便秘

家族揃って便秘体質!やっぱり食事が悪いのですか?

便秘というのは、主に食生活などの生活習慣や、ストレスなどが原因で引き起こされますが、中には両親ともに便秘なので、便秘は遺伝するのではないかと思われている方が多いものです。実際、お医者さんの中には、便秘症は遺伝であるとおっしゃる方もいらっしゃいます。本当に便秘は遺伝するのかと聞かれれば、半分はイエスであり、半分はノ―といった感じでしょうか。

ではまず、イエスの部分ですが、これは腸の長さや形によって便秘になりやすい場合があるからです。腸が長かったり、ねじれていたりすると、便が溜まって便秘になりやすいのです。こうした腸の長さや形は遺伝することも多いため、ある意味便秘も遺伝するといえるでしょう。

また、肥満体質というのも、便秘には関係しています。肥満であると、便秘になりやすいからです。この肥満体質は遺伝であることも多いため、こうした面からも、便秘が遺伝とは無関係であるとは言えないのです。また、便秘の原因となる糖尿病や甲状腺機能低下症などは、遺伝によって起こる場合もあり、こうした遺伝性の病気が原因の便秘も、やはり遺伝であると言わざるを得ないでしょう。

しかし、便秘の大部分は機能性のものであり、生活習慣病といっても過言ではありません。家族中が便秘ということであれば、それは遺伝というよりは、食生活などの生活習慣が同じだということが原因でしょう。不規則な食生活であったり、食物繊維が不足しがちな食生活を送っているかもしれません。生活自体のリズムも悪いかもしれませんし、生活環境によるストレスが原因かもしれません。

同じ場所で寝食を共にしているのですから、体質も似てくるのは当然ですし、便秘を引き起こす原因も同じようにあるといえるのです。まずは食物繊維たっぷりなバランスの良い食事を心掛けること、そして規則正しい生活と適度な運動をするといった生活習慣の改善と、ストレスを軽減させるなどの生活環境の改善が大切です。たとえ便秘の原因に遺伝による部分があったとしても、こうして心身ともに健康を保つことでクリア出来るでしょう。

サプリメントは便秘解消の強い味方!でも薬は最後の手段です

皆さんも一度は便秘の経験がおありだと思います。ただ便が出ないというだけではなく、様々な不快感が伴うこともご承知ではないでしょうか。お腹の張りや残便感はもちろん、肌荒れ・頭痛・肩こりといった全身症状まで表れますね。これは、腸内に長い時間溜まった便から有毒物質が発生し、血液を通して全身を巡ってしまうことによります。また、自律神経との関わりも深いため、双方が要因となり、こうした様々な不快症状を生んでしまうのです。

便秘はいわゆる生活習慣病ですから、便秘を解消するには、生活習慣の改善が一番です。「規則正しい生活」、「栄養バランスの取れた食事」、「適度な運動」が最も便秘に対抗出来る対策です。しかし、毎日の忙しい生活において、これらをキチンと実践するのは大変です。わかってはいても、なかなか時間の余裕が無いのが現実でしょう。そこで、せめて栄養面だけでも補えればとお勧めしたいのがサプリメントです。

便秘の解消には、食物繊維や乳酸菌がとても役立ちます。どちらも腸内環境を整えるのに、とても重要な成分だからです。ですから、食物繊維の豊富な野菜や果物、海藻やキノコ類、また乳酸菌の豊富な飲料、キムチや漬物などでたっぷり摂るのが理想です。しかし、外食などが多くて、不足しがちな方も多いのではないでしょうか。そうした時に、サプリメントで気軽に補うことで、少しでも腸の働きを保持したいものですね。

ここで重要なのは、サプリメントと薬の違いです。薬というのはいわゆる便秘薬ですね。毎日TVコマーシャルで見ないことはないほど、便秘薬というのは各メーカーからたくさん出ています。選ぶのに迷ってしまう程ではないでしょうか。このようにあまりに簡単に受け入れられてしまっている便秘薬というのは、つまり下剤です。そして、サプリメントとは下剤ではなく、あくまでも腸内環境などを整える補助食品です。この二つの境目はなかなかわかりにくい場合もあるので注意しましょう。

生薬配合や、センナなどの成分は、サプリと漢方にもありますが、実は医薬品であったり、センナのように常用すると副作用がある成分は、やはり医師や薬剤師との相談が必要です。サプリメントとは違い、下剤である薬には、様々な弊害もあるものです。例えば、お腹が痛くなったり、常用することで効かなくなり、悪循環や悪化を招きます。こういったご経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ですから、まずは食生活などの生活習慣を改善し、それがどうしても出来ない時にサプリメントで補い、それでも解消されず、不快症状がストレスになるほどでしたら、そこで初めて便秘薬を服用するようにしてください。薬に頼るのは良くありません。サプリメントと薬の違いを理解して、出来ればより自然な形で便秘を解消することが大切なのです。

便を押し出す腹筋を鍛えれば腸も活発に!筋力アップで便秘予防を

便秘になるのは、女性が圧倒的に多いのはいうまでもありません。それは、ホルモンの影響やストレス、ダイエットなど、原因となる要素が多いためでしょう。その中でも大きな要因となっているのが、運動不足や加齢などによる腹筋力の低下です。こうした筋力の衰えによって起こる便秘を弛緩性便秘といい、女性の中で最も多い便秘ともいえます。

便は腹圧によって押し出されます。ですから、腹筋は排便をするのにとても大切で、必要なものなのです。また、腹筋が緩んでいると、超の働きも低下しています。腹筋を鍛えることで、腹部の血行が促進され、腸の働きも高まるのです。つまり腹筋が弱いと、腸の筋肉も弱って、蠕動運動が低下してしまうのです。

ですから、普段から腹筋を鍛えることは、便秘予防にとても効果的です。特に、筋力の弱い女性や、年配の方などは、是非積極的に鍛えましょう。具体的に腹筋を鍛えると言うと、まず仰向けになって上半身を起こす腹筋運動が思い浮かぶことでしょうが、いきなりはなかなか出来ませんね。無理して腰を痛めてしまっては逆効果です。

そんな腹筋運動が無理な場合は、起きあがらなくとも、仰向けの状態で足を少し持ち上げるだけでも十分です。お腹がプルプルと震える程度まで頑張って耐えてみましょう。段々長い時間耐えられるようになるはずです。それが、腹筋が鍛えられた目安となります。もちろんある程度腹筋力のある人などは、上半身を起こして、無理の無い程度に回数を増やしていくのも良いですね。

また、腹筋は全身の筋力を鍛えることでも鍛えられます。しかも、便を押し出すのには、意外に全身の筋力も使うものです。そのため、便秘予防には全身運動も効果的でしょう。
特に、内臓を鍛え代謝を良くする有酸素運動なら、便秘のみならず、健康と美容にも良い効果があり一石二鳥です。気軽に出来るウォーキングなどを毎日の習慣にしてみてはいかがでしょうか。

こうした適度な運動は、便秘を始め、様々な生活習慣病の要因ともなっているストレスの軽減にも役立ちます。腹筋、また全身の筋力アップをすることで、便秘予防、さらにはあらゆる生活習慣病を予防し、心身ともにストレスフリーな毎日を送りましょう。

うんちが硬いと痛くて我慢・・それがさらに便秘を悪化させるのです

子どもというのは、自分が便秘であるということを、なかなか気付きにくいものです。どんな状態を便秘というのか分らないので、もっともなことです。ですから、便秘がかなり悪化して、お腹が張って苦しかったり、お腹が痛くなって初めて、周りに訴えてわかることが多いのです。

しかし、このように便秘が進んだ状態になると、便が固くなり、出すのが苦しかったり、お尻が切れて痛かったり、出血したりと、排便自体が困難になります。すると、排便時の痛みを恐れて、子どもはうんちをするのを我慢してしまうのです。

こうした我慢を続けると、そのうち便意を感じることも無くなってしまい、さらに便秘の要因となります。食べ物が胃に入ると、胃が刺激され、腸へ信号が送られます。すると、腸は蠕動運動を開始し、大脳に排便しろと命令がなされるのです。これを胃・結腸反射といいますが、便意を我慢し続けると、そのうちこの命令が送られなくなってしまうのです。

また、痛みの為に排便を我慢していると、腸に便が長時間溜まることで、便の水分はどんどん無くなり、さらに硬くなってしまいます。するとさらに排便が痛く困難になるという、悪循環になってしまうでしょう。

こうした悪循環にならないためには、まず子どもの便秘に早く気付いて解消してあげることが大切です。うんちの回数や状態をよく把握し、便秘になっていないかをまめに確認しましょう。そして、普段からバランスの取れた食事と規則正しい生活心掛け、便秘にならないようにすることも大事です。

特に、朝に朝食と水分をしっかり摂り、排便の時間を作るなど、排便リズムを整えてあげることで、便秘を避け、便が硬くなってしまわないように気を付けてあげてください。そして、便秘になってしまったら、食物繊維乳酸菌普段以上に与えて解消してください。それでも長く続くようであれば、便がさらに硬くなってしまわないうちに排便出来るよう、サプリメントを利用するのも良いでしょう。

赤ちゃんの便秘も生活習慣のが一番の原因!生活リズムが大事です

便秘というのは生活習慣病ですが、それは赤ちゃんにとっても同じであり、赤ちゃんの便秘の要因も生活習慣によります。生活習慣というのは、具体的には、食事・運動・睡眠・ストレスなどです。では、赤ちゃんの便秘の要因となる生活習慣とは、どんなものでしょうか。

まず、一番大きな影響があるのが母乳・ミルク離乳食です。母乳の場合での一番の原因は、摂取量の不足です。どれだけ飲んだかわからない母乳は、足りていないことが多いものなのです。また、母乳は消化吸収が良いため、便の量が少なくなり、便秘になることもあります。反対に、飲み過ぎが原因ともなるのがミルクです。また、メーカーによっては便が硬くなることもあるので、変えてみるのも良いですね。水分不足も考えられるので、少し薄めに与えたり、白湯などを飲ませてみるのも方法です。

離乳食を食べる時期になると、食事量に加え、栄養バランスが問題になってきます。食物繊維乳酸菌を豊富に摂れるような食材を選んで、与えてあげましょう。ヨーグルトやイモ類、豆類、バナナなどは、離乳食に使いやすいでしょう。この時期は水分不足になることも多いので、野菜スープや果汁、砂糖水なども、食事の妨げにならないよう与えると良いでしょう。

また、食事の内容だけでなく、規則正しい時間に与えることも大切です。規則正しい生活は、生活リズムを整え、それによって自律神経をも整えてくれます。さらに食事に加えて、睡眠時間も規則正しくしましょう。早寝早起きの十分な睡眠時間を作ってあげることで、便秘の解消はもちろん、健やかな成長を促すのです。

そして、食事と睡眠の次に便秘の要因となるのが運動不足です。赤ちゃんは自分ではなかなか動けないですから、お母さんが足を動かしてあげたり、動かすと音の出る玩具を与えるなどして、運動出来る工夫をしましょう。ベビーカーでの散歩だけでも運動不足は解消されます。昼間に運動させることで、夜に良く眠れるという生活リズムもつくでしょう。

もう一つ、便秘の要因となる生活習慣として、ストレスも考えられます。便秘によって、便が固くて出にくいと、痛くて我慢してしまい、それがストレスとなる悪循環もあります。また、旅行などに行って便が出なくなるなど、赤ちゃんは生活習慣の変化を敏感に感じ取って、便秘になるものです。

便秘の基準は赤ちゃんによって様々で、2~3日出ないからと言って便秘とは限りません。体重増加や機嫌の良さ、うんちをする時のいきみ具合によって判断しましょう。もし便秘気味であれば、バランスの良い食事・十分な睡眠・適度な運動運動を心掛け、生活リズムを整えることによって、便秘の予防・解消をしてあげてください。

子どもが痛がるほどの便秘なら、病院への早めの受診がおすすめです

子どもというのは、自分が便秘だとなかなか気づかないものです。ですから便を溜めこんでしまう場合が多く、その結果腸が伸びてしまうと、便意を感じなくなって、慢性化してしまいます。もちろん便秘も進んで、ひどくなります。かなり便がたまって、便意を感じる時には、便が硬くて排便が困難な状態になってしまうのです。こうしたひどい便秘になって初めて、腹痛を訴えて病院に行く場合が多いのです。

こうした子どもの便秘には、食事に気を付けることが一番です。食物繊維乳酸菌を意識的にたっぷり摂り、野菜中心で、栄養バランスの良い食事を心掛けましょう。それでも便秘になりがちな場合は、オリゴ糖などのサプリメントをプラスして、予防・解消するのも効果的でしょう。

しかし、場合によっては便秘が重症化して、食事やサプリメントでも改善出来ない場合は、病院への受診をおすすめ致します。便秘といっても、何日も出ない場合はもちろん、コロコロのうんちが少量しか出ない場合や、苦しそうにいきまなければ出ない場合、また、便を出す時におしりが切れて痛がる場合なども同様です。痛くてつらい思いをするのは、便秘への悪循環となります。子どもが痛い思いをする前に、病院を受診しましょう。

市販薬を使用するのも良いのですが、やはり子どもの体質や便秘の状態に合った薬や治療をしてもらうのが一番です。便秘薬と言っても色々な種類がありますから、お医者さんに処方してもらうのが安心ですね。子どもの便秘で処方される薬には、酸化マグネシウム・ラキソベロン・センノシドなどがあります。

酸化マグネシウムはうんちをやわらかくして、排出しやすくする効果があります。ラキソベロンは、腸を刺激して、蠕動運動を活発にすることで、排便を促す効果があります。刺激性の便秘薬の中でも、優しい効き目で、液状のシロップもあることから、子どもの便秘薬としてよく用いられます。そしてセンノシドはうんちを押し出す効果があります。

こういった緩下剤・下剤が効かない場合は、浣腸をする場合もありますが、浣腸をして無理に便を出すことは、即効性はあるものの、子どもにとってはつらいので、なるべく避けたいものですね。どちらにしろ、病院に行かなければならないほど重症の便秘にならないことが大切です。

毎日の規則正しい生活と栄養バランスの取れた食事を心掛け、食物繊維や乳酸菌をたっぷり摂らせ、キチンとした排便リズムを身に付けさせてあげましょう。

寒天はダイエットだけじゃない!?実は便秘解消の実力派なのです

寒天と言えば、ノンカロリー故にダイエット食として有名ですね。確かに栄養素もあまりなく、それでも満腹感を得られる寒天は、ダイエットに最適でしょう。しかし、ダイエット以外にもその効果が高く評価されています。それは便秘解消です。寒天は天草などの海藻類の粘液を凍らせて乾燥させた紅藻類が原料で、いわば海藻の成分を凝縮させたものです。

海藻類には食物繊維が豊富なのはご存知だと思います。寒天にはアガロースやアガペクチンという食物繊維が豊富に含まれている他、マグネシウムやカルシウムも含まれています。寒天は不溶性食物繊維が主成分なので、消化酵素で分解されずに大腸に届きます。そして大腸で水分を吸収して、便の量を増やし、その保水力によって便を柔らかくしてくれます。さらに、老廃物なども取り込んで排出してくれるので、まさに便秘に効く食べ物の優等生なのです。

ただ、水分を吸収する性質上、体内の水分を奪ってしまうので、水分も一緒に十分摂りましょう。寒天はゼリーの原料として有名ですが、他にも工夫次第で、色々な摂り方が出来ます。まずは、粉末状のものがおすすめです。粉末の寒天を料理やお茶に入れるのが、一番手軽な方法でしょう。棒寒天なども、お米を炊く時に、適当にちぎって炊飯器に入れるだけで普通に炊けます。つやつやで美味しいご飯になりますよ。

このように、毎日の食生活に手軽に取り入れることによって、便秘に効く食べ物である寒天の効果を活用しましょう。便秘の解消・予防には間違いなく効果てきめんです。

難消化性デキストリンとは?頑固な便秘に繊維の力を補おう!

頑固な便秘に苦しんでいる方の中には、「難消化性デキストリン」という名前をお聞きになったことがあるのではないでしょうか。これは一体どんなものかというと、読んで字のごとく消化されにくいデキストリンであり、デキストリンというのは、数個のαーグルコースが結合した物質であり、デンプンの一種です。具体的には、トウモロコシやジャガイモなどの天然穀物を加熱処理後、アミラーゼで分解し、難消化性分を取り出し調整したもので、水溶性の食物繊維です。

食物繊維というのは、胃腸を通過する際に余分な物を吸着・掃除してくれる大切なものですが、欧米化の食生活によって、現代の日本人には不足しがちです。そこで食物繊維を補うため作られたのが難消化性デキストリンであり、特定保健用食品に認定されています。耐熱性・耐酸性に優れているため、食材素材として活躍する他、ダイエット食品やジュースにも使用され、サプリメント以外にも摂取できます。また、安全性や副作用についても問題は認められていません。

この難消化性デキストリンというのは透明な水溶液ですが、体内に入ると水分を取り込んで粘性の高いグル状となります。小腸でブドウ糖を吸収し、糖の吸収スピードを遅らせてくれるため、食後の急な血糖値の上昇を防いでくれます。また、脂肪の吸収スピードを遅らせ、内臓脂肪を低減する働きがあります。そしてミネラル吸収も促進します。つまり、便秘ばかりでなく、糖尿病の方や、肥満の方にも大変有効な成分なのです。

そして、便秘に良いとされる働きが、この難消化性の持つ整腸作用です。消化されにくいデキストリンは、上部消化管では消化されずに大腸に達します。さらに水分を抱え込んで保持しているため、便量を増加させ、柔らかくすることで、腸での滞在時間が短くなるのです。また、腸内の善玉菌を増やしてくれる働きもあり、よく知られるビフィズス菌や乳酸菌がこれにあたります。

このように便秘に効果的な分、摂り過ぎると便がゆるくなる場合もあるので、その点だけ注意しましょう。天然成分から出来ているため安全性も高いですし、身体にとって大切な食物繊維を補うには最適とも言えます。もちろん食事から摂るのが一番ですが、外食など、不規則な食生活やを補うのに活用してみるのも良いでしょう。頑固な便秘の方はお試しあれ。

プルーンとオリゴ糖で便秘知らず?赤ちゃんに与えたい万能選手です

赤ちゃんの便秘に良い物として、よく名前が挙がるものに、プルーンとオリゴ糖があります。では、この二つが赤ちゃんの便秘解消に人気な理由を説明致しましょう。まずはプルーンです。プルーンは、プラムの一種であり、ミラクルフルーツと呼ばれるほど、美容と健康に効果があるとされています。それは、ビタミン類・ミネラル・鉄分が豊富に含まれているからです。

そして、このプルーンが便秘に効く理由としては、食物繊維が豊富であるということです。特にペクチンという水溶性食物繊維は、体内においてグル状となり、便量を増やして、腸を刺激し、便意を促してくれます。また、プルーンには不溶性食物繊維も含まれるため、水分を含んで便を柔らかくし、腸内の有害物質を絡め取って、便と一緒に排出してくれる働きもあるのです。

また、プルーンにはソルビト―ルという成分が含まれており、この成分が腸の蠕動運動を活発にし、便通を良くしてくれます。同じような働きのカリウムやカルシウム、マグネシウムなども含むため、かなりな相乗効果が期待出来るでしょう。これが、プルーンが便秘解消に人気の秘密なのです。

水分が飛んで栄養分が凝縮されているため、生よりはドライプルーンの方が食物繊維などの栄養価は高いのですが、赤ちゃんの場合にはどうしても食べにくいため、潰してヨーグルトに混ぜたりして与えてください。また、まだ離乳食を始めたばかりの赤ちゃんであれば、エキスを薄めて飲ませたり、プルーン果汁を飲ませてあげるのが良いでしょう。

次にオリゴ糖です。そもそもオリゴ糖は母乳に含まれているものです。そして、生まれたての赤ちゃんの腸内の90%以上は、ビフィズス菌が占めています。ビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖を母乳から摂ることで、赤ちゃんはさらに腸内を善玉菌で保っているのです。

善玉菌は、便秘の要因となる悪玉菌を抑制し、蠕動運動を活発にしてくれます。また、免疫力をアップさせる働きもある大切なものです。ですから、それを増やしてくれるオリゴ糖が便秘に大活躍してくれるというわけです。さらにオリゴ糖は、消化酵素で分解されずに腸に届くため、その効果も高いといえます。

オリゴ糖は「てん菜」を粉末状にしたもので、砂糖と同じように使用します。お砂糖の代わりに離乳食に混ぜたり、離乳食前の赤ちゃんには、白湯に溶かして飲ませたり出来ます。味に癖のあるプルーンと違って、甘味のみで、味に癖が無いため、プルーンが苦手な赤ちゃんにも与えやすい食品でしょう。

便意は蠕動運動による大脳からの大切な命令・・無視すると危険です

トイレに行きたくなるには、便意を感じた時ですね。しかし、便意を感じたからといって、いつでもどこでもすぐにトイレに向かえるとは限りません。外出先でトイレが近くになかったり、出かける直前で時間がなかったりと、便意を我慢しなければならない場面は意外に多いものです。さらに女性においては、恥ずかしくてなかなか外出先ではトイレに行けない方もいらっしゃいます。

しかし、こうしてせっかく感じた便意を我慢していると、やがて便意を感じなくなってしまい、慢性の便秘に陥ってしまいます。女性に多い直腸性便秘です。お尻の筋肉組織は、内肛門括約筋と外肛門括約筋がありますが、自分の意志ではコントロール出来ない内肛門括約筋と違って、外肛門括約筋はコントロール可能なため、排便は我慢出来てしまうからです。

では、便意がどのように起こるかというと、まず食べ物が胃に入ると、胃が刺激されて大腸に信号を送り、すると今度は大腸が伸縮し、便を直腸へ送ります。すると大脳に排便をしなさいと命令が送られ、便意を感じるのです。つまり、食べ物が入ることによって胃・結腸反射が起きて、さらに腸の蠕動運動によって便意が起きているのです。

こうして起きる便意を、我慢して無視し続けると、大脳に命令が送られなくなってしまい、直腸反応が起きなくなってしまいます。すると便意を感じなくなってしまい、便秘になるわけです。

ちなみに便意が起きた時に波があるのを感じたことはありませんか。下痢の時などに感じるこの便意の波は、大体20分のサイクルであるとされていて、ストレスなどで過敏性腸症候群の方にとっては非常に困るものでもありますね。この便意のサイクルももちろん腸の蠕動運動によるものです。

また、余談ですが、本屋さんや図書館に行くと便意をもよおすという話を耳にすることがありますね。これは、本当でしょうか。紙やインクに匂いが原因であるとか、本を読むことでリラックスするためであるとか言われていますが、はっきりした根拠はありません。ただ、これだけよく言われるということは、蠕動運動に影響するような物質が何かあるのかもしれませんし、ただ単に条件反射的なものかもしれませんね。

話はそれましたが、とにかく便意を感じること、そして便意を感じたらなるべく逆らわずにトイレに行くことが大切であり、腸に長時間便を溜めることは避けましょう。有毒物質を発生させ、血液を通じて身体中を巡ることになってしまいます。肌荒れ、頭痛などの原因にもなってしまうのです。朝食をきちんと摂り、時間に余裕を持って早起きすることで、毎朝のトイレタイムを確保し、便秘を解消しましょう。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 >