お茶で便秘解消

便秘解消効果が豊富なお茶で水分とリラックスの供給を

便秘の解消・予防に良いとされる食べ物は色々挙げられていますが、その中でもかなり有力なのがお茶です。もちろんお茶にも数多くの種類があります。では、まず日本人が一番身近に飲用している緑茶はどうでしょう。緑茶には、カテキンという成分が含まれています。このカテキンには殺菌作用があり、腸内の悪玉菌を殺菌してくれます。すると善玉菌が増え、腸内環境が良くなるため、便秘が解消されるのです。また、緑茶は消化されにくく、大腸にそのまま届くため、腸に刺激を与え、効果を最大限に活かせます。

便秘に効くというお茶は他にも色々あります。プーアル茶もその代表選手です。ポリフェノールという成分の働きで、新陳代謝が活発になり、消化を促進します。結果、整腸作用によって便秘の解消をします。また、血行促進の働きもあるため、腸の働きをさせる冷えを防ぐことからも効果があるといえましょう。カフェインが少なめなのも、気にせず飲める利点のひとつです。

その他には、シモン茶というお茶が便秘解消に良いとされます。原料であるシモンというのは白さつまいもの別名であり、食物繊維とマグネシウムを豊富に含んでいます。この食物繊維によって便意が促進される他、ヤラビンという成分によって、腸の善玉菌を増やします。腸を活性活かし、便秘解消にダブルの効果があるお茶なのです。

また、最近話題の黒豆茶も食物繊維がたっぷりで、便秘に効くお茶として人気がアップしています。この黒豆茶にはイソフラボンという成分が含まれており、ホルモンバランスを整えることからも、便秘に効果的だとされています。また、ノンカフェインなので、誰でも量を気にせず飲めるのも嬉しいところです。

そしてまた、ハーブティーも便秘に良いものがたくさんあります。代表としてローズヒップやペパーミント、タンポポなどがありますが、ペクチンという食物繊維に加えて、抗酸化作用のあるビタミンCも豊富なことから、相乗効果で整腸作用を促進します。リラックス効果が高いことからも、排泄を促すお茶だといえます。

その他にも、血流を促進し、腸の働きを活発にするどくだみ茶や、水溶性食物繊維の豊富なコーン茶、「ゲンクワン配糖体」によって腸を活発化させるユーカリ茶など、便秘に効くとされるお茶は数多くあります。そもそも水分は便秘解消には欠かせません。その水分をお茶として摂るのは無理が無くて良いですね。特に、朝に冷たいお茶を飲むことで、腸の働きを活発にして便意を促します。

もちろん、冷えが気になる方は、常温や温かいお茶を飲むのがおすすめです。お茶は、こうした様々な効果の他にも、リラックス効果というとても大きな働きを持っています。便秘の大きな要因であるストレスの軽減にもなることが、他の便秘に効く食べ物よりおすすめ度が高い理由です。水分とリラックスの供給に、是非毎日の習慣として、お茶を取り入れてみてはいかがでしょう。