便秘に効果がある食事

便秘に効く食事メニューは何?簡単メニューで便秘解消のコツ

便秘の一番の原因として、欧米化による、肉や脂肪分中心の食生活があります。本来日本人は、野菜中心の理想的な食生活を送っていましたし、実際日本人の体質には、そうした食事が合っているのです。便秘に限らず、現代の生活習慣病のほとんどが、こうした脂肪分の多い食事によるものとされています。

では、便秘解消に効果的な食事メニューとはどんなものかというと、まずは食物繊維が豊富なメニューです。食物繊維を豊富に含む食材としては、海藻類・豆類・イモ類・穀類・キノコ類・野菜などがあります。その他には、ヨーグルトやオリゴ糖、また、不溶性食物繊維が豊富なオリーブオイルなどが挙げられます。つまり、こうした食材を組み合わせ、いかにたくさん摂れるかがポイントなのです。

例えば「主食のご飯を玄米や胚芽米にする」、「ハンバーグをおからハンバーグにする」、「野菜はたっぷり放り込んで汁ものにする」、「ひじきやキノコ、豆、イモはご飯と炊きこむ」など、いかに美味しく無理なく取り入れるかを楽しみながらメニューを考えてみましょう。野菜は煮たり炒めたりと、火を通した方がたくさん摂れますし、調理に使う油はオリーブオイルを代用するのも良いでしょう。また、おやつにはフルーツやヨーグルト、砂糖はオリゴ糖を代用するなどの工夫もおすすめです。

しかし、食物繊維だけを摂れば良いというわけではありません。同時に、整腸作用のある食材もプラスしてみましょう。整腸作用のある食材としては、有名なリンゴやにんにくの他、納豆やおくらなどのネバネバしたもの、また、キムチや漬物などの発行食品です。どれも料理の中に簡単に取り入れられ、活躍の頻度が高いものばかりですね。納豆・おくら・キムチなどは、全部一緒に混ぜて、ごはんにかけるだけで美味しく食べられるでしょう。気軽に簡単に、こうしたメニューを楽しんでください。

食材からもお分かりのように、理想的な便秘解消メニューは、やはり和食が中心といえるでしょう。主菜、副菜、ごはんをバランス良く食べることで、これらの食材の栄養もさらに活かされます。是非昔ながらの日本の食卓を参考にして、野菜中心の、食物繊維が豊富な食事を摂るよう心掛けましょう。便秘の解消だけでなく、生活習慣病全般に効果が期待されるでしょう。