果物のビタミンで便秘を治す

ビタミンCだけじゃなく食物繊維もたっぷりな果物で便秘解消を

果物と言えば、ビタミンCが豊富で美容に良いというのは、よく知られているところですよね。しかしこの果物は、お肌に良いばかりでなく、便秘にも高い効果を発揮してくれるのです。それは、果物にはビタミンCだけでなく、食物繊維も豊富に含んでいるから。しかも水溶性食物繊維を不溶性食物繊維を両方含んでいる果物も多く、便秘に効く食べ物の中でも群を抜いて効果が高いといえます。

まず、果物の多くには、ペクチンという水溶性食物繊維が含まれていますが、この水溶性食物繊維は便をやわらかくして、さらに善玉菌のエサになって、腸内環境を整えてくれます。これが果物の大きな便秘解消効果の秘密です。またこのペクチンには、コレステロールを下げる効果もあるのが嬉しいところです。

そしてビタミンCですが、有名な抗酸化作用だけでなく、あまり知られてはいませんが、腸内の善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれる働きもあるのです。ですから、この食物繊維プラスビタミンCの力の相乗効果によって、果物は便秘にとても効果的なのです。

また、腸を活発にするミネラルであるカリウムも、多くの果物に含まれていますし、その他、リンゴ酸やクエン酸は腸を刺激してくれるので、酸味の強い果物ほど、効果があります。

もちろん、果物もそれぞれに特徴があり、キウイはカリウムの他、ビタミンEも含んでいますし、リンゴはビフィズス菌を増やしてくれる効果と消化促進効果が大きいです。ミカンは食物繊維が皮やスジに豊富なので、袋ごと食べると良いですね。アボカドにもビタミン、ミネラル等が豊富に含まれていることで有名です。

また、バナナに至っては、カリウムの他、新陳代謝を活発にするマグネシウムや、ビフィズス菌のエサとなるクラフトオリゴ糖、同様に善玉菌のエサとなる難消化性デンプンを含んでおり、かなりな万能選手だといえましょう。もちろんこれらの果物には、どれも食物繊維が豊富に含まれています。

ただ、冷えの強い方にとっては、特に柑橘系などは、摂り過ぎると身体を冷やしてしまうこともあります。そういう方には、りんご、ブドウ、プルーンなど、寒い所で採れる果物が身体を冷やさないのでおすすめです。また、糖分の摂り過ぎにならないように気を付けながら、毎日美味しく摂りましょう。便秘解消だけでなく、美しさのアップも期待出来るでしょう。