便秘

お酒は百薬の長?それとも百害あって一利なし?

お酒は適量であれば「百薬の長」といわれますが、便秘との関係でいうとどうでしょうか。アルコールは腸を刺激するため、便意を促します。便の水分が外に吸収されてしまう前に排出してくれるため、柔らかい便のままなので、排出されやすいのです。これは、胃腸が麻痺する事で、便通が緩んだ結果です。ですから、一時的な便秘解消になる場合はあります。

しかし、これは胃腸に負担が掛かった結果ですね。一時的に便秘が解消されても、実際は胃腸の働きが低下する事によって、便秘を引き起こすことにもなるのです。また、アルコールは脱水症状をも引き起こすため、腸内の便を固くしてしまい、さらに便秘の要因となります。

アルコールは、飲み始めは利尿作用が働きますが、時間と共にアルコールが組織に入ると、血管の外側に水分が引っ張られ、結果、むくみが起こり、血の巡りも悪くなります。すると身体が水分補給しにくい状態となるのです。水分補給がうまく出来なければ、もちろん便秘になりますし、飲み過ぎで大腸に熱がこもることでも便秘になる場合もあります。

また、飲み過ぎは肝臓に悪いのはよく知られているところですね。肝臓というのは、余った栄養を蓄え、足りない時に排出してくれます。こうした栄養素の再合成により、体内環境を正常に保つ働きをしてくれるのです。そして同時に、体内に入った有害物質を分解して排出してくれる働きがあります。

ですからお酒を飲むと、肝臓が、有害物質であるアルコールを分解してくれるのですが、このアルコールがたくさん入ってくれば、当然肝臓は酷使され、働きが弱まってしまいます。すると、当然身体中が栄養失調状態になってしまうというわけです。もちろんこうした全身への影響によって、腸の働きも低下し、便秘になるでしょう。

便秘になると、腸内に長時間便が溜まることで、有毒ガスを発生し、血液を通して全体を巡ります。この有毒ガスも肝臓で解毒されるのですが、もちろん肝臓に負担が掛かり、さらには腸を始め、内臓全体に負担が掛かります。つまり、お酒によって、肝臓の機能低下と便秘の悪循環に陥ってしまうわけです。

また、お酒を飲む時に食べるつまみにも、便秘が関係しています。アルコールと一緒だと、その性質上、どうしても脂っこい物を一緒に食べてしまいがちですが、この脂っこい物がさらに便秘の要因になってしまうのです。

さらに、アルコールには血管拡張作用があるため、肛門疾患のある人では、飲み過ぎにより症状が悪化し、結果便秘を誘発する場合もあります。このように、お酒は飲み過ぎれば「百害あって一利なし」なのです。くれぐれも飲み過ぎないよう、適量を守ることで、ストレスの緩和や血行を良くするなどのメリットの効果だけを活かしましょう。

万病の元ストレスはもちろん便秘の要因にも!両方の解消でスッキリと

放っておくと、身体に様々な悪影響を及ぼす便秘。不快な思いはしたくないですね。出来れば生活習慣の改善によって予防したいものです。しかし、実は便秘というのは、生活習慣の乱れだけではなく、生活環境によるストレスなどにも大きく左右されます。社会や家庭を取り巻く環境において、現代人は多大なストレスを背負っています。そうしたストレスが、便秘の大きな要因となっているのです。

胃腸などの消化器系を始め、人間の内臓はとてもデリケートに出来ています。感情の動きによって受ける影響が大きいのです。ですから、ストレスを感じたり、緊張状態が続くと、自律神経が乱れ、交感神経が優位に立ってしまいます。すると、腸の蠕動運動が低下し、便秘を引き起こしてしまうのです。

この腸の蠕動運動は、副交感神経が優位であるリラックス時に活発になるので、ストレスを軽減し、心身ともにリラックスすることが、便秘の何よりの解消法になるでしょう。こういったストレスによる便秘は一過性単純性便秘であることがほとんどですが、慢性便秘である痙攣性便秘の要因でもあります。それは、ストレスによって起こる便秘が、今度はストレスの要因になってしまうという悪循環が一番の原因です。その結果、急性便秘を慢性便秘にしてしまうというわけです。

また、ストレスは、腸液の分泌を低下させたり、腸内の悪玉菌を増加させたりといった状態をも生みます。百害あって一利なしですね。ですから、便秘を予防するには、ストレスの解消が大切になります。それには原因の解消が一番なのですが、それが簡単に出来るようであればストレスにはなっていないですね。ですから、せめてストレスを軽減しましょう。

ストレスを軽減させるには、気分転換が最も効果的です。散歩やジョギングなどの軽い運動などは、身体と共にリラックス出来る最適な方法ですし、音楽や読書なども良いでしょう。自分の好きなことをするのが一番です。便秘は不快感だけでなく、肌荒れや頭痛などのストレスにもつながります。まずは要因となるストレスを軽減し、さらにストレスを生まないようすることが、最も効果的な便秘予防法となるのです。

キノコ類の力で便秘解消プラス美容と健康のアップを!

食物繊維を多く含み、便秘に効く食べ物の中に、キノコ類があります。キノコ類には、不溶性食物繊維が豊富に含まれていて、腸内で水分を含んで大きくなり、便の量を増やします。そして腸を刺激することによって、蠕動運動を活発にし、排便を促すのです。また、不溶性食物繊維の特徴であるスジスジが、老廃物などの有害物質も一緒に絡め取って、便と一緒に排出してくれるという働きもある優れものなのです。

また、キノコ類には水溶性食物繊維も含んでいるため、便を柔らかくスムーズに移動させてくれる働きも併せ持ちます。さらに、腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌を減らしてくれるため、腸内環境を整えてくれる強い味方なのです。皆さんもご存知のように、キノコ類にはしいたけ・まつたけ・えのきだけ・しめじ・まいたけ・エリンギ・きくらげなどたくさんありますね。

キノコ類には、食物繊維の他にもキチンキトサンやビタミンB、カリウムなどが含まれていて、血圧の低下や動脈硬化予防にも効果があります。また、エリタデニンという成分などの働きでコレステロールを排出し、低下させてくれる効果や、βグルカンなどの働きで免疫力をアップしてくれる効果もあるのです。まさに、あらゆる生活習慣病予防に絶大な効果があるというわけですね。

また、キノコ類は豊富な栄養素はあるものの、ローカロリーで、新陳代謝を高める効果もあるため、便秘を解消するだけでなく、ダイエットにも高い効果が期待されます。女性には欠かせない食べ物だといえるでしょう。しかも、キノコ類はどんな料理にも合う食材です。和食はもちろんのこと、パスタなどのイタリアンや、中華料理など、どんな料理にも利用できます。調理方法も、焼く・煮る・炒める・挙げる・蒸すと、あらゆる食べ方が出来ます。

毎日の食卓に、工夫次第で手軽にキノコ類を取り入れてみてはいかがでしょうか。便秘に効くばかりでなく、美容と健康にも高い効果を発揮してくれること間違いなしです。

理想のうんちはバナナうんち!スルッと出る黄色いうんちを作るには?

便秘といっても人によって定義は違いますが、まず硬いコロコロうんちなどはやはり便秘だといえますし、いきんでもなかなか出ないようなうんちもやはり便秘だといえますね。では、便秘とはいえない理想的なうんちとはどんなうんちなのでしょうか。

まず一言でいえば、バナナうんちです。硬さや太さがバナナと同じくらいのものが、理想なのです。一日にこのバナナうんちが1~2本出ればさらに理想です。もっと具体的にいうと、「水分が80%」、「臭いが少ない」、「水に浮く」、「黄色から褐色」「スルっと出る」といったものが挙げられます。

まず水分が80%というものですが、残り20%は食物のカスである食物繊維と、腸内細菌、腸粘膜の3つです。この割合から出来ているうんちが健康的なうんちです。そして、水に浮くというのは、適度なガスを含んでいるためであり、これも健康なうんちの証です。また、いきまずスルっと出るうんちはトイレットペーパーが汚れません。これも理想のうんちの条件です。

こういった理想のうんちは腸内環境が整っていて初めて作られます。善玉菌が優勢で、腸内発酵が正常だと、腸内は弱酸性に保たれます。すると、便の色は黄色から褐色になるのです。しかし、腸内で悪玉菌が優勢になると、便が腸内に長く留まり、便秘状態になります。すると便は腐敗しさらに悪玉菌が増殖し、有毒物質を発生させます。このような状態では腸内はアルカリ性となり、便の色は黒っぽくなり、さらに悪臭がするようになります。悪いうんちですね。

主に肉類中心の食事を続けると、このように悪いうんちになりがちですが、ちなみにうんちの色は脂肪を分解するのに役立つ胆汁の色なので、脂肪分が多い食事によって大量に分泌されるとアルカリ性となり、そのために便は黒っぽくなるのです。こうしたうんちは長い間腸内に留まることで水分も少なくなり、硬くなり、排便困難となっています。さらに発生した有毒物質は、血液を通して全身を巡り、肌荒れや頭痛などの様々な弊害も生んでしまうのです。

ですから、理想のうんちを作れるよう、腸内環境を改善し、腸内浄化を心掛けることが大切です。野菜中心の食生活に、乳酸菌やビフィズス菌などの発酵食品や、食物繊維をたっぷり摂って、腸内の善玉菌を増やしましょう。そして、水分も十分に摂ることも忘れてはなりません。

温めることは便秘解消の基本?血の巡りはそれだけ身体に大切なのです

女性に多い便秘。そして同じく女性に多い冷え症。この二つに関係があるのもうなずけるのではないでしょうか。実の所、便秘には冷えが深く関係しています。それは、冷えによって腸の働きが低下してしまうことが原因です。お腹はもちろん、身体が冷えると、血液の流れが滞り、腸の蠕動運動が低下してしまうのです。

ですから、便秘の解消には、まずお腹を温めることが大切です。お腹周りを温めると、骨盤内の臓器の働きが良くなります。血の巡りも良くなって、腸の動きも活発になります。お腹を温める方法としては、カイロなどや温タオルを当てることが最も簡単で即効性があるでしょう。特に、腸の働きが弱まって起こる弛緩性便秘には大きな効果があるといえます。

また、お腹だけでなく、全身を温め、血行を良くすることも大きな効果があります。自律神経のバランスも良くなり、副交感神経を活発にして、リラックスが出来るのです。便秘はストレスも大きな要因となっています。全身の血の巡りを良くすることはとても大切だといえますね。もちろん、腸以外の消化器系全体の活発化も期待出来ます。

身体全体を温める方法としては、やはり入浴に勝るものはありません。ゆっくりとぬるめのお湯に使って、心身ともにリラックスさせましょう。出来れば40度位まで皮膚温が上がるのが最も理想的とされています。温めた皮膚温が身体の中に伝わるだけでなく、上がった温度を保つためにも、この程度の温度までじっくり温めてください。

もし冷え症の方であれば、半身浴などで手足だけを温めるだけでも血行が良くなり、効果があるでしょう。また、こうして身体の外側からだけでなく、内側から温めることも効果的です。ショウガや冬野菜など、身体の暖まるものを摂ったり、温かい飲み物や食べ物を摂るよう心掛けると良いでしょう。内臓が直接暖まるため、その効果も高いのです。

さらに、「神門」などの、お腹によいツボを温灸などによって温めるのも便秘解消にバッチリです。お腹や全身、こうしたツボなどを温めて、冷えと同時に憂鬱な便秘ともサヨナラしましょう。

生きたまま腸に届く優等生のラブレ菌をサプリで上手に摂りましょう

便秘解消・予防に効果的に利用したいサプリメントですが、おすすめの乳酸菌の中でも、ラブレの効き目には定評があります。そもそも乳酸菌には動物性と植物性があり、ラブレは植物性乳酸菌です。ヨーグルトやチーズも便秘解消に良いのは良く知られるところですが、これら乳製品に含まれるのは動物性乳酸菌なのです。

動物性乳酸菌というのは、環境の悪さに弱いため、体内に入っても、消化器系でほとんどが死滅してしまい、腸にまで届かないのです。しかし、植物性乳酸菌はあまり良くない環境の中でも生育出来るため、胃酸に強く、生きたまま腸に届くのです。これが植物性乳酸菌が便秘解消・予防に効果的な最大の理由です。

この植物性乳酸菌というのは、漬物・味噌・しょうゆなどに多く含まれるもので、日本人の体質に適しています。昔ながらの日本の食卓では自然に豊富に摂れていた栄養分だといえるでしょう。実際、ラブレ菌も、「すぐき漬け」という京都の伝統ある漬け物から発見されたのです。漬物という塩分の強い場所でも育つ力強い乳酸菌だというわけです。

しかし、現代の日本人の食生活においては、この植物性乳酸菌を十分に摂ることは難しいでしょう。本来であれば食べ物で摂るのが一番ですが、それが出来ないので、サプリメントで補うことが必要なのです。特に効果の高いラブレは、今やとても人気があるので、様々な商品が販売されています。

美容にも重点を置いた、コラーゲンなどを含むものや、ビフィズス菌を助けるラクトフェリンを配合して、さらに便秘解消・予防に重点を置いたものなど、自分の身体や目的に合ったものを選ぶのが良いでしょう。また、腸内に定着して効果を発揮するラブレは、毎日摂ることがおすすめです。

植物性乳酸菌のラブレをサプリメントで毎日手軽に摂ることで、腸内機能を改善し、蠕動運動を活発にしてくれる善玉菌を増やしましょう。悪玉菌を抑えて、腸内環境をバランス良く整えることで、便秘の解消・予防を図り、快適な排便習慣を身に付けてください。

転職したらひどい便秘に・・・そんなことってあるの?

女性にとって大敵な便秘。肌は荒れるし、お腹は張るし、出来れば避けたいものですね。しかし、食生活を改善しても、睡眠を十分に取っても、運動もしているのに、なかなか改善できない・・・と、いう方もいらっしゃるのではないでしょうか。だったら、ストレスが原因かもしれません。例えば、転職したばかりであるとか、引っ越したばかりであるとか、家庭の中で大きな問題を抱えているとか、人間関係などでストレスを感じていませんか。

人は、ストレスによって自律神経が乱れます。そもそも自律神経というのは、交感神経と副交感神経がバランス良く働いているのですが、ストレスによってこのバランスが崩れてしまうのです。交感神経というのはアドレナリンという神経を分泌し、身体を緊張状態にします。この状態が続くと、消化器官の働きが低下します。消化酵素の分泌に悪影響を及ぼし、消化を妨げ、腸内の悪玉菌を増やしてしまうためです。そして結果、便秘になってしまうのです。

自律神経は精神的影響がとても大きいものです。リラックスすることで、副交感神経が活発になり、血管を広げ、さらに腸の蠕動運動を活発にします。するともちろん便秘も解消されるのです。こうして腸の蠕動運動は自律神経によってコントロールされているわけですね。ですから便秘にはストレスが大敵で、反対にストレスが味方となるのです。

ですから、仕事や家庭での環境の変化などによってストレスがたまると、便秘になりやすいですし、またこうした状態が続くことで、慢性の便秘になってしまうこともありがちです。しかも、食生活などの生活習慣の改善と違い、環境の改善やストレスの軽減というのは、形通りにうまくいくものではありません。自分なりにストレスの解消法を見つけ、少しでも環境の改善を図りましょう。

そして、もちろん生活習慣の改善も心掛け、心身ともに健康を保つことによって、ストレスの悪循環とならぬよう、便秘の解消をしましょう。あまり不快感が続くようであれば、それ自体がストレスとなってしまわぬよう、サプリメントや便秘薬を使用するのも効果的でしょう。ただ、あまり薬に頼ることで、症状の悪化する場合もありますので気を付けてください。

赤ちゃんも運動不足で便秘になる?いっぱい遊んで解消を

赤ちゃんの便秘も、大人と同様、原因は食事不足・運動不足・ストレスの3つです。母乳やミルク、また離乳食のバランスが悪かったり、量が不足していると便秘になるのはもちろんですが、あまり自分では動くことの出来ない赤ちゃんでは、運動不足による便秘も多いのです。赤ちゃんには腹筋がありませんから、運動によって身体を活発に動かすことが大切なのです。

便秘と言っても、赤ちゃんの排便リズムによって様々で、2、3日出なくても、それが便秘とは限りません。毎日出ていたのに急に出なくなったり、お腹が張っている様子であったり、機嫌が悪かったり、苦しそうにいきんでうんちをしているなどの場合は便秘だと考えられます。まずは体重の増加などで、母乳やミルクが足りているか、離乳食の量やバランスは良いかなどを考えてみましょう。

そして、同時に運動不足を補ってあげることが大切なのです。まだ動くことの出来ない赤ちゃんであれば、お母さんが足を左右交互に上下させて、優しく遊びながら運動させてあげてください。また、手で持ったり、足で蹴ったりすることで、揺れたり音の出たりするおもちゃを与えてみましょう。出来れば動きやすい服を着せてあげるのが良いですね。また、寝返りやハイハイが出来るようになったら、ちょっと離れた場所におもちゃなどを置いて、取らせてみるのも良い運動になるでしょう。

そして、ベビーカーでの散歩も赤ちゃんにとっては良い運動になります。日光浴だけでも効果的ですし、お座りが出来るようになれば、外遊びも出来るでしょう。こうして外に出ることは、運動不足だけでなく、ストレスの解消にもなり、より効果的に便秘の予防・解消が出来るのです。

便秘予防はもちろん、赤ちゃんの成長と健康のためにも、遊びながら積極的に運動不足を解消してあげてください。

善玉菌を増やして健康と美容を!腸内環境の改善は全身の改善です

人間の腸には、数百種類・約100兆ほどの腸内細菌が存在しています。腸内細菌には、食べ物をエネルギーに変える働きと、有毒・有害物質を体内に排出する働きがあり、どちらも人間には欠かせないものなのです。腸内細菌の中には善玉菌と悪玉菌があり、両者のバランスによって、腸内環境が保たれています。この腸内環境が悪くなると、便秘はもちろん、全身にも悪影響が起こります。では、どんな状態が悪いのかというと、悪玉菌が増殖してしまっている状態です。

腸内の悪玉菌が増えてしまうと、腸の働きの低下によって便が長時間溜まってしまいます。すると有毒物質が発生し、血液を通して全身を巡ってしまうのです。そのため肌荒れや頭痛などの全身への悪影響が起こってしまい、健康と美容が損なわれる結果になりかねません。ですから、是非とも悪玉菌を減らし、善玉菌を増やすことを心掛けましょう。

悪玉菌には大腸菌やウェルシュ菌など、善玉菌には乳酸菌やビフィズス菌があります。よく耳にされることがあると思いますが、この乳酸菌やビフィズス菌を摂ることで、善玉菌を増やして、優勢にし、腸内を弱酸性に保つことが出来ます。結果、悪玉菌の増殖を抑えてくれるのです。しかし、こういった乳酸菌やビフィズス菌を摂っただけでは腸に辿り着く前に、かなり効果が薄れてしまうため、同時にオリゴ糖などを摂ることで、その効果がグンと上がるとされています。

また、腸内環境改善に大切なのは、何と言っても食物繊維です。この食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がありますが、どちらも大事な働きをしてくれます。水溶性食物繊維は、水分と共にグル状になり、便を柔らかくしてくれますし、不溶性食物繊維は、腸内細菌と水分を含んで膨張し、便の量を増やしてくれるのです。特に、水溶性食物繊維は善玉菌のエサともなる重要なものです。野菜や果物、海藻類やキノコ類をたっぷり摂って、食物繊維によって腸内環境を改善しましょう。

善玉菌が優位に立ち、腸内環境が改善されると便秘は解消し、腸内に長く溜まらず排出される便は、黄色でバナナ状の健康的なものになります。有毒物質も発生しないので、全身へ悪影響が出ることもありません。すると、便秘の要因ともなるストレスも軽減され、悪循環もなくなるでしょう。このように、食生活の改善、生活習慣の改善によって、腸内環境を改善することは、便秘に留まらず、心身ともに健康を保つ事に繋がるのです。

綿棒は、苦しそうな赤ちゃんのうんちを出す即効性抜群のアイテムです

産まれたばかりの赤ちゃんは、母乳やミルクだけで育ちますが、この時期の赤ちゃんでも便秘になります。原因として一番多いのは母乳不足である場合ですが、母乳は消化吸収が良いため、便の量が少ない事も要因となります。また、ミルクの場合は、逆に飲み過ぎでうんちが硬くなり、便秘になることもあります。ですから、母乳不足を補ったり、水分を多めに与えたりすることで、便秘が解消される場合は多いのです。

それでも出ない時は、お腹をマッサージしたり、足を左右交互に動かしてあげる方法があります。赤ちゃんによっては、2~3日出なくても便秘であるとは限りませんが、もしこうした方法を試しても、お腹が張っているようであったり、うんちをする時に苦しそうにいきんだり、機嫌が悪いようであれば、早急にうんちを出してあげたいものですね。

そんな時におすすめなのが、綿棒による刺激です。具体的な方法としては、大人用の綿棒の綿球部分をほぐして柔らかくし、ベビーオイルかベビーローションをたっぷりつけます。そしてちょうど綿球が中に入るくらいにお尻に入れ、優しくクルクル回してください。お尻に異物を入れるのには抵抗があると思いますが、大丈夫なので安心してください。

すぐに便が出る赤ちゃんも居るので、お尻の下に紙おむつを敷いておいた方が良いでしょう。もちろん赤ちゃんによっては数時間経ってからしか出ない場合もあるので、無理に続けず、1分以内で止めましょう。また、綿棒に血が付いたら、すぐに止めてください。この出血は、様子を見てすぐに止まれば問題はありません。

この綿棒での刺激は、母乳やミルクを飲んだ後、10分~15分後が最も効果的です。腸の働きが活発になっている時なので、より高い効果が得られるのです。また、固いうんちが入り口で塞いでしまっている場合は、少し掻き出してあげるとスンナリ出るでしょう。

こうして人為的にうんちを出すのは、癖になるのでは・・と心配されるお母さんが大勢いらっしゃると思います。しかし、この時期こうしてお尻を刺激することは、反射を促しているだけであり、かえって排便のリズムを付けるのに効果的です。赤ちゃんが苦しそうな時には、優しくくすぐるような感覚で、即効性のあるこの方法を試してみてください。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 >