便秘の原因を探る

便秘を解消するにはまず原因を探ることから始めよう!

便秘にも人によって種類も違えば、原因も様々です。例えば、長く腸に留まって出にくいという弛緩性の便秘であれば、原因は運動不足や水分不足、筋力低下などが挙げられます。また、残便感があり、下痢と交互に起こる痙攣性の便秘であれば、主に下原因はストレスです。そして、排便反射が起こらない直腸性の便秘の原因は、ほとんどが便意を我慢し続けた結果です。

このように、便秘の種類によって、原因も違うので、便秘を解消するには、まず自分の便秘の種類、そして何故便秘になっているのかを知る必要があるのです。何事も原因を知らなければ対処出来ませんよね。

しかし、こうした機能性の便秘ではなく、他の病気が原因となっている器質性の便秘である場合は、自分だけでは対処出来ません。イレウスや大腸癌、消化管障害など、便秘は他の病気の症状としても数多くみられます。急に便秘になったり、長く続くようであれば、病院を受診し、検査をしましょう。

もし器質性の便秘でなければ、便秘の解消・予防は自分次第です。種類によって違いはありますが、主な原因は共通している部分が多いので、ざっと挙げてみましょう。まずは食生活です。これは、栄養バランスの良いこと・規則正しく摂ることが第一で、加えて朝食を摂ること・食物繊維や乳酸菌を豊富に摂ることなどで解消出来ます。また食事によって腸内環境を整えることも大切です。腸内の悪玉菌が増え、善玉菌より優位に立ってしまいますと、便秘の原因となるのです。

そして次に運動不足です。これは、腹筋を始め筋力を付けることで、排便困難が解消されるからです。次に忘れてはならない精神的ストレスです。これも便秘の原因としては重要なものであり、生活環境の改善や気分転換、リラックスすることで解消しましょう。

そして意外に多いのが、便意の我慢です。朝時間がなかったり、恥ずかしさの為に外出先でトイレに行けない女性にはとても多い原因です。こうして便意を無視し続けることによって、便意を感じなくなってしまうからです。朝の排便を習慣づけるなど、時間に余裕を持って生活することも大切なのです。

もちろん水分不足はてきめんに便秘の原因となりますから、水分は十分に摂りましょう。そして、冷えも血行不良となるために便秘を引き起こします。特に冷え症の方は、身体を冷やさないように心掛けましょう。このように自分の便秘が何故起こっているかを判断し、生活習慣を改善する事で、不快な便秘を解消・予防して下さい。