ヨーグルトの便秘解消効果

腸内環境の改善はやっぱりヨーグルトで決まりです!

便秘に効く食べ物と言ったら、まず思い浮かぶのがヨーグルトではないでしょうか。そして乳酸菌という言葉も同時に浮かびますね。ヨーグルトには、ビフィズス菌がたくさん含まれています。ラクチュロスやラクトフェリンといった乳酸菌も含まれ、豊富に体内に取り入れることが出来るのです。

乳酸菌は、善玉菌によって分解されることで、腸内で多量の酢酸や乳酸を発生させ、悪玉菌を抑えます。悪玉菌を減らし、善玉菌が増えると、腸の活動が活発になり、消化吸収を促してくれます。結果、腸内環境が良くなり、便秘に効果があるというわけです。

しかし、この乳酸菌は胃酸などで壊されやすく、腸に届く前にほとんどが死んでしまいます。それでも善玉菌が増えるのは、乳酸菌が住んでいるヨーグルトを食べることで、その住みやすい環境を体内に取り入れることが出来るからです。この環境を取り入れることで、元々腸内にある乳酸菌をふやしてくれるのです。ですから、ある程度続けて摂ることで、効果がさらに上がります。また、出来るだけ食後に食べるということで、胃酸に壊されないで腸に届きやすくなるでしょう。特に、腸の働きを活発にする朝食後なら、より効果的です。

また、生きたまま腸に届くプロバイオティクスのヨーグルトもあるので、そういったものを選べば、もっとダイレクトに腸の乳酸菌を増やすことが出来、より効果があるでしょう。プロバイオティクスというのは、善玉菌を増やす微生物であり、ヨーグルトでいうと「LG」、「LC」といった表示がされているものがそれにあたります。

そして、さらに効果アップを図るのであれば、オリゴ糖と一緒に摂るのがおすすめです。オリゴ糖はビフィズス菌のエサとなり、乳酸菌を、さらには善玉菌をふやしてくれるのです。しかし何と言っても、一番大切なのは毎日続けて食べることです。ある程度続けて食べることで、徐々に腸内の善玉菌が増えていくからです。毎朝、朝食後にヨーグルトを習慣にして、便秘知らずな毎日を過ごしましょう。