便秘解消・予防法

記事一覧

万病の元ストレスはもちろん便秘の要因にも!両方の解消でスッキリと

放っておくと、身体に様々な悪影響を及ぼす便秘。不快な思いはしたくないですね。出来れば生活習慣の改善によって予防したいものです。しかし、実は便秘というのは、生活習慣の乱れだけではなく、生活環境によるストレスなどにも大きく左右されます。社会や家庭を取り巻く環境において、現代人は多大なストレスを背負っています。そうしたストレスが、便秘の大きな要因となっているのです。

胃腸などの消化器系を始め、人間の内臓はとてもデリケートに出来ています。感情の動きによって受ける影響が大きいのです。ですから、ストレスを感じたり、緊張状態が続くと、自律神経が乱れ、交感神経が優位に立ってしまいます。すると、腸の蠕動運動が低下し、便秘を引き起こしてしまうのです。

この腸の蠕動運動は、副交感神経が優位であるリラックス時に活発になるので、ストレスを軽減し、心身ともにリラックスすることが、便秘の何よりの解消法になるでしょう。こういったストレスによる便秘は一過性単純性便秘であることがほとんどですが、慢性便秘である痙攣性便秘の要因でもあります。それは、ストレスによって起こる便秘が、今度はストレスの要因になってしまうという悪循環が一番の原因です。その結果、急性便秘を慢性便秘にしてしまうというわけです。

また、ストレスは、腸液の分泌を低下させたり、腸内の悪玉菌を増加させたりといった状態をも生みます。百害あって一利なしですね。ですから、便秘を予防するには、ストレスの解消が大切になります。それには原因の解消が一番なのですが、それが簡単に出来るようであればストレスにはなっていないですね。ですから、せめてストレスを軽減しましょう。

ストレスを軽減させるには、気分転換が最も効果的です。散歩やジョギングなどの軽い運動などは、身体と共にリラックス出来る最適な方法ですし、音楽や読書なども良いでしょう。自分の好きなことをするのが一番です。便秘は不快感だけでなく、肌荒れや頭痛などのストレスにもつながります。まずは要因となるストレスを軽減し、さらにストレスを生まないようすることが、最も効果的な便秘予防法となるのです。

生きたまま腸に届く優等生のラブレ菌をサプリで上手に摂りましょう

便秘解消・予防に効果的に利用したいサプリメントですが、おすすめの乳酸菌の中でも、ラブレの効き目には定評があります。そもそも乳酸菌には動物性と植物性があり、ラブレは植物性乳酸菌です。ヨーグルトやチーズも便秘解消に良いのは良く知られるところですが、これら乳製品に含まれるのは動物性乳酸菌なのです。

動物性乳酸菌というのは、環境の悪さに弱いため、体内に入っても、消化器系でほとんどが死滅してしまい、腸にまで届かないのです。しかし、植物性乳酸菌はあまり良くない環境の中でも生育出来るため、胃酸に強く、生きたまま腸に届くのです。これが植物性乳酸菌が便秘解消・予防に効果的な最大の理由です。

この植物性乳酸菌というのは、漬物・味噌・しょうゆなどに多く含まれるもので、日本人の体質に適しています。昔ながらの日本の食卓では自然に豊富に摂れていた栄養分だといえるでしょう。実際、ラブレ菌も、「すぐき漬け」という京都の伝統ある漬け物から発見されたのです。漬物という塩分の強い場所でも育つ力強い乳酸菌だというわけです。

しかし、現代の日本人の食生活においては、この植物性乳酸菌を十分に摂ることは難しいでしょう。本来であれば食べ物で摂るのが一番ですが、それが出来ないので、サプリメントで補うことが必要なのです。特に効果の高いラブレは、今やとても人気があるので、様々な商品が販売されています。

美容にも重点を置いた、コラーゲンなどを含むものや、ビフィズス菌を助けるラクトフェリンを配合して、さらに便秘解消・予防に重点を置いたものなど、自分の身体や目的に合ったものを選ぶのが良いでしょう。また、腸内に定着して効果を発揮するラブレは、毎日摂ることがおすすめです。

植物性乳酸菌のラブレをサプリメントで毎日手軽に摂ることで、腸内機能を改善し、蠕動運動を活発にしてくれる善玉菌を増やしましょう。悪玉菌を抑えて、腸内環境をバランス良く整えることで、便秘の解消・予防を図り、快適な排便習慣を身に付けてください。

温めることは便秘解消の基本?血の巡りはそれだけ身体に大切なのです

女性に多い便秘。そして同じく女性に多い冷え症。この二つに関係があるのもうなずけるのではないでしょうか。実の所、便秘には冷えが深く関係しています。それは、冷えによって腸の働きが低下してしまうことが原因です。お腹はもちろん、身体が冷えると、血液の流れが滞り、腸の蠕動運動が低下してしまうのです。

ですから、便秘の解消には、まずお腹を温めることが大切です。お腹周りを温めると、骨盤内の臓器の働きが良くなります。血の巡りも良くなって、腸の動きも活発になります。お腹を温める方法としては、カイロなどや温タオルを当てることが最も簡単で即効性があるでしょう。特に、腸の働きが弱まって起こる弛緩性便秘には大きな効果があるといえます。

また、お腹だけでなく、全身を温め、血行を良くすることも大きな効果があります。自律神経のバランスも良くなり、副交感神経を活発にして、リラックスが出来るのです。便秘はストレスも大きな要因となっています。全身の血の巡りを良くすることはとても大切だといえますね。もちろん、腸以外の消化器系全体の活発化も期待出来ます。

身体全体を温める方法としては、やはり入浴に勝るものはありません。ゆっくりとぬるめのお湯に使って、心身ともにリラックスさせましょう。出来れば40度位まで皮膚温が上がるのが最も理想的とされています。温めた皮膚温が身体の中に伝わるだけでなく、上がった温度を保つためにも、この程度の温度までじっくり温めてください。

もし冷え症の方であれば、半身浴などで手足だけを温めるだけでも血行が良くなり、効果があるでしょう。また、こうして身体の外側からだけでなく、内側から温めることも効果的です。ショウガや冬野菜など、身体の暖まるものを摂ったり、温かい飲み物や食べ物を摂るよう心掛けると良いでしょう。内臓が直接暖まるため、その効果も高いのです。

さらに、「神門」などの、お腹によいツボを温灸などによって温めるのも便秘解消にバッチリです。お腹や全身、こうしたツボなどを温めて、冷えと同時に憂鬱な便秘ともサヨナラしましょう。

善玉菌を増やして健康と美容を!腸内環境の改善は全身の改善です

人間の腸には、数百種類・約100兆ほどの腸内細菌が存在しています。腸内細菌には、食べ物をエネルギーに変える働きと、有毒・有害物質を体内に排出する働きがあり、どちらも人間には欠かせないものなのです。腸内細菌の中には善玉菌と悪玉菌があり、両者のバランスによって、腸内環境が保たれています。この腸内環境が悪くなると、便秘はもちろん、全身にも悪影響が起こります。では、どんな状態が悪いのかというと、悪玉菌が増殖してしまっている状態です。

腸内の悪玉菌が増えてしまうと、腸の働きの低下によって便が長時間溜まってしまいます。すると有毒物質が発生し、血液を通して全身を巡ってしまうのです。そのため肌荒れや頭痛などの全身への悪影響が起こってしまい、健康と美容が損なわれる結果になりかねません。ですから、是非とも悪玉菌を減らし、善玉菌を増やすことを心掛けましょう。

悪玉菌には大腸菌やウェルシュ菌など、善玉菌には乳酸菌やビフィズス菌があります。よく耳にされることがあると思いますが、この乳酸菌やビフィズス菌を摂ることで、善玉菌を増やして、優勢にし、腸内を弱酸性に保つことが出来ます。結果、悪玉菌の増殖を抑えてくれるのです。しかし、こういった乳酸菌やビフィズス菌を摂っただけでは腸に辿り着く前に、かなり効果が薄れてしまうため、同時にオリゴ糖などを摂ることで、その効果がグンと上がるとされています。

また、腸内環境改善に大切なのは、何と言っても食物繊維です。この食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がありますが、どちらも大事な働きをしてくれます。水溶性食物繊維は、水分と共にグル状になり、便を柔らかくしてくれますし、不溶性食物繊維は、腸内細菌と水分を含んで膨張し、便の量を増やしてくれるのです。特に、水溶性食物繊維は善玉菌のエサともなる重要なものです。野菜や果物、海藻類やキノコ類をたっぷり摂って、食物繊維によって腸内環境を改善しましょう。

善玉菌が優位に立ち、腸内環境が改善されると便秘は解消し、腸内に長く溜まらず排出される便は、黄色でバナナ状の健康的なものになります。有毒物質も発生しないので、全身へ悪影響が出ることもありません。すると、便秘の要因ともなるストレスも軽減され、悪循環もなくなるでしょう。このように、食生活の改善、生活習慣の改善によって、腸内環境を改善することは、便秘に留まらず、心身ともに健康を保つ事に繋がるのです。

サプリメントなら乳酸菌!善玉菌を取り入れて悪玉菌をやっつけよう

便秘というのは、片寄った食事・筋力低下・ストレスなど、様々な原因によって、排便が滞った状態をいいます。単にお腹が張る、残便感があるといった不快感のみならず、腸内の滞った便から発生した有毒ガスが血液によって全身に運ばれ、頭痛・肩こり・肌あれといった症状まで引き起こします。便秘に悩む女性は多いことは、毎日のように便秘薬のテレビCMが流れていることでもお分かりでしょう。しかし、腸に刺激を与えるなどして強制的に便を出す便秘薬は、それだけ身体に負担も掛かります。出来れば自然な形で排便を促したいですね。

そこで、人気の高いのがサプリメントです。便秘薬とは違って、腸内環境を正常化することによって、自然な排便を促します。そして、そうしたサプリメントの中でも一番人気なのが、乳酸菌です。乳酸菌というのは、腸内の善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やして悪玉菌を減らしてくれます。腸内細菌のバランスを整えることで、便秘を解消・予防してくれるのです。

本来であれば、ヨーグルトや乳酸菌飲料、また、みそや漬物といった発酵食品から摂れる乳酸菌ですが、現代の欧米化による食生活では、十分に摂るのはなかなか難しいのです。そこで、それを補うためにサプリメントを利用するのも一つの方法です。手軽に乳酸菌を補給できるので、便秘解消・予防に効果的です。

乳酸菌にも動物性と植物性の2種類がありますが、ヨーグルトやチーズなどに含まれる動物性乳酸菌は、栄養や温度環境に敏感で、死滅しやすいため、身体に入っても、ほとんどが胃酸で無くなってしまいます。ところがみそや漬物に含まれる植物性乳酸菌は、環境によって死滅しにくいため、生きたまま腸に届きます。ですから、サプリメントで補うのは、ラブレ菌などに代表される植物性乳酸菌が良いのです。

生きたまま腸に届く乳酸菌やビフィズス菌が配合されたサプリメントが多いのは、このためです。また、オリゴ糖など、便秘解消に効果的な数種類の乳酸菌を配合したものも多いので、自分に効果的に働くサプリメントを選び、無理なく自然に便秘を解消・予防してみてはいかがでしょう。

食物繊維は便秘の強い味方!起こり得る便秘を想定して予防しましょう

便秘には食生活が大きく影響しているのはいうまでもありませんが、便秘予防に効果的な栄養素として、食物繊維が挙げられます。一日に20g~30g必要といわれるこの食物繊維は、昔から日本人の食生活において十分に補えるものでした。しかし、最近の欧米化の影響を受けた食生活では、肉や脂が中心となり、食物繊維が極端に不足してしまっているのです。

食物繊維には便量を増やしたり、便を軟らかくする働きがあるため、便秘予防には欠かせません。積極的に食生活に取り入れることを心掛けましょう。この食物繊維にも2種類があり、それぞれに違う働きがあります。

まずひとつは「不溶性食物繊維」です。水に溶けないで、腸にそのままの状態で届きます。腸内細菌の死殻などの老廃物を取り込んで、便量を増やしてくれるため、蠕動運動が活発にしてくれます。また、発癌物質などの有害物質を排出してくれる働きもあります。この水溶性食物繊維は、主に野菜・穀類・イモ類・豆類に多く含まれます。

もうひとつは「水溶性食物繊維」です。水を含んで粘性のグル状となり、食べ物の吸収・移動を緩やかにし、便を軟らかくしてくれます。そして少ない刺激で蠕動運動を促してくれるのです。また、腸内のコレステロールを包み込んで排出してくれる働きもあります。この水溶性食物繊維は、主に海藻・こんにゃく・果物・オクラなどのネバネバの食品に多く含まれます。

この二つのタイプによって、予防してくれる便秘も種類が違ってきます。腸の働きの低下が原因で起こる弛緩性便秘には、便量を増やして腸の働きを活発にする不溶性食物繊維が効果的ですし、ストレスなどが原因で起こる痙攣性便秘には、腸への刺激が少ない水溶性食物繊維が適しています。

まずは自分の生活環境を考え、起こりやすい便秘を予測しながら、自分に合った食物繊維を豊富に食生活に取り入れましょう。便秘予防だけでなく、生活習慣病全般の予防にも効果があるでしょう。

便秘に効く食事メニューは何?簡単メニューで便秘解消のコツ

便秘の一番の原因として、欧米化による、肉や脂肪分中心の食生活があります。本来日本人は、野菜中心の理想的な食生活を送っていましたし、実際日本人の体質には、そうした食事が合っているのです。便秘に限らず、現代の生活習慣病のほとんどが、こうした脂肪分の多い食事によるものとされています。

では、便秘解消に効果的な食事メニューとはどんなものかというと、まずは食物繊維が豊富なメニューです。食物繊維を豊富に含む食材としては、海藻類・豆類・イモ類・穀類・キノコ類・野菜などがあります。その他には、ヨーグルトやオリゴ糖、また、不溶性食物繊維が豊富なオリーブオイルなどが挙げられます。つまり、こうした食材を組み合わせ、いかにたくさん摂れるかがポイントなのです。

例えば「主食のご飯を玄米や胚芽米にする」、「ハンバーグをおからハンバーグにする」、「野菜はたっぷり放り込んで汁ものにする」、「ひじきやキノコ、豆、イモはご飯と炊きこむ」など、いかに美味しく無理なく取り入れるかを楽しみながらメニューを考えてみましょう。野菜は煮たり炒めたりと、火を通した方がたくさん摂れますし、調理に使う油はオリーブオイルを代用するのも良いでしょう。また、おやつにはフルーツやヨーグルト、砂糖はオリゴ糖を代用するなどの工夫もおすすめです。

しかし、食物繊維だけを摂れば良いというわけではありません。同時に、整腸作用のある食材もプラスしてみましょう。整腸作用のある食材としては、有名なリンゴやにんにくの他、納豆やおくらなどのネバネバしたもの、また、キムチや漬物などの発行食品です。どれも料理の中に簡単に取り入れられ、活躍の頻度が高いものばかりですね。納豆・おくら・キムチなどは、全部一緒に混ぜて、ごはんにかけるだけで美味しく食べられるでしょう。気軽に簡単に、こうしたメニューを楽しんでください。

食材からもお分かりのように、理想的な便秘解消メニューは、やはり和食が中心といえるでしょう。主菜、副菜、ごはんをバランス良く食べることで、これらの食材の栄養もさらに活かされます。是非昔ながらの日本の食卓を参考にして、野菜中心の、食物繊維が豊富な食事を摂るよう心掛けましょう。便秘の解消だけでなく、生活習慣病全般に効果が期待されるでしょう。

便秘予防には適度な運動で筋力アップとストレス軽減の一石二鳥を!

便秘を予防するには、「規則正しい生活」と「バランスの取れた食事」の他に、もうひとつ大切な生活習慣として、「適度な運動」が挙げられます。便秘予防のための運動とは、主に腹筋を鍛えることと、血行を良くすることが目的になります。もちろん、生活習慣病全般にも効果があるのはもちろんのことです。

腹筋は、排便をする際にとても大切です。腹圧によって便を排出するため、腹筋が弱いとなかなか排便が出来ず、弛緩性便秘になってしまうのです。ですから、腹筋を鍛えることで便秘の予防が出来るでしょう。腹筋だけを鍛えるのであれば、腹筋体操が一番効果的です。しかし、腹筋だけでなく、全身の筋肉を鍛えることも大切であり、それにはウォーキングや水泳などが最適でしょう。

ウォーキングや水泳などは有酸素運動であり、自律神経のバランスを副交感神経が優位な状態にしてくれます。そして、腸の働きが良くなり、便意を感じるのはこの副交感神経が活発な時です。まさに便秘予防に最適な運動といえますね。有酸素運動には2重の効果があるというわけです。

さらに、運動が便秘予防に役立つ理由として、血行を良くするということも重要です。もちろん、そうした目的からも有酸素運動などはもってこいといえるでしょう。いつでも気軽に出来ますし、毎日の習慣にすることで、筋力アップや健康に良いだけでなく、便秘の要因でもあるストレスの軽減にも役立ちます。便秘のみならず、生活習慣病全般の予防に最適なのです。食生活などの生活習慣の改善と共に、是非無理なく毎日の運動を取り入れて、便秘にならない身体を作りましょう。

便秘は漢方の力で体質から治そう!最大ブランドツムラなら安心です

便秘は食生活などの生活改善によって解消・予防するのが一番ですが、そうはいっても、なかなかうまくいかないことが多いものです。それゆえ、サプリメントや便秘薬の需要も多いのでしょう。しかし、サプリメントではなかなか上手く解消されなかったり、かといって便秘薬では強すぎて負担になったりと、便秘の解消・予防には頭を悩ましている方も少なくありません。そこで効果を発揮するのが漢方薬です。

漢方というのは、中国から伝来し、日本でも独自の発展を遂げた、長い歴史を持つ伝統医学です。病気を身体全体の不調和ととらえ、正しく整えるという概念の元、人間が本来持つ自然治癒力を高めることを目的としています。ですから、漢方薬の原料も、身体に優しい天然の草根木皮を使用し、体質と病状にあったものを処方します。便秘薬などの薬とは違い、症状を抑えることだけが目的ではなく、体質を改善して、病気そのものの治癒を目的とするのです。

この漢方薬のメーカーとして、日本で圧倒的なシェアを持つのがツムラであり、ほとんどの漢方医によって処方されています。市販薬もかなりありますから、皆さんも名前を聞くことが多いのではないでしょうか。その種類も大変多く、どんな病状にも対応している最大漢方メーカーといっても良いでしょう。そんなツムラの便秘薬の中では、市販されている「漢方便秘薬」が一番の人気です。通販などでも手に入るため、手軽に始められるのも魅力ですね。

このツムラ「漢方便秘薬」の成分は、慢性の便秘、もしくは中度の便秘に効果的な「大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)」です。もちろん漢方というのは数多く種類があるので、便秘に効果のある漢方薬は、この大黄甘草湯の他にもたくさんあります。よく使用されるものには、残便感・腹部膨満感などの症状のある軽度の便秘の場合には、「桂枝加芍薬大黄湯(けいしかしゃくやくだいおうとう)」があります。また、便が硬くなってなかなか出ないなどの重度の便秘の場合には、「大柴胡湯(だいさいことう)」、「乙字湯(おつじとう)」などがあります。

どれも漢方薬の概念通り、体質に合ったものを選ぶのが一番であり、出来れば専門の漢方医に処方してもらうのが安心でしょう。軽いとはいえ、漢方薬にも副作用が出る場合があります。症状だけを見て、体質に合わないものを選ばないよう気を付けねばなりません。自分に合った漢方を利用し、便秘を体質から改善していくのはいかがでしょうか。

朝の便秘体操で便秘とサヨナラ・・・無理せず毎日寝たまま体操

便秘を解消するには、生活習慣の改善が最も重要です。その大きな柱として、「バランスの取れた食生活」と「適度な運動」があります。この2つを同時に行ってこそ、両方の効果もアップするのです。特に、腸が活発に動き出し、便意を感じやすい朝に、軽い体操をし、しっかり朝食を摂ることで、毎朝の排便習慣を付けましょう。もちろんそれには時間に余裕を持って早起きする事も必要で、それが早寝早起きという生活習慣の改善にもつながります。

排便は腹圧によってなされます。腹筋が弱いと弛緩性便秘になるのです。ですから便秘に効く体操としては、腹筋を鍛えることが第一の目的です。それに加えて、便意を感じることを目的とします。さらに、運動をすることで、血行を良くし、自律神経の働きを良くすることからも、間接的に便秘解消に効果を発揮します。

では、具体的にどんな体操が便秘に効果があるかというと、まず朝目覚めた時に、寝たまま行えることが抜群の条件となります。うつ伏せに寝た状態で、手を顔の下に起き、膝を伸ばして交互にゆっくり上下させます。水泳のバタ足です。これを左右10回ほど繰り返しましょう。次に、同じ体勢のまま、今度は膝を曲げてかかとでお尻を叩きましょう。これも左右交互に各20回ほど行ってください。

次に、今度は仰向けになってください。両手を身体の脇に置いて、膝を伸ばしたまま足を少し持ちあげて5~10秒キープします。これを5回ほど繰り返して下さい。(この腹筋体操は、座った状態で、足を伸ばしたV字で行ってもOKです。)次は両手を横に広げ、膝を立てた状態で、床に付くまで左右に足を倒し15秒ほどキープします。つまり腰をひねる体操ですね。これを左右交互に20回ほど行いましょう。

これらの体操を一連で毎朝布団の中で行っても、ほんの数分で済みます。是非習慣付けていただければと思います。もちろんこの他にも便秘に効く体操はあります。仰向けの状態で手を頭の後ろで組み、上体を起こしてつま先を覗き込みます。首だけを動かさないよう気を付けながら、10回ほど繰り返します。また、正座をしたまま後ろに倒れた状態で、しばらくお腹を伸ばします。次に、今度は体育座りの状態で後ろに倒れ、両足を抱えてお腹を丸めます。両方の姿勢を1分位ずつキープすれば十分でしょう。

時間のある時など、こうした運動を自分に無理なく組み合わせて行えば良いのです。朝にこだわってプレッシャーに思う必要もないですし、無理な日はサボっても大丈夫。食生活の改善などと共に、リラックスしながら実践してみてください。

1 2 3 >