善玉菌で便秘解消

善玉菌を増やして健康と美容を!腸内環境の改善は全身の改善です

人間の腸には、数百種類・約100兆ほどの腸内細菌が存在しています。腸内細菌には、食べ物をエネルギーに変える働きと、有毒・有害物質を体内に排出する働きがあり、どちらも人間には欠かせないものなのです。腸内細菌の中には善玉菌と悪玉菌があり、両者のバランスによって、腸内環境が保たれています。この腸内環境が悪くなると、便秘はもちろん、全身にも悪影響が起こります。では、どんな状態が悪いのかというと、悪玉菌が増殖してしまっている状態です。

腸内の悪玉菌が増えてしまうと、腸の働きの低下によって便が長時間溜まってしまいます。すると有毒物質が発生し、血液を通して全身を巡ってしまうのです。そのため肌荒れや頭痛などの全身への悪影響が起こってしまい、健康と美容が損なわれる結果になりかねません。ですから、是非とも悪玉菌を減らし、善玉菌を増やすことを心掛けましょう。

悪玉菌には大腸菌やウェルシュ菌など、善玉菌には乳酸菌やビフィズス菌があります。よく耳にされることがあると思いますが、この乳酸菌やビフィズス菌を摂ることで、善玉菌を増やして、優勢にし、腸内を弱酸性に保つことが出来ます。結果、悪玉菌の増殖を抑えてくれるのです。しかし、こういった乳酸菌やビフィズス菌を摂っただけでは腸に辿り着く前に、かなり効果が薄れてしまうため、同時にオリゴ糖などを摂ることで、その効果がグンと上がるとされています。

また、腸内環境改善に大切なのは、何と言っても食物繊維です。この食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がありますが、どちらも大事な働きをしてくれます。水溶性食物繊維は、水分と共にグル状になり、便を柔らかくしてくれますし、不溶性食物繊維は、腸内細菌と水分を含んで膨張し、便の量を増やしてくれるのです。特に、水溶性食物繊維は善玉菌のエサともなる重要なものです。野菜や果物、海藻類やキノコ類をたっぷり摂って、食物繊維によって腸内環境を改善しましょう。

善玉菌が優位に立ち、腸内環境が改善されると便秘は解消し、腸内に長く溜まらず排出される便は、黄色でバナナ状の健康的なものになります。有毒物質も発生しないので、全身へ悪影響が出ることもありません。すると、便秘の要因ともなるストレスも軽減され、悪循環もなくなるでしょう。このように、食生活の改善、生活習慣の改善によって、腸内環境を改善することは、便秘に留まらず、心身ともに健康を保つ事に繋がるのです。