ミヤbmの便秘解消効果

便秘薬の不安要素もミヤbmなら最小限に!酪酸菌の力で自然な効き目を

食事などでは解消されない頑固な便秘には、便秘薬を使用するしかありません。長く続く便秘は、薬による副作用よりも、さらに身体に悪影響を及ぼしてしまうからです。そこで、乳酸菌が主成分のビオフェルミンをおすすめしましたが、もうひとつ、酪酸菌を主成分とするミヤbmという薬もおすすめいたします。

このミヤbmは、酪酸菌の芽胞を調剤したもので、胃酸で死滅せずに腸で発芽するため、効果が高いのが特徴です。本来は、抗生物質などによる下痢防止などによく使用される薬です。抗生物質などを服用すると、腸内細菌をも死滅させてしまうので、腸内環境が悪化し、腐敗などを引き起こします。そこでそういった悪環境や腐敗を抑えるために、このミヤbmが一緒に処方されるのです。

つまり、それだけ腸内環境を整えてくれる薬だといえます。具体的には、善玉菌を補い、悪玉菌を抑えることで、腸の働きを活発にしてくれるのです。正式にはミヤサリンという名前のこの「ミヤ」は、宮入菌が主成分であるところからネーミングされています。

ビオフェルミン同様、下剤というよりは、整腸剤であり、便秘だけでなく、下痢の場合にも使用されます。強力な効き目というよりは、優しい効き目であり、あくまでも腸内環境を整えることを目的としています。ですから身体に負担を掛けずに便秘を解消してくれる強い味方なのです。長く続く便秘なら、我慢するよりこういった薬を飲んで解消した方が、何倍も身体に良いといえるでしょう。

ただし、やはり薬には副作用があり、このミヤbmも例外ではありません。ひどくなったら飲めば良いという姿勢ではなく、まずは食生活の改善などで便秘を解消・予防し、それでも解消されない時だけ、使用するようにしましょう。それは他の便秘薬全部に言えることであり、とても大切なことです。

あくまでも、便秘の解消・予防法は、腸内環境を整える食物繊維や乳酸菌を食べ物から摂ることから始まります。欧米化された食事ではなく、和食を心掛け、肉中心から野菜中心の食事に改善し、適度な運動もプラスしながら、最後の手段としてミヤbmなどの薬を使用するのが正解なのです。