マッサージで便秘解消

手軽に出来るマッサージで、リラックスも兼ねて便秘解消を!

生活習慣病のひとつである便秘を解消するには、まず第一に食生活の改善が効果的なのは言うまでもありません。食物繊維や乳酸菌たっぷりの、バランスの取れた食事が最大の解消法だといえます。しかし、そうはいっても忙しい毎日において、完璧な食事を実践するのは難しいものです。水分を多めに摂ったり、朝牛乳を飲んだりと、便秘に苦労されている方は非常に多いものです。

そこで、頑固な便秘を解消するのに、短時間で効果的な方法として、マッサージがあります。便意を促すには、腸の蠕動運動を活発にする必要があります。この蠕動運動を活発にするためにマッサージが役立つのです。マッサージする箇所は力が入らない状態で行うのが基本ですから、腹筋に力が入らないよう、ゆったりリラックスした状態で行ってください。また、手や腹部を温めて行うことで、さらに血行が良くなり、効果が増します。

では、具体的な便秘解消マッサージの方法はというと、まず椅子に座るかあおむけ寝の状態になります。親指以外の4本指で、おへその周りを時計回りにグルグルと円を描くように移動させます。ゆっくりと動かすことと、痛いほど押さないことが大切です。また、痛い箇所は避けましょう。これを30回転程するのが目安です。また、この時所々軽く押すのも効果があります。特に、お腹をへこませた時に、痛かったり、違和感のある場所などがあれば、そこを集中してマッサージするのも良いですね。

また、左の腰骨の内側にある結腸の部分をさらによくほぐしたり、おへその辺りから下に向かって撫で下ろす感じで移動させるマッサージなども効果的です。時間に余裕がある時などは、併せて行ってみてください。より効果が上がるでしょう。実はこの辺りには、「天枢(てんすう)」や「大巨(だいこ)」といった、便秘に効くツボがたくさん集中しています。腸をマッサージするのと同時に、効果的なツボを刺激するというダブルの効果があるわけです。

「規則正しい生活」、「バランスの取れた食生活」、「適度な運動」を柱に、プラス毎日の習慣として、こうしたマッサージをすることで、便秘知らずの朝を迎えましょう。腸の働きが活発になる朝や、リラックスできる夜など、自分の生活に合わせて無理なく続けてみましょう。気付いた時に、のの字を描くよう、さするだけでも効果はあります。気軽に出来るので、習慣にしてみてください。併せておすすめです。