早寝早起きと便秘の解消

早寝早起きしっかり朝食が最大の予防法!便秘知らずの生活の秘訣です

便秘というのは、放っておくと腸内に長く留まった便から有毒物質が発生し、腸内から血液を通じて全身に広がります。その結果、肌荒れや頭痛、肩こりなど、様々な全身への悪影響が現れるばかりか、ひどいと大腸がんなどの重大な病気をも引き起こしかねません。普段から便秘がちな方はもちろん、そうでない方も、生活習慣の改善によって便秘予防を心掛けたいですね。

便秘予防法として最も効果的なのが生活習慣の改善ですが、中でも大事なのが食事です。食べなくては便はもちろん出ませんし、かといって、ただ食べれば良いというわけでもありません。便秘を予防するには、食べ方も大切なのです。それには、栄養バランスの取れた食事を、3食規則正しく食べるということが良いのです。そして、その3食の中でも、最も便秘予防に効果のあるのが朝食でしょう。

食べ物が身体の中に入ると、胃と腸が刺激を受けて、便意を促します。これを胃・結腸反射といいますが、この胃・結腸反射は、胃が空っぽの時こそ起こりやすいのです。そして一番胃が空っぽな状態であるのが朝なのです。さらに、眠っている間には内臓も休んでいるので、朝目覚めて胃腸を働かせることで、効果的に便意を促すことが出来るのです。ですから、腸を刺激し、蠕動運動を活発にするには、朝食を摂るのが一番だというわけです。

もちろん、朝食を摂ってから、排便の時間を作ることが必要であり、そのためには朝の時間に余裕を持つことが大切になります。さらにいえば、眠っている間に胃腸を休ませ、朝に胃を空っぽの状態にするには、早めの夕食・就寝が必要です。つまり、早寝早起きと十分な睡眠が大事なのです。規則正しい食事は、規則正しい生活の上に成り立つものといえるでしょう。

また、朝食をキチンと摂ることは、自律神経の働きも活発にし、体温を上げる効果もあります。どちらも便秘予防に役立つ効果であり、そういった面からも期待出来そうです。そして何より、朝食は一日の活動のエネルギー源となります。健康な身体を保つためにも重要なのはいうまでもありませんね。生活習慣病である便秘を予防するには、やはり生活習慣の改善が一番です。早寝・早起きして、しっかり朝食を摂ることで、毎日の排便リズムを作りましょう。