便秘

どうして便秘になるのだろう?普通に生活してるのに!?

便秘というのは、お腹が張ったり、便を出してもスッキリしなかったりと、本人が不快感を持った状態ですが、ではなぜこうした状況が生まれるのでしょうか?その理由は大きく分けると生活習慣とストレス、そして女性においては生理周期に関係しています。

まず生活習慣ですが、これは主に食事が関係しています。欧米化の食生活によって、明らかに食物繊維が不足した結果、便秘に悩む人も急増しました。腸内に便が溜まると、腸内に悪玉菌が増加し、有害物質を発生させます。それが血中へと運ばれ、全身を巡ります。便秘になると、肌荒れや黒ずみを招くのもこのためです。便秘になりやすい女性にとっては大敵ですね。食物繊維の不足は、善玉菌の不足を招くことから、この憎っくき悪玉菌を増殖させてしまうのです。

また、生活習慣として、運動不足が挙げられます。適度な運動は、身体を健康に保ち、肥満を解消、第一に筋力をつけてくれます。筋力の中でも、特に腹筋は便秘解消にとても重要で、この筋力不足こそが便秘の要因の一つともいえるでしょう。脂肪を燃焼するような有酸素運動と共に、腹筋運動をすることで便秘も解消されるのです。

そして、ストレスもまた便秘の原因として大きな要素となっています。胃腸は精神的な影響を受けやすく、さらに自律神経にも影響を与えます。機能性の便秘は自律神経の乱れが関係していますから、ストレスと便秘は深く関わっているのです。仕事や家庭で人間関係などのストレスを溜めこんだ結果、便秘を招いているケースは多いものです。自分なりの気分転換を見つけ、心身ともに健康を保つことで、便秘の不快感も減るでしょう。

そして、便秘が女性に多いのは、月経との関係が大きいからです。排卵から月経前までに分泌される黄体ホルモンは、腸の蠕動運動を低下させるのです。また、このホルモンは、水分を体内に溜めこもうとするため、どうしても腸の水分不足を引き起こしてしまうのです。結果、便秘になってしまうのですね。

また、特に女性においては、外で便を出すのは恥ずかしいということから、トイレに行きたくても我慢しがちです。中には忙しい朝は出さず、外でも出来ないので、週末だけしか便を出さない女性もいるのです。これでは便秘になるのも無理はありません。水分と食物繊維をたっぷり摂って、朝にすんなりと出せるようにしたいものですね。

生理前になると便秘になるのは余計に憂鬱!なんで?

便秘は一般的に女性に多いといわれています。特に、普段はそんなことはないのに、生理前になると便秘になってしまうという女性は少なくありません。これは、女性ホルモンの影響によるものです。よく生理前になると、腹痛や頭痛、乳房の張り、また頭痛やイライラといった、様々な不快症状が現れたりすることはありませんか。こういった生理前の様々な症状は「月経前症候群」と呼ばれ、女性のほとんどが何かしらの症状を訴えるとされています。

なぜこうした症状が現れるのかというと、生理前に増える女性ホルモンである黄体ホルモンが関係しているのです。黄体ホルモンというのは、腸の蠕動運動を低下させてしまう働きがあるのです。また、この黄体ホルモンの活発な生理前は、妊娠時の状態と同様に、水分を体内に溜めこもうとするため、腸からも水分を奪ってしまいます。すると腸の水分不足によって便が固くなって、便秘になってしまうというわけです。

また、この時期には糖の代謝機能も乱れるため、つい甘いものを摂り過ぎたりと、食生活も乱れがちになります。それも便秘を引き起こす一要因となっている場合があります。ただでさえ月経前症候群によって、ストレスも溜まりがちなので、十分に気を付けたいものですね。肌荒れなどの二次災害まで引き起こしかねません。それでなくとも憂鬱な生理前の便秘は、出来れば回避したいものですね。

こうした生理前の便秘を防ぐには、まず第一に水分をたっぷり摂ることです。黄体ホルモンに対抗して、奪われる分の水分を補いましょう。特に、便秘に効果的なマグネシウムが含まれた、硬度の高いミネラルウォーターなどはさらに効果的です。また、腸の善玉菌を増やす食物繊維や乳酸菌飲料も十分に摂って、腸内環境を整えることで、腸の運動を活発にしましょう。

そして、何よりこうした毎月の症状を軽減するためには、普段から食生活などの生活習慣をしっかり管理することです。栄養バランスの取れた食事と、適度な運動、そして環境の改善によってストレスを軽減させることがとても大切であり、こうした基本的なことによって、心身ともに健康を保つ事で、生理前の便秘も避けることが出来るでしょう。

ダイエット中でも便秘は予防できる!?食べても太りにくい食べ物とは

ダイエットをする女性はとても多いですね。女性にとって細い身体は、永遠のテーマともいえるでしょう。しかし、ダイエットによって便秘になったという話もよく聞かれるのではありませんか。実際に便秘がちでダイエットも美味くいかないという経験をお持ちの方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

では、どうしてダイエットをすると便秘になるのでしょう。それはズバリ、便が作られないからです。便というのは、食べ物から栄養を取った残りカスです。ダイエットで食べる量が少なければ、便量も減るのが当たり前ですね。そして、便量が減ると、腸の働きが低下し、蠕動運動によって排出されることなく、腸内に長時間溜まってしまうのです。これが便秘の状態です。

また、人は食べ物が体内に入ることで、胃・結腸反射が起き、便意を感じるのですが、それも起きにくくなるため、慢性の便秘に陥ってしまいます。こうした腸の働きの低下は、脂肪の代謝の低下も招きます。余分な脂肪を燃やせず溜めこみやすくなってしまうのです。その結果、ダイエットしづらい身体になってしまい、残念ながらうまくいかないわけです。

こうした便秘を予防するには、食べれば良いのです。食べて便量を増やすことで解決します。しかし、それではダイエットになりませんね。ですから、食べても太らない食べ物を選べば良いのです。その代表が食物繊維でしょう。食物繊維は、胃で消化されず腸に届くため、そのままの状態で便量を増やしてくれます。また、水分を取り込んで便を軟らかくしてくれるため、排出されやすいのです。

また、同時に水分もたっぷり摂って、食物繊維の働きをさらに効果的にしましょう。便を軟らかく、腸の働きを活発にするためには、水分が一番です。カロリーを取らず、便量を増やすには、食物繊維と水分をたっぷり摂って、ダイエットを成功させながら、便秘予防も出来れば良いですね。

そして、便を排出するのに大切な腹筋を鍛える面でも、もちろん脂肪を燃焼させる面でも、適度な運動をすることをおすすめします。特にウォーキングなどの有酸素運動は、腸の働きを活発にし、さらに脂肪を燃焼させてくれるので、ダイエットと便秘予防には一石二鳥なのです。食物繊維たっぷりの適量な食事と、毎日の適度な運動で、便秘を防止しながら、ダイエットを成功させましょう。

お腹に優しいビオフェルミンで便秘薬の長所も知ろう!

食生活の偏り、運動不足、ストレスなど、現代人には便秘の要因が日常に溢れています。生活習慣病として、便秘に悩む人は大変多いことでしょう。出来れば食生活の改善などで自然に解消・予防出来れば一番です。しかし、そうはいってもなかなかうまくいかないのが現状でしょう。

そこでまずたよりになるのがサプリメントではないでしょうか。しかし、あくまでも食事で摂り切れない栄養分を補うためのものなので、速攻性や強い効き目は期待出来ません。もちろん、少しずつ体質を変えて行くのがベストですが、ひどい便秘が続いている状態では、身体にも悪影響がありますし、ストレスも溜まります。そんな時は便秘薬を使用した方が良いでしょう。

そこでおすすめなのがビオフェルミンです。CMでもおなじみなので、一度は耳にされたことのある名前でしょう。便秘薬は数多くありますが、このビオフェルミンは、下剤としての働きよりは、整腸剤としての働きを重視しています。子どもでも飲めるほどの、お腹に優しい薬なので、便秘の解消だけでなく、予防にも活用出来るのです。

このビオフェルミンの主成分は、ピコスルファート・ビフィズス菌・ラクトミンです。ピコスルファートというのはナトリウム水和物であり、腸内細菌によって活発化され、腸の蠕動運動を促進します。また、腸の水分吸収を抑えて、便の通りを良くしてくれます。ビフィズス菌とラクトミンは、よく知られる通り乳酸菌の仲間です。善玉菌を増やして腸内細菌を活性化し、蠕動運動を活発化します。また、便のカサを増やし、柔らかくする効果もあります。

主成分をご覧になってお分かりのように、便を出す作用よりも、整腸作用を目的としています。それが、数ある便秘薬の中でも、このビオフェルミンがおすすめだという理由です。出来れば飲まずに済ませたい便秘薬だからこそ、出来るだけ副作用が少なく、身体に優しいものを選びたいですね。

しかし、このビオフェルミンも薬には違いありません。用法や使用注意を良く守り、副作用などにも十分に注意しましょう。そして、あくまでも便秘解消・予防には食生活の改善が主役だということを忘れずに、常用したり、依存したりしないよう心掛けましょう。

便秘薬の不安要素もミヤbmなら最小限に!酪酸菌の力で自然な効き目を

食事などでは解消されない頑固な便秘には、便秘薬を使用するしかありません。長く続く便秘は、薬による副作用よりも、さらに身体に悪影響を及ぼしてしまうからです。そこで、乳酸菌が主成分のビオフェルミンをおすすめしましたが、もうひとつ、酪酸菌を主成分とするミヤbmという薬もおすすめいたします。

このミヤbmは、酪酸菌の芽胞を調剤したもので、胃酸で死滅せずに腸で発芽するため、効果が高いのが特徴です。本来は、抗生物質などによる下痢防止などによく使用される薬です。抗生物質などを服用すると、腸内細菌をも死滅させてしまうので、腸内環境が悪化し、腐敗などを引き起こします。そこでそういった悪環境や腐敗を抑えるために、このミヤbmが一緒に処方されるのです。

つまり、それだけ腸内環境を整えてくれる薬だといえます。具体的には、善玉菌を補い、悪玉菌を抑えることで、腸の働きを活発にしてくれるのです。正式にはミヤサリンという名前のこの「ミヤ」は、宮入菌が主成分であるところからネーミングされています。

ビオフェルミン同様、下剤というよりは、整腸剤であり、便秘だけでなく、下痢の場合にも使用されます。強力な効き目というよりは、優しい効き目であり、あくまでも腸内環境を整えることを目的としています。ですから身体に負担を掛けずに便秘を解消してくれる強い味方なのです。長く続く便秘なら、我慢するよりこういった薬を飲んで解消した方が、何倍も身体に良いといえるでしょう。

ただし、やはり薬には副作用があり、このミヤbmも例外ではありません。ひどくなったら飲めば良いという姿勢ではなく、まずは食生活の改善などで便秘を解消・予防し、それでも解消されない時だけ、使用するようにしましょう。それは他の便秘薬全部に言えることであり、とても大切なことです。

あくまでも、便秘の解消・予防法は、腸内環境を整える食物繊維や乳酸菌を食べ物から摂ることから始まります。欧米化された食事ではなく、和食を心掛け、肉中心から野菜中心の食事に改善し、適度な運動もプラスしながら、最後の手段としてミヤbmなどの薬を使用するのが正解なのです。

赤ちゃんだって水分不足で便秘になる?砂糖水や果汁で効果的に予防を

大人と同じように、赤ちゃんも便秘になりますが、便秘の原因も大人同様です。一番の原因となるのは水分不足でしょう。しかも赤ちゃんは、大人より身体の水分量が多く、しかも代謝が激しいため、脱水状態になりやすいのです。

生後4~5か月の赤ちゃんは、母乳とミルクから栄養を摂っているので、本来であればそれだけで水分も足りるものです。しかし、母乳やミルクの不足で便秘になった場合などは、うんちが出にくくなってしまいます。そんな時は、白湯・砂糖水・麦茶などを与えましょう。特に、砂糖の糖分には整腸作用があり、腸の蠕動運動を活発にする働きがあります。甘くて飲みやすいので、赤ちゃんもよく飲むと思います。

また、生後5~6か月が過ぎると、離乳食が始まりますね。すると、今まで母乳やミルクで摂っていた水分が不足し、便秘になる赤ちゃんは多いものです。この時期になると、白湯や砂糖水の他にも、ベビー用イオン水・野菜スープ・果汁などがおすすめです。特に果物にはペクチンという水溶性食物繊維が豊富に含まれているので、便を柔らかくして、腸の働きを活発化してくれるのです。食べ物の味に慣れてきた赤ちゃんにとっては、白湯や砂糖水よりは、こうした物の方が飲みやすいと思います。

水分をたっぷり摂ることは、便秘の解消だけでなく、健康を保つにもとても大切です。お風呂上りや外出時、特に夏の暑い時などは、十分に水分を与えて、水分不足による便秘などを防ぎましょう。とはいえ、与え過ぎると下痢になってしまうので注意が必要です。

そもそも赤ちゃんの排便リズムは様々なので、便秘かどうかを見極めるのも難しいと思います。赤ちゃんは言葉がしゃべれないのでなおさらですね。ですから、急に排便の回数が減ったとか、機嫌が悪いとかいったことを目安にし、お腹の張った様子や排便時に痛そうな様子が見られたら、早めに水分補給をしてあげてください。

子どもの便秘要因である運動不足の解消は、ライフスタイルの改善から

便秘の主な要因には、偏った食生活水分不足が挙げられますが、もうひとつ重要な問題として、運動不足があります。忙しい現代人にとって、運動をする時間は減り、さらにライフスタイルの変化によって、歩くことも少なくなりました。こうした運動不足からも、便秘は引き起こされるのです。

こうした生活や環境の変化による運動不足は、子どもにおいても大きく影響しています。外遊び出来る場所が少なくなったうえに、ゲームの普及によって、家で遊ぶ時間が増えています。これは学校においても同様で、休み時間に校庭で遊ぶより、教室に居る子どもが増えているのです。

こうした生活によって、運動不足になり、子どもの体力と運動能力は年々低下しているといわれています。子どもの時期の運動は、大人になってからの運動習慣や、身体能力にも大きな影響を及ぼすので、本当はとても大切なものなのです。子どもは遊ぶ事が仕事だとは、良く言ったものです。

そして、この運動不足こそが、食生活に次いで、便秘の要因になっているのです。それは何故でしょうか。運動不足になると、腹筋が低下します。腹筋は、便を外に押し出す際に重要な働きをするものなので、腹筋の低下によって、便を排出出来ず、便秘になってしまうのです。また、筋力の低下は、内臓にも及び、腸の蠕動運動の低下にもつながります。外だけでなく、身体の中からも便秘となる悪影響があるわけです。

また、運動することで、ストレスの発散や、規則正しい生活をすることが出来ます。ストレスや睡眠不足、食事にも効果的な働きをしているのです。ですから、運動不足になると、心身ともにバランスが悪くなり、便秘を引き起こすという悪循環を生むのです。

環境の問題もありますが、子どもには出来るだけ外で遊べる機会を作ってあげましょう。それには、家族のライフスタイルを改善する事が必要です。車よりは電車や自転車での外出を心掛けたり、休日にはアウトドアスポーツを一緒に楽しむなど、子どもの運動不足を解消しましょう。

ナッツ類は便秘に良いのか悪いのか?その真実はいかに!

アーモンドやピーナッツなどのナッツ類を食べると、便秘が解消されるという話をお聞きになったことはありませんか。しかし、反対に、便秘に良くない食べ物の中にも含まれていることが多いのです。一体どっちが本当なのでしょうか。

ナッツ類の中でも、特にクルミは長寿で有名な西太后が食べていたことでも有名な美容食です。主な成分として、脂肪分・タンパク質・ビタミン類・ミネラルと、バランスの取れた栄養分を含む健康食であることは間違いがありません。

しかも、クルミの脂肪分はリノール酸やαーリノレン酸などの不飽和脂肪酸の植物性脂肪酸であり、血中・体内の老廃物を排除してくれることから、動脈硬化・老化の予防・防止に効果があります。また、ビタミンBには新陳代謝を活発にしてくれる働きもあるので、様々な生活習慣病に効果的だといえますね。

便秘に関していえば、食物繊維が豊富であり、便を潤してくれる効果があることから、便秘解消に良い食べ物だとされています。しかし、いくら植物性とはいえ、油脂類を多く含むため、カロリーも高く、消化が悪いのが事実です。特に、食べ過ぎると腸に長く留まってしまい、腸内環境を悪化させてしまうのです。結果、便秘を引き起こすため、便秘に悪い食べ物の中にも挙げられているわけです。

クルミの次に名前が挙がるピーナッツもほぼ同様です。やはりたんぱく質・ビタミン類・ミネラルが豊富なバランス栄養食なのですが、油脂類が多く、高カロリーで、消化が悪く便秘を引き起こしてしまします。さらにピーナッツの場合、渋柿などに含まれる渋みの成分タンニンが含まれていることから、腸の蠕動運動を低下させることで、さらに便秘には良くないといえるでしょう。

つまり、栄養豊富で、食物繊維も豊富なナッツ類は、適量を食べるのであれば、便秘はもとより、あらゆる生活習慣病に効果ある健康食ですが、食べ過ぎると、便秘や肥満を引き起こすものでもあるというわけです。良いとされるものでも、決してそればかり食べるのは良くないということですね。あくまでもバランスが大事だということです。栄養バランスの取れた食事が何より大切だということを第一に考えましょう。

ブームのプチ断食は便秘にも効果!大腸の清掃と整備をして便秘解消を

最近のブームであるダイエットの目的で、よく聞かれる断食、もしくはプチ断食。皆様も目にされたことがあるのではないでしょうか。断食といっても。プチが付く位ですから、全く食べないというものではありません。もちろん1~2日ほど何も食べない本格的な断食もあり、もちろんこちらの方が効果が高いと言えますが、なかなか出来るものではありませんね。

ところでこの断食は、便秘の解消に良いことでも知られています。現代人は、欧米化による食生活の変化で、肉・脂肪の多い食事中心の、飽食状態です。お腹の中の食べ物が消化されないうちに、次々と食べている状態であることが多いのです。このように、消化の悪い食事を次々と送り込まれることで、胃腸が酷使され、大変な負担が掛かってしまいます。

ですから、腸を休ませて善玉菌の働きを活発にすることで、便秘の解消につながるのです。腸内環境を整えるわけですね。また、食生活以外にも、生活習慣の乱れやストレスなどによって、腸内には悪玉菌が増加すると、腸に便が溜まり、有害物質を発生させます。この有害物質は血液を通して全身を巡り、肌荒れや頭痛などの様々な悪影響を及ぼしてしまいます。

そこで、断食によって便秘を解消し、腸に溜まったカスや便を排出することで、この有害物質の毒素も抜けますし、血管内の老廃物や脂肪も排出されるのです。身体中を清掃するといったイメージでしょうか。

では具体的にこのプチ断食の方法ですが、最も手軽に出来るのが週末断食です。大体この断食は半日~3日ほどのものが多いのですが、働いている平日はなかなか実行しにくいため、食事の融通がつく週末にしようというわけです。断食といっても全く食べないというわけではなく、朝ご飯を食べずに、野菜やフルーツで作ったジュースや水だけを摂ります。

こうして週末だけ朝のジュースのみで過ごしたり、半日や一日だけジュースで過ごしたりするのが最もポピュラーな方法です。ただ、慢性の便秘の方であれば、朝食代わりのジュースを毎日続けるのも効果があります。本来、便秘の解消には朝食をしっかり摂って、朝の排便を心掛けることが大切ですが、これは腸の蠕動運動を活発にするためのものであり、ジュースや水でも効果は同じなのです。

あと、前途の通り、断食の目的は腸内の善玉菌を増やすことですが、それには食物繊維プラス乳酸菌の両方を摂ってこそ、腸内において効果があるものです。乳酸菌だけ摂っても、胃で吸収されて腸に届ない場合があるからです。ですから、野菜ジュースだけでなく、ヨーグルトや乳酸飲料なども取り入れて、自分なりに効率の良い断食法を見つけるのも良いですね。無理なく楽しみながらプチ断食で便秘を解消しましょう。

美容に大敵な便秘の解消は生活習慣の改善で!

便秘が美容に悪いということは、誰でもなんとなくご存知だと思いますが、それは何故でしょうか。便秘になると、腸の代謝は悪くなります。すると、全身の代謝が悪くなり、排出されるべき脂肪や水分などの老廃物が排出されにくくなってしまいまいます。腸というのは、脳からの指令を受けずに自ら動いていて、食べ物の栄養分を吸収し、不要な物を排出する働きをしているのです。つまり、身体全体の健康をコントロールしているわけですね。

このような代謝の悪さから老廃物を溜めこむと、太りやすいばかりか、むくみやたるみの原因にもなります。これが便秘が美容に悪いといわれる最大の原因ではないでしょうか。老化にもつながる、女性には深刻な問題だといえるでしょう。

また、便秘によって腸に便が長時間溜まると、悪玉菌が増え、有毒ガスが発生します。この有毒ガスは、腸壁から血液のながれに乗って全身を巡ります。すると、肌荒れ・にきび・頭痛・肩こりといった全身の症状を引き起こします。特に有毒ガスが肌にあらわれる肌荒れやにきびは、女性の美容にとっては大敵ですね。

もちろん腸内に有毒ガスが溜まると、当然お腹が張り、お腹がポッコリと出てしまいます。こうした症状も、スタイルを気にする女性にとっては大変気になる問題でしょう。このように、便秘は女性の美容にとって、百害あって一利なしなのです。

こうした便秘の悪影響を受けないためにも、栄養バランスの取れた食事を心掛けましょう。特に、便の量を増やし、便を柔らかくしてくれる食物繊維や、腸内環境を良好に保ってくれる乳酸菌などをたっぷり摂って、腸の働きを活発にしましょう。腸が元気であれば、全身が元気であり、もちろん健康と美容に最適な状態になります。

そして、便秘の要因ともなるストレスも溜めこまないようにしましょう。ストレスが溜まると、自律神経が乱れ、腸の働きが低下します。ストレスの原因を取り除いたり、気分転換でリラックスを図ることで、ストレスを軽減することが大切なのです。

生活習慣を改善して、美容に大敵な便秘を予防・解消し、美容のみならず、健康にとっても最高の状態を心掛けましょう。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 >