バランスの良い食事で便秘知らず

便秘にならない食生活の秘訣はバランス良く!そして規則正しく!

食事というのは、人間が生きていくために欠かせないものです。食べ物を体内に取り入れて、活動や成長のエネルギーにしているからですね。そのために必要な栄養分は消化器官で消化吸収され、全身に行き渡ります。そして残ったカスが、腸から便となって排出されます。つまり便秘というのは、この便の量が少なかったり、出にくくて溜まってしまうことなのです。

ですから、便秘を予防するには、まず正しい食生活を心掛けることだといえるでしょう。正しい食生活とは、「規則正しい食事」、「栄養バランスの取れた食事」を摂ることです。規則正しい食事というのは、3食適量を食べるということです。特に朝食を抜くことは、朝の胃・結腸反射効果を無駄にし、排便のタイミングを逃すことになりかねません。しっかり摂って、排便習慣を身に付けましょう。そして、食べ過ぎが健康に良くないのはもちろんですが、無理なダイエットなどで食事の量が極端に少ないのも便秘の要因となってしまいます。適量を摂ることも必要なので、気を付けてください。

次に栄養バランスの取れた食事ですが、これは野菜中心の食事を心掛ければ大丈夫でしょう。現代の食生活は、肉や脂が中心の飽食の時代です。脂質やたんぱく質は十分なほど摂っているもの。気を付けなくてはならないのが、食物繊維の不足です。野菜・海草・イモ類・豆類などを意識的にたっぷり摂りましょう。それには昔ながらの和食が最適です。玄米や麦を主食にしたり、野菜の煮物、納豆、味噌汁などを基本として、食物繊維を豊富に取り入れてください。食物繊維は便のカサを増やしたり、便を柔らかくしてくれるため、便秘予防には強い味方なのです。

また、乳酸菌やビフィズス菌も腸内環境を整えてくれるため、便秘予防には欠かせません。飲料で摂ることはもちろん、キムチや漬物などからも取り入れられます。しかし、栄養というのはあらゆる食物に含まれています。良いとされる食べ物だけ食べても、決して良い効果は得られません。あくまでも様々な食材をバランスよく摂ることが大切なのです。

また、食生活の一部である水分も、便秘予防には重要です。腸をキレイにし、便を柔らかくしてくれる水分は、意識的にたっぷり摂ると良いでしょう。正しい食生活を身に付けて、便秘知らずの身体をつくってみてはいかがでしょうか。