腹筋を鍛えて便秘解消

便を押し出す腹筋を鍛えれば腸も活発に!筋力アップで便秘予防を

便秘になるのは、女性が圧倒的に多いのはいうまでもありません。それは、ホルモンの影響やストレス、ダイエットなど、原因となる要素が多いためでしょう。その中でも大きな要因となっているのが、運動不足や加齢などによる腹筋力の低下です。こうした筋力の衰えによって起こる便秘を弛緩性便秘といい、女性の中で最も多い便秘ともいえます。

便は腹圧によって押し出されます。ですから、腹筋は排便をするのにとても大切で、必要なものなのです。また、腹筋が緩んでいると、超の働きも低下しています。腹筋を鍛えることで、腹部の血行が促進され、腸の働きも高まるのです。つまり腹筋が弱いと、腸の筋肉も弱って、蠕動運動が低下してしまうのです。

ですから、普段から腹筋を鍛えることは、便秘予防にとても効果的です。特に、筋力の弱い女性や、年配の方などは、是非積極的に鍛えましょう。具体的に腹筋を鍛えると言うと、まず仰向けになって上半身を起こす腹筋運動が思い浮かぶことでしょうが、いきなりはなかなか出来ませんね。無理して腰を痛めてしまっては逆効果です。

そんな腹筋運動が無理な場合は、起きあがらなくとも、仰向けの状態で足を少し持ち上げるだけでも十分です。お腹がプルプルと震える程度まで頑張って耐えてみましょう。段々長い時間耐えられるようになるはずです。それが、腹筋が鍛えられた目安となります。もちろんある程度腹筋力のある人などは、上半身を起こして、無理の無い程度に回数を増やしていくのも良いですね。

また、腹筋は全身の筋力を鍛えることでも鍛えられます。しかも、便を押し出すのには、意外に全身の筋力も使うものです。そのため、便秘予防には全身運動も効果的でしょう。
特に、内臓を鍛え代謝を良くする有酸素運動なら、便秘のみならず、健康と美容にも良い効果があり一石二鳥です。気軽に出来るウォーキングなどを毎日の習慣にしてみてはいかがでしょうか。

こうした適度な運動は、便秘を始め、様々な生活習慣病の要因ともなっているストレスの軽減にも役立ちます。腹筋、また全身の筋力アップをすることで、便秘予防、さらにはあらゆる生活習慣病を予防し、心身ともにストレスフリーな毎日を送りましょう。