ダイエット中の便秘について

ダイエット中でも便秘は予防できる!?食べても太りにくい食べ物とは

ダイエットをする女性はとても多いですね。女性にとって細い身体は、永遠のテーマともいえるでしょう。しかし、ダイエットによって便秘になったという話もよく聞かれるのではありませんか。実際に便秘がちでダイエットも美味くいかないという経験をお持ちの方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

では、どうしてダイエットをすると便秘になるのでしょう。それはズバリ、便が作られないからです。便というのは、食べ物から栄養を取った残りカスです。ダイエットで食べる量が少なければ、便量も減るのが当たり前ですね。そして、便量が減ると、腸の働きが低下し、蠕動運動によって排出されることなく、腸内に長時間溜まってしまうのです。これが便秘の状態です。

また、人は食べ物が体内に入ることで、胃・結腸反射が起き、便意を感じるのですが、それも起きにくくなるため、慢性の便秘に陥ってしまいます。こうした腸の働きの低下は、脂肪の代謝の低下も招きます。余分な脂肪を燃やせず溜めこみやすくなってしまうのです。その結果、ダイエットしづらい身体になってしまい、残念ながらうまくいかないわけです。

こうした便秘を予防するには、食べれば良いのです。食べて便量を増やすことで解決します。しかし、それではダイエットになりませんね。ですから、食べても太らない食べ物を選べば良いのです。その代表が食物繊維でしょう。食物繊維は、胃で消化されず腸に届くため、そのままの状態で便量を増やしてくれます。また、水分を取り込んで便を軟らかくしてくれるため、排出されやすいのです。

また、同時に水分もたっぷり摂って、食物繊維の働きをさらに効果的にしましょう。便を軟らかく、腸の働きを活発にするためには、水分が一番です。カロリーを取らず、便量を増やすには、食物繊維と水分をたっぷり摂って、ダイエットを成功させながら、便秘予防も出来れば良いですね。

そして、便を排出するのに大切な腹筋を鍛える面でも、もちろん脂肪を燃焼させる面でも、適度な運動をすることをおすすめします。特にウォーキングなどの有酸素運動は、腸の働きを活発にし、さらに脂肪を燃焼させてくれるので、ダイエットと便秘予防には一石二鳥なのです。食物繊維たっぷりの適量な食事と、毎日の適度な運動で、便秘を防止しながら、ダイエットを成功させましょう。