便秘

便秘解消効果が豊富なお茶で水分とリラックスの供給を

便秘の解消・予防に良いとされる食べ物は色々挙げられていますが、その中でもかなり有力なのがお茶です。もちろんお茶にも数多くの種類があります。では、まず日本人が一番身近に飲用している緑茶はどうでしょう。緑茶には、カテキンという成分が含まれています。このカテキンには殺菌作用があり、腸内の悪玉菌を殺菌してくれます。すると善玉菌が増え、腸内環境が良くなるため、便秘が解消されるのです。また、緑茶は消化されにくく、大腸にそのまま届くため、腸に刺激を与え、効果を最大限に活かせます。

便秘に効くというお茶は他にも色々あります。プーアル茶もその代表選手です。ポリフェノールという成分の働きで、新陳代謝が活発になり、消化を促進します。結果、整腸作用によって便秘の解消をします。また、血行促進の働きもあるため、腸の働きをさせる冷えを防ぐことからも効果があるといえましょう。カフェインが少なめなのも、気にせず飲める利点のひとつです。

その他には、シモン茶というお茶が便秘解消に良いとされます。原料であるシモンというのは白さつまいもの別名であり、食物繊維とマグネシウムを豊富に含んでいます。この食物繊維によって便意が促進される他、ヤラビンという成分によって、腸の善玉菌を増やします。腸を活性活かし、便秘解消にダブルの効果があるお茶なのです。

また、最近話題の黒豆茶も食物繊維がたっぷりで、便秘に効くお茶として人気がアップしています。この黒豆茶にはイソフラボンという成分が含まれており、ホルモンバランスを整えることからも、便秘に効果的だとされています。また、ノンカフェインなので、誰でも量を気にせず飲めるのも嬉しいところです。

そしてまた、ハーブティーも便秘に良いものがたくさんあります。代表としてローズヒップやペパーミント、タンポポなどがありますが、ペクチンという食物繊維に加えて、抗酸化作用のあるビタミンCも豊富なことから、相乗効果で整腸作用を促進します。リラックス効果が高いことからも、排泄を促すお茶だといえます。

その他にも、血流を促進し、腸の働きを活発にするどくだみ茶や、水溶性食物繊維の豊富なコーン茶、「ゲンクワン配糖体」によって腸を活発化させるユーカリ茶など、便秘に効くとされるお茶は数多くあります。そもそも水分は便秘解消には欠かせません。その水分をお茶として摂るのは無理が無くて良いですね。特に、朝に冷たいお茶を飲むことで、腸の働きを活発にして便意を促します。

もちろん、冷えが気になる方は、常温や温かいお茶を飲むのがおすすめです。お茶は、こうした様々な効果の他にも、リラックス効果というとても大きな働きを持っています。便秘の大きな要因であるストレスの軽減にもなることが、他の便秘に効く食べ物よりおすすめ度が高い理由です。水分とリラックスの供給に、是非毎日の習慣として、お茶を取り入れてみてはいかがでしょう。

ビフィズス菌の好物オリゴ糖をサプリで!善玉菌を増やして腸内活発に

頑固な便秘は困りものですね。肌荒れや頭痛・肩こりにまで発展すると、女性にはそれ自体がストレスになってしまいます。悪循環でさらに便秘がひどくならぬよう解消したいものですが、手っ取り早い便秘薬にたよってしまうと、腸への負担も大きく、そのうち薬も効かなくなってしまいます。出来れば自然な形で無理なく排便を促しましょう。

便秘解消のためには、乳酸菌やビフィズス菌を十分に摂り、腸内環境を整えるのが一番です。腸内の善玉菌を増やして、腸の働きを活発にするのです。とはいえ、便秘解消や予防に十分な乳酸菌を食べ物や飲み物から摂るのも大変ですね。そこで、サプリメントの力を借りて補ってみるのも良いでしょう。

もちろん乳酸菌やビフィズス菌を補うのはいうまでもありませんが、それと同時に効果的なのが、オリゴ糖です。オリゴ糖はビフィズス菌のエサになるので、ビフィズス菌を増やして優位にしてくれます。すると、善玉菌が増えることで腸内が活発化されて便秘も解消されるのです。ですから、乳酸菌やビフィズス菌とオリゴ糖の両方が配合されたサプリメントなら、より効果が期待出来るでしょう。

オリゴ糖には消化性と難消化性の2種類がありますが、消化性オリゴ糖は腸にたどりつく前に消化されてしまうため、便秘には効果がありません。ですから、難消化性オリゴ糖を摂るのが良いのです。また、ガラクトオリゴ糖・フラクトオリゴ糖・キシロオリゴ糖・大豆オリゴ糖など、オリゴ糖にも色々な種類がありますが、中でも難消化性のラフィノ-ズが効果的とされていて、便秘解消のサプリメントとして、数多く販売されています。

また、このようなサプリメントの力で効果的に便秘を解消・予防することで、老廃物が出て行き、身体の新陳代謝も高まります。すると、脂肪も燃焼されるため、便秘が要因となる女性の天敵、肌荒れから解消されるのに加え、ダイエット効果までも期待出来るでしょう。手軽に健康と美容のアップを図ってくれる強い味方になること間違いなしです。

水分をたっぷり摂って便秘予防!腸からキレイになりましょう

便秘になったら、まずは水分をたくさん摂るというのは常識ですね。逆に言えば、水分をたくさん摂ることで、便秘が予防出来るというわけです。人間が一日に必要な水分というのは、1.5リットルから2リットルといわれています。これは、活動するための代謝に必要な分と、体内の老廃物を溶かして排出するのに必要な分を考えた量です。

水分を摂ると、大腸において便が水分を含み、柔らかくなります。また、便のカサが増すために、腸を刺激し、便意を促します。ですから便秘にならないばかりか、便と一緒に老廃物を取り込んで排出し、腸をキレイにしてくれるのです。逆に水分が不足すると、腸において、摂った食物から水分を奪ってしまい、便が固くなります。これが便秘の状態であり、長時間腸に滞ってしまいます。

すると、腸に溜まった便から有毒物質が発生し、血液を通じて全身を巡ってしまうため、肌荒れ・頭痛・肩こりなどの様々な悪影響を起こしかねません。ですから、水分を十分に摂って便秘を予防することは、とても大切なことなのです。

しかし、ただむやみに摂れば良いというのではなく、摂り方にも工夫が必要です。水分は、大腸において食物繊維に吸収され、便を柔らかくしたり、便量を増やしたりします。ですから、食物繊維を一緒に摂ることで、水分の保持が出来、さらに効果を発揮するのです。

さらに、最も効果的なのは朝の目覚めの一杯です。夜眠っている間に、人間の体は大量の水分を失います。ですから、それを補うべく、朝に水分を摂るのはとても重要なのです。また、夜は腸も眠っています。朝、腸を目覚めさせるためにも水分を摂ることは大切なのです。そして朝の排便習慣を付ければ、便秘知らずの快適な生活を送れるでしょう。

もちろん朝だけでなく、水分の補給は必要です。意識的に摂れるよう、時間を決めて飲むようにしたり、いつも持ち歩いてこまめに飲むように工夫すると良いですね。また、夏や運動前後などは、さらに十分な水分が必要となります。便秘予防だけでなく、健康と美容のためにも、たっぷり水分を補給する習慣を身に付けましょう。

便秘予防は早寝早起き・野菜たっぷり!良く寝て良く食べるが一番です

便秘は生活習慣病であるといわれるほど、便秘の原因のほとんどが生活習慣によるものです。食べ物をエネルギーに変え、余分な物は排出するという身体のシステムは、人間にとって一番重要な働きです。そして、この身体の働きは食事・睡眠・運動といった生活習慣から成り立つものだからです。

便秘にならないための生活習慣の条件は、「規則正しい生活」、「栄養バランスの取れた食事」、「適度な運動」です。この3つが便秘だけに限らず、あらゆる生活習慣病の重要な予防法です。そして、毎日の排便リズムを作るのに最適な方法でもあるのです。

では、それぞれ具体的にピックアップしていくと、まず「規則正しい生活」の基本は早寝・早起きです。睡眠を十分に取り、朝にトイレに行ける時間を作りましょう。十分な睡眠は健康の基本です。寝ている間に腸も休まります。そして、朝にはきちんと朝食を摂り、腸の蠕動運動を目覚めさせ、トイレの時間を習慣付ければ、便秘にはなりません。時間に余裕を持てるよう、生活リズムを整えましょう。

次に、「バランスの取れた食事」です。これは健康に最も影響する最重要事項ですね。3大栄養素(炭水化物・タンパク質・脂質)をしっかり摂ることも大切ですが、現代の飽食の時代では、肉や脂質の摂り過ぎが目立ちます。肉や脂は出来るだけ控え、野菜中心の食事を心掛けましょう。

特に、食物繊維は重要です。便量を増やしてくれたり、便の硬さを柔らかくしてくれたり、腸の働きをスムーズに保ってくれるからです。また、腸内環境を整えてくれる乳酸菌なども意識的に摂るのも、便秘予防には効果的です。もちろん水分をたっぷり摂ることも忘れないようにしてください。

そしてもうひとつは「適度な運動」です。これは、排便に不可欠な腹筋などの筋力を鍛えるために大切なのです。また、血行を良くすることで、腸の働きを活発にしてくれます。2重の効果があるわけですね。さらには、肥満の解消になることからも、便秘を始め、その他の生活習慣病予防にもなるでしょう。

こうした生活習慣の改善の他に、もうひとつ大切なことは、ストレスを溜めないことです。ストレスによる便秘は、実はとても多いのです。他にも、便意を感じたらなるべく我慢しないことや、無理なダイエットはしないことなどが便秘の予防に欠かせない生活習慣です。心身ともに健康を保てるような生活習慣を心掛け、やっかいな便秘を予防しましょう。

出来れば避けたい浣腸も、赤ちゃんの頑固な便秘には強い味方です

赤ちゃんの便秘の原因としては、母乳不足・ミルクの飲み過ぎ・離乳食での食物繊維不足・水分不足・運動不足などが挙げられます。出来ればこうした要因である生活環境を改善して、予防・解消してあげたいものですね。しかし、そういったことを改善しても、すぐに便秘が解消されるわけではなく、しかも体質によっては、生活習慣に十分気を付けても、便秘になってしまう赤ちゃんもいます。

そうした時には、マッサージや、綿棒でお尻を刺激することによって、うんちを出してあげるのが良い方法です。実際、ほとんどの赤ちゃんがこうした方法で便秘を解消できるものですが、それでも解消されない頑固な便秘には、大人と同じように、やはり薬が必要な場合があります。

もちろん、赤ちゃんに便秘薬を使うには抵抗があると思いますが、便秘が悪化し、赤ちゃんが痛がったり、苦しんだりするようであれば、薬で便を出してあげた方が良いでしょう。ひどくなると解消が困難になってしまい、病院へ行くことになってしまいますし、病院へ行ったからと言って、解消されるわけではありません。出来ればひどくなる前に薬で出してあげましょう。

赤ちゃんは薬が飲めませんから、便秘薬は浣腸によって使用します。一番多く使われているのは市販のイチジク浣腸ですが、他にも色々あります。浣腸にはグリセリンという成分が入っていて、腸内に入ると、腸壁から水分を出すことで蠕動運動を促してくれます。また、この成分は便を柔らかくし、滑りを良くする働きがあります。こうしたグリセリンの働きによって、便が排出されるのです。

赤ちゃんにこの浣腸をする場合は、まずお湯の中に入れ、体温と同じくらいになるまで温めます。そして、おむつ替えの姿勢で、実際にお尻の下にオムツなどを置き、すぐにうんちが出た場合に備えます。使用するのは子供用の浣腸で、その約半分ほどを使用し、残りは捨ててください。だいたい3分~10分ほどで効果があらわれます。この即効性が、浣腸の最大の魅力でしょう。

浣腸は、心配されるほど癖になるものではありませんが、やはり薬には違いありません。出来れば使用せずに済むように、母乳やミルクの量・水分・離乳食のメニューなどの改善をし、ひどい便秘にならないようにすることが、何より大切でしょう。

産後のデリケートな体に便秘は大敵!水分をたっぷり摂って解消しよう

産後のお母さんの身体はとてもデリケートです。約1か月は、骨盤や子宮が急速に戻る時期でもあり、子宮からは、分泌物が排出され続けます。この時期を産褥期と言われ、安静が必要です。この時期に無理をすると、昔から産後の肥立ちが悪くなるとされ、その後の身体の回復が遅くなってしまうのです。

この産後には、子宮が戻る痛みなどの他に、便秘に悩まされる方も多いものです。産後は母乳育児が始まりますが、母乳が出ている間というのは、水分が優先的に母乳に取られます。ですからお母さんはその分、水分を余分に摂らないと、自分の身体が水分不足となってしまい、便が硬くなり、便秘になってしまうのです。

また、出産時の会陰部の傷が痛かったり、妊娠中からの腹筋の低下もあって、なかなかいきむことが出来ずに、便を排出出来ないという理由も大きいでしょう。加えて、出産時のいきみや、妊娠中からの子宮の圧迫による肛門付近のうっ血が原因で、痔になる方はかなり多いのです。痔が痛むのも、同様にいきめなかったり、便を出すのが怖くて敬遠しがちになってしまいます。

そしてもう一つ、産後のお母さんが便秘になる大きな要因として、赤ちゃんの育児があります。赤ちゃんの世話は24時間休む暇がありません。ゆっくりと、トイレの時間を取ることも出来ないのです。赤ちゃんが泣けばタイミングを逃したり、途中で出て来なければなりません。このように便意を我慢しているうちに、便はますます固く出にくくなってしまい、便意を感じる機能も低下してしまうのです。これでは悪循環で、便秘はどんどん悪化してしまいますね。

このような産後の便秘を避けるには、まずは水分をたっぷり摂ることです。水が飲みにくいのであれば、お茶や糖分の少ないジュースでも良いですし、食事にスープや汁物をプラスするのも良い方法です。1日最低でも2リットルは水分を補給するようにしましょう。

そして、もちろん食事も栄養バランスよく摂ることが大切です。特に、便秘解消に効果的な食物繊維はたっぷり摂りましょう。イモ類豆類海藻類キノコ類・根菜類を豊富に取り入れ、野菜中心の食事を心掛けましょう。また、腸内環境を良好にしてくれる乳酸菌も便秘には大事です。乳酸飲料はもちろんのこと、ヨーグルトや発酵食品をまめに摂り、便を柔らかく、腸の働きを活発にしましょう。

産後のお母さんにとって、身体の回復にとても大切な時期だからこそ、育児に忙しいとはいえ、出来るだけ食事と睡眠をしっかり摂り、便秘と共に、健康にも十分な配慮を心掛けてください。

美容と健康に良い赤ワインが便秘には良くない理由とは

赤ワインはポリフェノールが豊富で、美容と健康に良いため、特に女性には人気がありますね。色素成分であるポリフェノールには、高い抗酸化作用があり、動脈硬化などの生活習慣病を予防してくれます。また、赤ワインに含まれるカリウムは、新陳代謝を良くする働きがあり、肌をキレイにしたり、ホルモンの働きを促進するなど、美容にも効果を発揮します。女性には嬉しい効果ですね。

しかし、このカリウムは、腸の蠕動運動を弱めるという働きもあり、実は便秘にはあまり良くないとされています。さらに、カリウムは利尿効果が高いため、せっかくの有効成分が体外に排出されやすいのです。しかも赤ワインはアルコールですから、利尿効果はさらに高いと言えます。

まず、赤ワインというのは、ブドウを皮つきのまま発酵させたもので、大腸菌やサルモネラ菌に対する抗菌力が強いという働きを持ちます。そして、この赤ワインに大量に含まれる成分のひとつに、タンニンという渋みのもととなる成分があります。渋柿に入っているのと同じ成分です。

このタンニンは下痢止めとしてよく使用される成分で、つまり便秘を引き起こす成分でもあるのです。カリウム以上に、便秘に良くないと言われる成分であり、実はそのために、赤ワインは便秘に悪い食べ物に挙げられることが多いのです。

タンニンは、体内において、たんぱく質の成分を変え、細胞や血管を収縮します。そして、腸の粘膜に特殊な膜を作ることで、腸への刺激を弱め、便意を低下させてしまうのです。鉄分の吸収を妨げることからも、間接的に血行を悪くし、便秘の要因である冷えを引き起こすことも無いとはいえません。

どちらにしろ、赤ワインはアルコールです。脱水症状を引き起こしやすいという点からも、飲み過ぎは明らかに便秘を引き起こしますし、決して身体に良いとはいえません。リラックス効果や、ポリフェノール効果を活かすためには、適度に飲むことが大切なのです。上手に飲んで、健康と美容に役立ててください。

便秘を解消するにはまず原因を探ることから始めよう!

便秘にも人によって種類も違えば、原因も様々です。例えば、長く腸に留まって出にくいという弛緩性の便秘であれば、原因は運動不足や水分不足、筋力低下などが挙げられます。また、残便感があり、下痢と交互に起こる痙攣性の便秘であれば、主に下原因はストレスです。そして、排便反射が起こらない直腸性の便秘の原因は、ほとんどが便意を我慢し続けた結果です。

このように、便秘の種類によって、原因も違うので、便秘を解消するには、まず自分の便秘の種類、そして何故便秘になっているのかを知る必要があるのです。何事も原因を知らなければ対処出来ませんよね。

しかし、こうした機能性の便秘ではなく、他の病気が原因となっている器質性の便秘である場合は、自分だけでは対処出来ません。イレウスや大腸癌、消化管障害など、便秘は他の病気の症状としても数多くみられます。急に便秘になったり、長く続くようであれば、病院を受診し、検査をしましょう。

もし器質性の便秘でなければ、便秘の解消・予防は自分次第です。種類によって違いはありますが、主な原因は共通している部分が多いので、ざっと挙げてみましょう。まずは食生活です。これは、栄養バランスの良いこと・規則正しく摂ることが第一で、加えて朝食を摂ること・食物繊維や乳酸菌を豊富に摂ることなどで解消出来ます。また食事によって腸内環境を整えることも大切です。腸内の悪玉菌が増え、善玉菌より優位に立ってしまいますと、便秘の原因となるのです。

そして次に運動不足です。これは、腹筋を始め筋力を付けることで、排便困難が解消されるからです。次に忘れてはならない精神的ストレスです。これも便秘の原因としては重要なものであり、生活環境の改善や気分転換、リラックスすることで解消しましょう。

そして意外に多いのが、便意の我慢です。朝時間がなかったり、恥ずかしさの為に外出先でトイレに行けない女性にはとても多い原因です。こうして便意を無視し続けることによって、便意を感じなくなってしまうからです。朝の排便を習慣づけるなど、時間に余裕を持って生活することも大切なのです。

もちろん水分不足はてきめんに便秘の原因となりますから、水分は十分に摂りましょう。そして、冷えも血行不良となるために便秘を引き起こします。特に冷え症の方は、身体を冷やさないように心掛けましょう。このように自分の便秘が何故起こっているかを判断し、生活習慣を改善する事で、不快な便秘を解消・予防して下さい。

サイトマップ

ページ 1 of 4 : 次のページ

投稿

便秘の原因、実は骨盤の歪みにあった!

日本人女性の約8割に経験があるという「便秘」。

便秘になると下腹部が重くなるだけではなく、顔に吹き出物が出る、全身がむくむ、食欲不振などさまざまな症状を引き起こします。便秘が深刻になると、吐き気を感じたり、頭痛や腰痛などの痛みを感じるようになったりすることもあります。

便秘というのはとても苦しいもの。そして、体が不健康な状態であるという1つのバロメーターとも言えます。その事実を知っているため、多くの人がさまざまな手段を用いて便秘を解消しようとします。

便秘解消のために一般的に良いとされているのは、繊維質のものや乳酸菌などをたくさん取り入れること、適度の運動をすること、水分をたくさん摂取すること、などがあげられます。

しかし、世間で「便秘に効く」とされている方法を用いても、なかなか便秘が解消されないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?もしかしたら、あなたの便秘の原因は違うところにあるのかもしれません。

そこで注目したいのが「骨盤」です。実は、骨盤のゆがみが便秘を引き起こす可能性があると指摘されているのです。

骨盤は人間の体の中心にあり、上半身と下半身を繋げ支える重要な部分でもあります。骨盤の形に注目をしていただきたいのですが、骨盤というのは大きな器のような形をしています。その器のような形で上半身にある重要な臓器・内臓を受け止めているのです。骨盤が正しい位置にあることによって、内臓も正しい位置で正常に機能することができます。しかし骨盤が何らかの原因で歪んでしまっていたら、それによって支えられている内臓も自らの正しい位置を見失い、正常に機能しなくなってしまうのです。

骨盤が歪むことによって血液やリンパの流れが滞るようになります。すると新鮮な血液がしっかりと行き届かず、内臓がしっかりと働くことができなくなってしまいます。そのため骨盤のゆがみは、血行不良、むくみ、冷え、新陳代謝の悪化などを引き起こすとされています。腸の働きが鈍るとお通じの排出も上手く行かなくなるだろうということは、誰が見ても明快です。

事実、骨盤矯正をしたら便秘まで解消されたという話をよく聞きます。腰痛を改善するために始めた骨盤矯正が、腰痛だけでなく頭痛や肩こり、生理痛に冷え性、そして便秘まで解消してしまったというのです。骨盤の位置を正しくするだけで、日ごろ感じている不調を一気に改善できるかも知れません。

最近の美容界では「骨盤矯正」が大きく注目を集めています。本屋さんへ行けば「骨盤矯正」のためのエクササイズ本がたくさん並んでおりますし、整体やエステなどでも気軽に骨盤矯正の施術を受けることが可能です。便秘でお困りの方、どのような方法を使っても便秘が解消されないという方、骨盤矯正を始めてみましょう。驚くほどの効果が期待できるかもしれません。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16