水分摂取で便秘を解消

水分をたっぷり摂って便秘予防!腸からキレイになりましょう

便秘になったら、まずは水分をたくさん摂るというのは常識ですね。逆に言えば、水分をたくさん摂ることで、便秘が予防出来るというわけです。人間が一日に必要な水分というのは、1.5リットルから2リットルといわれています。これは、活動するための代謝に必要な分と、体内の老廃物を溶かして排出するのに必要な分を考えた量です。

水分を摂ると、大腸において便が水分を含み、柔らかくなります。また、便のカサが増すために、腸を刺激し、便意を促します。ですから便秘にならないばかりか、便と一緒に老廃物を取り込んで排出し、腸をキレイにしてくれるのです。逆に水分が不足すると、腸において、摂った食物から水分を奪ってしまい、便が固くなります。これが便秘の状態であり、長時間腸に滞ってしまいます。

すると、腸に溜まった便から有毒物質が発生し、血液を通じて全身を巡ってしまうため、肌荒れ・頭痛・肩こりなどの様々な悪影響を起こしかねません。ですから、水分を十分に摂って便秘を予防することは、とても大切なことなのです。

しかし、ただむやみに摂れば良いというのではなく、摂り方にも工夫が必要です。水分は、大腸において食物繊維に吸収され、便を柔らかくしたり、便量を増やしたりします。ですから、食物繊維を一緒に摂ることで、水分の保持が出来、さらに効果を発揮するのです。

さらに、最も効果的なのは朝の目覚めの一杯です。夜眠っている間に、人間の体は大量の水分を失います。ですから、それを補うべく、朝に水分を摂るのはとても重要なのです。また、夜は腸も眠っています。朝、腸を目覚めさせるためにも水分を摂ることは大切なのです。そして朝の排便習慣を付ければ、便秘知らずの快適な生活を送れるでしょう。

もちろん朝だけでなく、水分の補給は必要です。意識的に摂れるよう、時間を決めて飲むようにしたり、いつも持ち歩いてこまめに飲むように工夫すると良いですね。また、夏や運動前後などは、さらに十分な水分が必要となります。便秘予防だけでなく、健康と美容のためにも、たっぷり水分を補給する習慣を身に付けましょう。