便秘予防は朝の排便時間から

時間のゆとりは心のゆとり 朝の排便タイムを確保して便秘予防

生活習慣病である便秘にならないようにするためには、当たり前のことながら、生活習慣を最適に保つことです。それには、規則正しい生活が基本ですが、まず一番に影響があるのは食生活ですね。食べ物は胃腸で消化され、エネルギー源になります。そして、残ったカスが便という形で排出されることが排便です。つまりダイレクトに便秘に影響がある生活習慣は食生活なのです。ですから、食物繊維や乳酸菌をたっぷり摂って、栄養バランスの取れた食事をすることが何よりの予防法だといえます。

しかし、そういった食事を食べれば便秘にはならないかというとそうではありません。食べ方とタイミングも重要です。食べ物が体内に入ると、胃、結腸反射が起き、便意を促します。腸の蠕動運動が活発になるからです。そして、この胃・結腸反射が最も起きやすいのが、胃が空っぽの状態、つまり朝起きた時なのです。ですから、大切なのは朝食をしっかり食べる事なのです。

そして、食べた後に排便の習慣を付けましょう。便秘にならないためには、毎朝の排便習慣が一番なのです。しかし、それには時間のゆとりが必要です。朝は出勤の支度や家族の世話で、何かと忙しいことだと思いますが、出来るだけ早起きしてゆとりを持って過ごしてください。早寝早起きは規則正しい生活には欠かせないものであり、大切な生活習慣です。

また、時間にゆとりを持つことで、緊張状態からリラックス状態に、つまり副交感神経が交感神経を抑えて優位に立ちます。腸の蠕動運動は、副交感神経が優位に立っている時に活発になるので、このゆとりが便秘の予防に2重に効果を発揮するのです。もちろんこれは朝に限りません。ストレスも便秘の重大な要因となっていますから、少しでもリラックス状態を保てるよう、常に時間にゆとりを持って行動することは大切なことでしょう。

さらに、外出場所などでは、恥ずかしくてなかなかトイレに行けず、我慢することで、直腸性の便秘になりやすいものです。時間にゆとりを持って行動することで、朝の排便習慣を付けるだけでなく、便意を感じた時にすぐにトイレに行けるような環境を作ることも便秘予防には効果的でしょう。

便秘は放っておくと、腸内で溜まった便から有毒ガスが発生して、血液を通して身体中を巡ります。便秘によるお腹の張りや残便感などだけでなく、肌荒れや頭痛・肩こりといった全身への悪影響も免れません。こうした不快症状がさらにストレスとならぬよう、気持ちと時間にゆとりを持って、便秘予防を心掛けましょう。