漢方を使って便秘を治す

便秘は漢方の力で体質から治そう!最大ブランドツムラなら安心です

便秘は食生活などの生活改善によって解消・予防するのが一番ですが、そうはいっても、なかなかうまくいかないことが多いものです。それゆえ、サプリメントや便秘薬の需要も多いのでしょう。しかし、サプリメントではなかなか上手く解消されなかったり、かといって便秘薬では強すぎて負担になったりと、便秘の解消・予防には頭を悩ましている方も少なくありません。そこで効果を発揮するのが漢方薬です。

漢方というのは、中国から伝来し、日本でも独自の発展を遂げた、長い歴史を持つ伝統医学です。病気を身体全体の不調和ととらえ、正しく整えるという概念の元、人間が本来持つ自然治癒力を高めることを目的としています。ですから、漢方薬の原料も、身体に優しい天然の草根木皮を使用し、体質と病状にあったものを処方します。便秘薬などの薬とは違い、症状を抑えることだけが目的ではなく、体質を改善して、病気そのものの治癒を目的とするのです。

この漢方薬のメーカーとして、日本で圧倒的なシェアを持つのがツムラであり、ほとんどの漢方医によって処方されています。市販薬もかなりありますから、皆さんも名前を聞くことが多いのではないでしょうか。その種類も大変多く、どんな病状にも対応している最大漢方メーカーといっても良いでしょう。そんなツムラの便秘薬の中では、市販されている「漢方便秘薬」が一番の人気です。通販などでも手に入るため、手軽に始められるのも魅力ですね。

このツムラ「漢方便秘薬」の成分は、慢性の便秘、もしくは中度の便秘に効果的な「大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)」です。もちろん漢方というのは数多く種類があるので、便秘に効果のある漢方薬は、この大黄甘草湯の他にもたくさんあります。よく使用されるものには、残便感・腹部膨満感などの症状のある軽度の便秘の場合には、「桂枝加芍薬大黄湯(けいしかしゃくやくだいおうとう)」があります。また、便が硬くなってなかなか出ないなどの重度の便秘の場合には、「大柴胡湯(だいさいことう)」、「乙字湯(おつじとう)」などがあります。

どれも漢方薬の概念通り、体質に合ったものを選ぶのが一番であり、出来れば専門の漢方医に処方してもらうのが安心でしょう。軽いとはいえ、漢方薬にも副作用が出る場合があります。症状だけを見て、体質に合わないものを選ばないよう気を付けねばなりません。自分に合った漢方を利用し、便秘を体質から改善していくのはいかがでしょうか。