起きして、しっかり朝食を摂ることで、毎日の排便リズムを作りましょう。

食物繊維のいいとこどり!イサゴールが便秘に効果的なワケ

便秘解消・予防に人気のサプリメントですが、今その中でも高い人気を誇っているのが、イサゴールです。主成分はサイリウムハスクというオオバコ科の種皮で、食物繊維が豊富に含まれた健康食品です。特定保健用食品、いわゆるトクホにも指定されているため、その安全性からも人気が高まっています。

食物繊維には、水溶性と不溶性があり、水溶性食物繊維には、水分を抱え込んで膨らみ、便量を増やすという働きがありますし、不溶性食物繊維には、グル状になり、便の水分を調整し、柔らかくするという働きがあります。また、腸内のコレステロールや腸内細菌など、有害物質を取り込んで排出してくれます。腸をキレイにしてくれるのです。どちらも便秘解消・予防には欠かせないというわけですね。

そしてイサゴールには、この水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がバランス良く入っていて、両方の働きの良い所を含んでいます。ですから、食べ物で摂るよりもはるかに十分な量の食物繊維を手軽に摂れるのです。さらに、善玉菌であるビフィズス菌のエサになってくれることからも、腸内環境を整えてくれる働きがあり、その効果はかなり高いと言えます。

また、このイサゴールは、食事前に飲むとお腹が膨れますし、体内のコレステロールを取り込んで排出してくれることから、ダイエット効果も高く、便秘解消・予防に加え、ダイエットの為のサプリメントとしても人気があります。形状は粉末で、水に溶かし、ゼリー状のドリンク状態で飲みます。青リンゴ味とジンジャー味の2種類があり、どちらも飲みやすい味であるのも人気の秘密でしょう。

現代の欧米化された食生活では、野菜や海藻類など、食物繊維がどうしても不足しがちです。手軽に豊富な食物繊維を摂れる、こうしたサプリメントは、現代人の必需品とも言えるかもしれません。もちろんサプリメントだけに頼らず、栄養バランスの取れた食事を心掛けながら、不足分を補う上で、上手に利用してみてはいかがでしょうか。心身ともに様々な悪影響のある便秘を解消・予防して、健康的な毎日を過ごしましょう。

便秘にならない食生活の秘訣はバランス良く!そして規則正しく!

食事というのは、人間が生きていくために欠かせないものです。食べ物を体内に取り入れて、活動や成長のエネルギーにしているからですね。そのために必要な栄養分は消化器官で消化吸収され、全身に行き渡ります。そして残ったカスが、腸から便となって排出されます。つまり便秘というのは、この便の量が少なかったり、出にくくて溜まってしまうことなのです。

ですから、便秘を予防するには、まず正しい食生活を心掛けることだといえるでしょう。正しい食生活とは、「規則正しい食事」、「栄養バランスの取れた食事」を摂ることです。規則正しい食事というのは、3食適量を食べるということです。特に朝食を抜くことは、朝の胃・結腸反射効果を無駄にし、排便のタイミングを逃すことになりかねません。しっかり摂って、排便習慣を身に付けましょう。そして、食べ過ぎが健康に良くないのはもちろんですが、無理なダイエットなどで食事の量が極端に少ないのも便秘の要因となってしまいます。適量を摂ることも必要なので、気を付けてください。

次に栄養バランスの取れた食事ですが、これは野菜中心の食事を心掛ければ大丈夫でしょう。現代の食生活は、肉や脂が中心の飽食の時代です。脂質やたんぱく質は十分なほど摂っているもの。気を付けなくてはならないのが、食物繊維の不足です。野菜・海草・イモ類・豆類などを意識的にたっぷり摂りましょう。それには昔ながらの和食が最適です。玄米や麦を主食にしたり、野菜の煮物、納豆、味噌汁などを基本として、食物繊維を豊富に取り入れてください。食物繊維は便のカサを増やしたり、便を柔らかくしてくれるため、便秘予防には強い味方なのです。

また、乳酸菌やビフィズス菌も腸内環境を整えてくれるため、便秘予防には欠かせません。飲料で摂ることはもちろん、キムチや漬物などからも取り入れられます。しかし、栄養というのはあらゆる食物に含まれています。良いとされる食べ物だけ食べても、決して良い効果は得られません。あくまでも様々な食材をバランスよく摂ることが大切なのです。

また、食生活の一部である水分も、便秘予防には重要です。腸をキレイにし、便を柔らかくしてくれる水分は、意識的にたっぷり摂ると良いでしょう。正しい食生活を身に付けて、便秘知らずの身体をつくってみてはいかがでしょうか。

頑固な便秘には最後の手段の便秘薬?まずはその種類を知りましょう

食生活の改善や、サプリメントの利用でもなかなか治らない便秘には、やはり便秘薬で解消するのが良いでしょう。我慢してそれがストレスになってしまっては、さらに便秘がひどくなる悪循環を引き起こしてしまいます。そうなる前に薬の力を借りるのも一案です。それでは、まず便秘薬の種類についてご説明しましょう。便秘薬は塩類下剤・膨張性下剤・浸潤性下剤・糖類下剤・刺激性下剤の5種類に分けられます。

まず最初に「塩類下剤」です。これは腸内に高浸透圧性物質を入れることで便の水分量を保ち、蠕動運動を活発にします。成分としては水酸化マグネシウムや硫酸マグネシウムがあり、即効性がポイントの便秘薬です。次に「膨張性下剤」です。これは水分を吸収することで便を柔らかくし、便のカサを増やします。それによって腸を刺激し、排便を促します。成分としてはバルコーゼなどがあります。

次に「浸潤性下剤」です。これは、海面活性剤であり、便の表面張力を低下させることで、便を通過しやすい状態にします。成分としてはバルコゾルなどがあります。次に「糖類下剤」です。これは便を酸性化し、浸透圧を上昇させることで蠕動運動を活発にして排便を促します。成分としてはモニラックがあります。そして最後に「刺激性下剤」です。これは、腸壁を直接刺激することで、排便を促します。成分にはアロエ・センナ・大黄があります。

また、これらの他に、自律神経に作用し、腸の蠕動運動をコントロールする働きの、「自律神経作用薬」といったものもあります。自分の便秘の種類や体調に合わせて、副作用が少なくて済む便秘薬を選びましょう。しかし、便秘の解消・予防には、薬に頼らず、食生活などの生活習慣の改善が一番です。あくまでも最後の手段ということを頭に入れておきましょう。

<1 2 3 >