便秘

サプリメントなら乳酸菌!善玉菌を取り入れて悪玉菌をやっつけよう

便秘というのは、片寄った食事・筋力低下・ストレスなど、様々な原因によって、排便が滞った状態をいいます。単にお腹が張る、残便感があるといった不快感のみならず、腸内の滞った便から発生した有毒ガスが血液によって全身に運ばれ、頭痛・肩こり・肌あれといった症状まで引き起こします。便秘に悩む女性は多いことは、毎日のように便秘薬のテレビCMが流れていることでもお分かりでしょう。しかし、腸に刺激を与えるなどして強制的に便を出す便秘薬は、それだけ身体に負担も掛かります。出来れば自然な形で排便を促したいですね。

そこで、人気の高いのがサプリメントです。便秘薬とは違って、腸内環境を正常化することによって、自然な排便を促します。そして、そうしたサプリメントの中でも一番人気なのが、乳酸菌です。乳酸菌というのは、腸内の善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やして悪玉菌を減らしてくれます。腸内細菌のバランスを整えることで、便秘を解消・予防してくれるのです。

本来であれば、ヨーグルトや乳酸菌飲料、また、みそや漬物といった発酵食品から摂れる乳酸菌ですが、現代の欧米化による食生活では、十分に摂るのはなかなか難しいのです。そこで、それを補うためにサプリメントを利用するのも一つの方法です。手軽に乳酸菌を補給できるので、便秘解消・予防に効果的です。

乳酸菌にも動物性と植物性の2種類がありますが、ヨーグルトやチーズなどに含まれる動物性乳酸菌は、栄養や温度環境に敏感で、死滅しやすいため、身体に入っても、ほとんどが胃酸で無くなってしまいます。ところがみそや漬物に含まれる植物性乳酸菌は、環境によって死滅しにくいため、生きたまま腸に届きます。ですから、サプリメントで補うのは、ラブレ菌などに代表される植物性乳酸菌が良いのです。

生きたまま腸に届く乳酸菌やビフィズス菌が配合されたサプリメントが多いのは、このためです。また、オリゴ糖など、便秘解消に効果的な数種類の乳酸菌を配合したものも多いので、自分に効果的に働くサプリメントを選び、無理なく自然に便秘を解消・予防してみてはいかがでしょう。

食物繊維たっぷりなプルーンはソルビトールも含む便秘解消の王様です

便秘に効く食べ物として一番有名なのは、プルーンなのではないでしょうか。実際、プルーンで便秘が解消する場合は多く、その効果は絶大です。このプルーンというのは、ライムの一種で、生のものもありますが、お店でよく見かけるのはドライプルーンですね。では、何故このプルーンは便秘に効くのでしょう。

それは、プルーンが便秘解消に欠かせない水溶性食物繊維と不溶性食物の両方を含んでいることによります。食物繊維は便量を増やし、排便を促してくれるばかりか、善玉菌のエサとなり、腸内環境を良好に保ってくれます。特に、プルーンはペクチンという水溶性食物繊維を豊富に含んでおり、この働きにより、体内で水分を含んでゲル状になり、便を柔らかくしてくれるのです。さらに、優しく腸を刺激し、便意を促してくれる効果もあります。

プルーンの成分の中で、もうひとつ便秘解消に大きな効果があるのがソルビトールという糖質です。ガムの原料として知られるこのソルビトールは緩下作用が強く、摂り過ぎると下痢になることもあります。消化器官で吸収されにくいため、そのまま大腸に届き、大腸で発酵して腸を刺激します。そのため蠕動運動を活発にし、便意を促すのです。ダイレクトに腸に働きかけるというわけですね。

また、プルーンには便に水分を与えて柔らかくしてくれるマグネシウムや、筋肉収縮作用によって蠕動運動を活発にしてくれるカリウムなども多く含まれています。まさに便秘に効く食べ物ナンバーワンと言るでしょう。しかも、ドライプルーンなら、生のプルーンに比べて食物繊維が5倍、マグネシウムやカリウムも数倍多く含まれています。そのまま気軽に食べられるのも大きな魅力ですね。

ドライプルーンをおやつ代わりにそのまま食べても良いですし、ジュースやジャムといった加工食品で摂るのも良いでしょう。今は様々な加工食品が作られています。自分が摂りやすい形で毎日意識的にプルーンを取り入れ、便秘知らずな快適な毎日を過ごしましょう。

赤ちゃんも運動不足で便秘になる?いっぱい遊んで解消を

赤ちゃんの便秘も、大人と同様、原因は食事不足・運動不足・ストレスの3つです。母乳やミルク、また離乳食のバランスが悪かったり、量が不足していると便秘になるのはもちろんですが、あまり自分では動くことの出来ない赤ちゃんでは、運動不足による便秘も多いのです。赤ちゃんには腹筋がありませんから、運動によって身体を活発に動かすことが大切なのです。

便秘と言っても、赤ちゃんの排便リズムによって様々で、2、3日出なくても、それが便秘とは限りません。毎日出ていたのに急に出なくなったり、お腹が張っている様子であったり、機嫌が悪かったり、苦しそうにいきんでうんちをしているなどの場合は便秘だと考えられます。まずは体重の増加などで、母乳やミルクが足りているか、離乳食の量やバランスは良いかなどを考えてみましょう。

そして、同時に運動不足を補ってあげることが大切なのです。まだ動くことの出来ない赤ちゃんであれば、お母さんが足を左右交互に上下させて、優しく遊びながら運動させてあげてください。また、手で持ったり、足で蹴ったりすることで、揺れたり音の出たりするおもちゃを与えてみましょう。出来れば動きやすい服を着せてあげるのが良いですね。また、寝返りやハイハイが出来るようになったら、ちょっと離れた場所におもちゃなどを置いて、取らせてみるのも良い運動になるでしょう。

そして、ベビーカーでの散歩も赤ちゃんにとっては良い運動になります。日光浴だけでも効果的ですし、お座りが出来るようになれば、外遊びも出来るでしょう。こうして外に出ることは、運動不足だけでなく、ストレスの解消にもなり、より効果的に便秘の予防・解消が出来るのです。

便秘予防はもちろん、赤ちゃんの成長と健康のためにも、遊びながら積極的に運動不足を解消してあげてください。

綿棒は、苦しそうな赤ちゃんのうんちを出す即効性抜群のアイテムです

産まれたばかりの赤ちゃんは、母乳やミルクだけで育ちますが、この時期の赤ちゃんでも便秘になります。原因として一番多いのは母乳不足である場合ですが、母乳は消化吸収が良いため、便の量が少ない事も要因となります。また、ミルクの場合は、逆に飲み過ぎでうんちが硬くなり、便秘になることもあります。ですから、母乳不足を補ったり、水分を多めに与えたりすることで、便秘が解消される場合は多いのです。

それでも出ない時は、お腹をマッサージしたり、足を左右交互に動かしてあげる方法があります。赤ちゃんによっては、2~3日出なくても便秘であるとは限りませんが、もしこうした方法を試しても、お腹が張っているようであったり、うんちをする時に苦しそうにいきんだり、機嫌が悪いようであれば、早急にうんちを出してあげたいものですね。

そんな時におすすめなのが、綿棒による刺激です。具体的な方法としては、大人用の綿棒の綿球部分をほぐして柔らかくし、ベビーオイルかベビーローションをたっぷりつけます。そしてちょうど綿球が中に入るくらいにお尻に入れ、優しくクルクル回してください。お尻に異物を入れるのには抵抗があると思いますが、大丈夫なので安心してください。

すぐに便が出る赤ちゃんも居るので、お尻の下に紙おむつを敷いておいた方が良いでしょう。もちろん赤ちゃんによっては数時間経ってからしか出ない場合もあるので、無理に続けず、1分以内で止めましょう。また、綿棒に血が付いたら、すぐに止めてください。この出血は、様子を見てすぐに止まれば問題はありません。

この綿棒での刺激は、母乳やミルクを飲んだ後、10分~15分後が最も効果的です。腸の働きが活発になっている時なので、より高い効果が得られるのです。また、固いうんちが入り口で塞いでしまっている場合は、少し掻き出してあげるとスンナリ出るでしょう。

こうして人為的にうんちを出すのは、癖になるのでは・・と心配されるお母さんが大勢いらっしゃると思います。しかし、この時期こうしてお尻を刺激することは、反射を促しているだけであり、かえって排便のリズムを付けるのに効果的です。赤ちゃんが苦しそうな時には、優しくくすぐるような感覚で、即効性のあるこの方法を試してみてください。

子どもにとってもストレス社会!?ストレスを取り除いて便秘の解消を

ストレスが原因で便秘になることはよくあります。そして、それは子どもの便秘にも多くみられます。子どもがストレスをためるというのは、ちょっとピンとこないかもしれませんが、子どもも大人同様、ストレスを感じることはたくさんあります。

家族関係において、叱られたり甘えられなかったりした場合や、学校での友達関係において、喧嘩したり仲間はずれになったりした場合、また、進学・進級・転校・引っ越し・旅行などの環境の変化があった場合など、ささいなことでも子どもは深刻に捉えます。こうしたストレスが便秘を始め、体調不良を引き起こしてしまうのです。

ストレスがあると、交感神経が優位に立ち、自律神経が乱れます。すると、消化酵素の分泌にも悪影響を及ぼし、消化器官の働きが低下してしまうのです。当然腸の働きも低下し、便秘になります。腸の働きは、こうして自律神経によってコントロールされているというわけです。

こうした状況を避けるには、ストレスを取り除いて、リラックスすることが大切です。ストレスがある時とは逆に、リラックス時には副交感神経が優位に立ちます。副交感神経は、血管を広げ、腸の蠕動運動を活発にしてくれます。ストレスによって、消化を妨げ、悪玉菌が増加していた腸内環境を改善してくれるのです。

また、便秘によって便が固くなり、排出する際に痛かったり、腸内に長時間便が留まることで、お腹が張って苦しかったりすると、子どもにとっては、それらが排便への恐怖になったり、ストレスになったりしてしまいます。こうなると悪循環に陥ってしまいますね。

こうしたストレスによる緊張状態が続き、便秘が続くと、慢性の便秘になってしまうので、早めに予防・改善をしてあげることが大切です。ストレスは、聞いてもらうだけでもかなり楽になります。普段からよく子どもの話に耳を傾け、話をすることが一番でしょう。そして、出来るだけストレスの元を改善してあげましょう。

また、簡単に改善できない時は、なるべくリラックスしたり、気分転換が出来る時間を増やすなど、ストレスの軽減を図って、こどもの便秘をストレスから守りましょう。

出すのが苦痛な頑固な便秘には、子どもでも便秘薬で対処をしましょう

子どもの便秘は、まず食事の改善で治すのが一番です。食物繊維と乳酸菌の豊富な、野菜中心の食事で予防・解消しましょう。しかし、長く続くようであれば、ひどくなる前に、食物繊維・乳酸菌オリゴ糖などのサプリメントをプラスして、より排便がスムーズにするのも効果的です。しかし、それでも解消されない頑固な便秘には、やはり便秘薬の力を借りましょう。

子どもはお腹が苦しくなったり、痛くなったりして初めて、便秘ということがわかります。ひどくなった状態だと、便が硬くなってしまっていて、食事やサプリだけではすぐに解消されず、悪化するばかりです。そんな時は、排便自体が困難で、それがさらに恐怖になってしまわぬよう、便秘薬を使用するのが良いでしょう。もちろん子どもには下剤である刺激性の便秘薬はあまり使いたくないものですね。出来れば整腸剤などを使用してください。

具体的に子供によく使用される市販薬としては、マルツエキスが有名です。これは薬というより麦芽糖であり、3歳未満の子どもにも使用出来ます。ビフィズス菌を増やすもので、効き目が優しい分、即効性はあまりないでしょう。整腸剤としては、やはりビフィズス菌を増やすビオフェルミンや、腸内に水分を蓄えて便を柔らかくするミルマグなどがあります。これらは3歳以上であれば使用できます。そして小さいお子様によく使用されるのがいちじく浣腸です。グリセリンという成分によって、腸壁から水分を出して蠕動運動を促し、便を柔らかくします。即効性があるのが特徴です。

また、病院で処方されるものとしては、うんちを柔らかくする酸化マグネシウムや、うんちを押し出すセンノシド、刺激性でも優しい効き目のラキソベロンなどがあります。酸化マグネシウムは市販薬のコーラックやスルーラックにも使用されているもので、ラキソベロンは液状タイプもあるため、子どもには飲みやすいのが特徴です。病院でも、これらの飲み薬が聞かない場合は浣腸が処方されます。

このように、子どもの便秘薬にも色々あります。便秘がひどくなって、排便自体が苦痛になってしまったら、無理させずに使用しましょう。しかし、あくまでも習慣的に使用するものではありません。普段から、栄養バランスの取れた食事と、運動を心掛け、まずはひどい便秘にならないようにすることが大切です。

ダイエットと便秘の悪循環を避けるには食物繊維が強い味方です!

ダイエットをしている女性はとても多いと思います。スマートな身体は女性にとっては憧れですね。しかし、ダイエット中の女性に多いのが便秘です。また、便秘の女性の中には、食べるのを我慢してもなかなか痩せないと嘆かれる方も多いのではないでしょうか。便秘とダイエットには、実は大きな関係があるのです。

では、何故ダイエット中の女性に便秘が多いのかというと、それは食べる量が少ないために、腸の働きが低下するからです。食物が消化されてくることで、腸は蠕動運動を開始します。ところが、食物の量が少ないと、この運動が起こらずに、腸の働きは低下してしまうのです。

腸は、食べ物の栄養分を吸収し、余分な脂肪や水分といった老廃物を排出する働きを持っています。この腸の代謝機能が衰えることによって、全身の代謝が悪くなります。そのため老廃物を溜めこみやすく、脂肪が燃えにくい身体になってしまうのです。つまり、太りやすく痩せにくくなってしまうわけですね。このため、便秘の女性はなかなか痩せないということになり、ダイエットと便秘の悪循環に陥ってしまうのです。

また、腸に便が長時間溜まることで、悪玉菌が増え、有毒ガスが発生すると、もちろんお腹が張ってポッコリ出てしまいます。これはダイエット中の女性にはとても気になるものですね。さらにこの有毒ガスは、腸壁から血液を通して身体中を巡り、肌荒れや頭痛、肩こりなども引き起こしてしまうので、女性にとっては大敵なのです。もちろん血行も悪くなるため、むくみやたるみなどの原因にもなります。

では、このようなダイエットを邪魔する便秘にはどのように対処すれば良いのでしょうか。まず一番は、食物繊維を豊富に摂ることです。食物繊維の豊富な野菜をたっぷり摂りましょう。ある程度食べることも、腸の働きを活発にし、全身の代謝を高めるために必要です。特に、こんにゃく、寒天キノコ類などは、低カロリーながらも食物繊維が豊富で、便の量を増やし、腸の働きを活発にしてくれるダイエットにはもってこいの食品です。こうした食材をたっぷり取り入れて、なるべく栄養バランスの取れた食事をすることが、かえってダイエットを効果的にするでしょう。

また、食物繊維だけでなく、水分も意識的にたっぷり摂ることで、便を柔らかくし、腸の働きを良くします。代謝機能を活発にするにも水分は欠かせないので、十分に摂ってください。そして、是非脂肪を燃焼しやすくするために、有酸素運動であるウォーキングなどを習慣付けることもおすすめです。筋力が付き、腸の働きも活発になりますし、腹筋が強くなれば、便秘の解消にもなります。ダイエットと便秘の両方に効果的なのです。

ダイエットのために便秘になり、便秘のためにダイエットが失敗しないよう、栄養バランスの取れた食事と適度な運動で、健康的に効率良くダイエットを進めていきましょう。

水分不足になりがちな子どもには、大人より十分な水分補給を

最近は大人ばかりでなく、こどもの便秘も増えています。食生活の偏りにも問題はありますが、やはり大きな要因は水分不足だといえるでしょう。特に子供は野菜嫌いな場合が多く、どうしても大人より水分不足になりがちなのです。しかも、新陳代謝が活発な子供にとっては、大人以上の水分が必要となります。子どもが便秘になるのももっともですね。

水分は腸の蠕動運動を活発にし、便を柔らかくして排出し易くしてくれます。特に、胃が空っぽのときに冷たい水を飲むと、胃が刺激され、さらに腸の蠕動運動を活発にしてくれるので、朝の水分はより大切だといえるでしょう。夜寝ている間に消耗した水分をたっぷり摂り、キチンと朝食を食べることで、毎朝の排便リズムを作りましょう。

学校などでの集団生活では、なかなか自由に水分を摂れません。ですから、朝や帰宅後には十分な水分を与えるよう、気を付けてあげてください。とはいえ、子供はなかなか水そのものを好んで飲んでくれません。そんな時は麦茶などのお茶や、果汁、野菜ジュースなどでも良いでしょう。果汁や野菜ジュースには食物繊維も入っていますし、さらにオレンジジュースなどは腸内環境を良好にしてくれる果糖が豊富なので、便秘にはより効果的なのです。

また、食事にもスープや味噌汁などの汁物をプラスすることで、水分は補えます。お母さんの気遣いと工夫で、こどもの水分不足を解消しましょう。子どもは自分が便秘だとはわからないものです。ひどくなってお腹が痛くなるまで放っておくことになりがちです。うんちは出ていても、おしっこの回数が少なくなったり、コロコロの硬いうんちであれば、水分不足による便秘が考えられます。

特に運動の前後や、暑い夏などは、まめに水分を摂れるように持ち歩いたり、野菜中心の栄養バランスの取れた食事を心掛けるなど、十分な水分を与えましょう。出来れば子どもには、便秘で苦しくて痛い思いをさせたくはないですね。

ジャンクフードは食べたくてもちょっと我慢?便秘になる前に控えよう

現代の食生活に欠かせない物として、ファーストフードやインスタント食品といった、いわゆるジャンクフードがあります。大人から子供まで大変人気がありますが、健康に良くないというのは良く知られているところですね。

ジャンクフードというのは、そのほとんどが肉・脂分・糖分が多量に使って作られている加工食品であり、いわば工業製品です。カロリーだけが大変高くて、栄養はほとんどありません。さらに、添加物が大量に使用されているため、あらゆる生活習慣病の引き金にもなっているのです。

ジャンクフードの主役である肉や脂は、消化されにくいため、腸内に長く溜まってしまうため、便秘を引き起こします。腸の長い日本人には、体質的に合わない物ともいえます。しかも、動物性タンパク質は悪玉菌の大好物です。食べ過ぎると悪玉菌が増え、腸内環境が悪化し、さらに便秘に拍車をかけてしまうのです。

さらに、ジャンクフードでは食物繊維・ミネラル・ビタミンなどが著しく欠乏しているため、腸の蠕動運動の働きを低下させます。また、大腸の満腹中枢が過食命令を出しやすくなり、食べ過ぎてしまう結果、腸に溜まりやすくなり、そういった点からも便秘を引き起こす要因になっているといえるでしょう。

そもそもジャンクフードとは、くずみたいな食べ物という意味です。素材も調理法もまさに低品質で、身体に悪いのは一目瞭然です。便秘に悪いというだけでなく、身体への悪影響は大きく、様々な生活習慣病を引き起こす食べ物なのです。

安くて手軽で美味しいですし、たまに無性に食べたくなるものですが、出来るだけ控えるよう心掛けましょう。同じく手軽でも、たまごや納豆などをおかずにご飯を食べるなど、素材そのものを食べる方が、身体にはずっと良いです。パンにしても、野菜やハム、チーズなどを挟むだけでも簡単に美味しくいただけますね。

そして出来れば、ジャンクフードとは対極の、カロリー控えめで栄養豊富な和食をおすすめします。野菜中心で食物繊維が豊富な食生活を基本とし、たまに好きな物を食べるようにするところから始めてみましょう。

下痢にも便秘にも効くりんご故、良いとも悪いとも言われるのです

野菜や果物は便秘の予防・解消に良い食べ物として代表されるものですね。それは、食物繊維とビタミンCが豊富に含まれているからです。食物繊維は便の量を増やしたり、便を柔らかくすることで、腸の動きを活発化し、便意を促します。これは皆さんにもよく知られていることですね。

そして、あまり知られてはいませんが、ビタミンCは、乳酸菌のエサになるという働きがあるのです。善玉菌である乳酸菌が増えれば、腸内環境が良好になり、便秘も解消されます。ですから、野菜や果物には便秘解消に働くダブルの効果があるといえるでしょう。

そして、そのどちらの成分も豊富に含んでいる果物のひとつとして知られるのがりんごです。特に、リンゴに含まれるリンゴ酸が腸を刺激することからも、便秘解消に効果があります。しかし、時にリンゴは、便秘に悪い食べ物に挙げられることもあるのです。もちろんその人の体質や便秘の種類にもよりますが、確かにリンゴには、便秘を促進するような効果が無きにしも非ずなのです。

それというのも、リンゴに含まれるペクチンという水溶性食物繊維には、整腸作用があるため、便秘だけでなく、下痢にも効果があるからです。便を固める効果があるペクチンは、下痢の場合は効果がありますが、便秘の場合は逆効果ですね。ですから、下痢と便秘を交互に起こす過敏性の方などには、避けた方が良い場合もあるわけです。

しかし、ほとんどの便秘や下痢には効果的であり、さらにペクチンには、余分なコレステロールや有害物質も便と一緒に排出してくれる働きや、胃酸のバランスを整え、消化を促進してくれる働きもある優れた食物繊維です。また、リンゴにはポリフェノールも多く含まれていますから、美容と健康にはもってこいの食べ物といえますね。

一般的に、便秘の時は生で、下痢の時には加熱して食べるのが良いとされていますから、便秘解消には生で、さらにペクチンを豊富に含む皮ごと食べるのが理想です。もちろん糖分もありますし、食べ過ぎは逆効果を引き起こす場合がありますが、毎日適量のリンゴは、昔から言われるように医者いらずの食べ物だといえそうです。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 >