自分にあった便秘薬の選び方

それぞれの特徴を知り、自分にあった便秘薬を選ぼう!

出来れば服用せずに解消したい便秘薬ですが、長期間改善されないのであれば、身体の為にも薬を飲んで治しましょう。ビオフェルミンやミヤbmが身体に優しい便秘薬であることはご説明いたしましたが、その他にも市販の便秘薬にはとてもたくさんの製品があります。テレビのCMでも毎日のように見かけることだと思います。

まず、便秘薬にも種類がありますが、膨張性下剤としては、サトラックスやウィズワンがあります。ウィズワンは、プランタゴ、オバタの種皮とセンノシドの生薬が配合され、食物繊維が水分を吸って腸で膨らみ、排便を促します。

また、刺激性下剤としては、ビューラックがあり、腸に直接刺激を与えるビサコジルを主成分としています。同様にビサコジルを主成分とするものに、スル―ラックやコーラックがあります。スル―ラックは他にセンナや大黄の成分であるセンノサイドカルシウムを含み、副交感神経に作用する働きもあります。どれも蠕動運動を活発にし、便を柔らかくしたり、腸内環境を整える効果も併せ持っています。

浸潤性下剤を含むものにはサトラックスやコーラックがありますが、浸潤性下剤自体は効き目が弱いため、他のものと併せて使用されているのです。そして塩類下剤にはミルマグがあり、便を柔らかく、自然に排便へと促します。

また、こうした下剤とは違い、漢方薬を主成分とした便秘薬もあります。有名なものとして、新コッコアポA錠は防風通聖散を主成分とし、長期間服用によって効果を発揮します。そして大正漢方便秘薬やタケダ漢方便秘薬は、大黄甘草湯を主成分とし、大黄で腸を刺激し、甘草で腹痛を抑えます。

このように、便秘薬にも色々種類があるので、医師や薬剤師と相談し、自分の便秘に合った薬を選ぶことが大切です。そして忘れてはならないのは、便秘薬はあくまでも一時的に排便を促すものであり、決して便秘を解消・予防するものではないということです。まずは食生活の改善・適度な運動・ストレス解消によって、便秘を根本から解消・予防することを心掛けましょう。