牛乳で便秘解消しよう

朝の水・牛乳は便秘解消の強い味方!腸を刺激して快適な朝を

朝起きぬけに水を一杯飲むことは、美容と健康に良いということは、よく知られていますね。これは、寝ている間に大量に失う水分を補給する為に、身体が潤うからです。この朝の水は、実は便秘解消にも大変効果的なのを御存知でしょうか。慢性の便秘の方は必見です。

朝起きぬけに水を飲むと、腸に刺激が与えられ、胃・結腸反射が起こります。この胃・結腸反射は胃が空っぽの状態の時に最も起こりやすいため、朝起きた時が効果的なのです。胃に刺激があると、ガストリンというホルモンが分泌され、腸の蠕動運動が活発になり、便秘解消になるのです。つまりこの水が条件反射のように便意を促してくれるわけです。

また、朝起きぬけに水を飲むことで、寝ている間に水分を失って固くなった便を軟らかくしてくれます。そのため便も出やすくなるという、もうひとつの効果もあるのです。もし水を飲んでも便意が起きにくいようであれば、冷たい水にして刺激を強くしたり、下剤効果のある牛乳を飲むのも良いでしょう。さらに強い効果が期待出来ます。

この便秘解消方法は、特に腸の働きが低下している弛緩性便秘の人に効果がありますが、痙攣性便秘の人には刺激が強すぎるため、水よりは白湯やホットミルクがおすすめです。自分の便秘の状態によって、それぞれ身体に合ったもので実践してみてください。あまり固く考えず、水や牛乳が嫌いであったり、飲みにくかったりするのであれば、野菜やフルーツのジュースなどでも構いません。

そして、もちろん水を飲むだけではダメです。朝食もきちんと摂らなければ、効果はありません。理想的なのは、水を飲んでからしばらく経った後に食事を摂るのが良いのですが、あまりこだわらなくてもオッケーです。ですから、朝は余裕を持って起きることが大切ですね。ちゃんと排便の時間も考えて、ゆとりを持って朝を過ごしましょう。

つまり、この朝の水・牛乳での便秘解消法には、「規則正しい生活」と、「栄養バランスの取れた食事」が大前提なのです。睡眠と栄養をしっかり取ったうえで、効果のある方法だということを忘れないでください。あくまでも生活習慣病である便秘には、まずは生活習慣の改善から・・と、いうわけなのです。