乳酸菌で便秘解消

サプリメントなら乳酸菌!善玉菌を取り入れて悪玉菌をやっつけよう

便秘というのは、片寄った食事・筋力低下・ストレスなど、様々な原因によって、排便が滞った状態をいいます。単にお腹が張る、残便感があるといった不快感のみならず、腸内の滞った便から発生した有毒ガスが血液によって全身に運ばれ、頭痛・肩こり・肌あれといった症状まで引き起こします。便秘に悩む女性は多いことは、毎日のように便秘薬のテレビCMが流れていることでもお分かりでしょう。しかし、腸に刺激を与えるなどして強制的に便を出す便秘薬は、それだけ身体に負担も掛かります。出来れば自然な形で排便を促したいですね。

そこで、人気の高いのがサプリメントです。便秘薬とは違って、腸内環境を正常化することによって、自然な排便を促します。そして、そうしたサプリメントの中でも一番人気なのが、乳酸菌です。乳酸菌というのは、腸内の善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やして悪玉菌を減らしてくれます。腸内細菌のバランスを整えることで、便秘を解消・予防してくれるのです。

本来であれば、ヨーグルトや乳酸菌飲料、また、みそや漬物といった発酵食品から摂れる乳酸菌ですが、現代の欧米化による食生活では、十分に摂るのはなかなか難しいのです。そこで、それを補うためにサプリメントを利用するのも一つの方法です。手軽に乳酸菌を補給できるので、便秘解消・予防に効果的です。

乳酸菌にも動物性と植物性の2種類がありますが、ヨーグルトやチーズなどに含まれる動物性乳酸菌は、栄養や温度環境に敏感で、死滅しやすいため、身体に入っても、ほとんどが胃酸で無くなってしまいます。ところがみそや漬物に含まれる植物性乳酸菌は、環境によって死滅しにくいため、生きたまま腸に届きます。ですから、サプリメントで補うのは、ラブレ菌などに代表される植物性乳酸菌が良いのです。

生きたまま腸に届く乳酸菌やビフィズス菌が配合されたサプリメントが多いのは、このためです。また、オリゴ糖など、便秘解消に効果的な数種類の乳酸菌を配合したものも多いので、自分に効果的に働くサプリメントを選び、無理なく自然に便秘を解消・予防してみてはいかがでしょう。