お米や穀物で便秘知らず

日本人の主食・穀類は、便秘解消の優等生だった!

昔から日本人の食卓には欠かせなかった穀類。実はこの穀類中心の食事こそが、便秘によく効く食事だったのです。お米には食物繊維が豊富に含まれています。玄米の皮の部分には食物繊維が非常に多く含まれていますし、胚芽部分にはビタミンやミネラルが豊富なので、精米されていないほど栄養価が高く、便秘への効果もあります。

また、胚乳部分のデンプンは、脳・神経系の唯一のエネルギーとなりますし、糊米層にはたんぱく質が含まれます。さらにフィチン酸という成分には、有害物質を体外に排出する働きもあります。また、玄米には身体を温める効果もあるので、便秘の要因ともなる冷えも防止し、免疫力もアップさせる効果があります。このように、穀類には、便秘解消だけでなく、あらゆる生活習慣病に効果があるといえるでしょう。

穀類に豊富に含まれる食物繊維は、不溶性食物繊維です。溶けずに水分を吸収して便を柔らかく、便量を増やしてくれます。そのため腸の蠕動運動を促進し、便秘が解消されるというわけですね。また、胃で水分を吸って膨張するため、満腹感を得られるという、嬉しいメリットもあります。消化酵素でも分解されない食物繊維は、腸内に残った食べ物のカスをからめとって、有害物質を排出してくれます。果物や野菜などを食べる時にわかるあのスジのようなものがまさにこの食物繊維であり、こうした大切な役割を担ってくれるのです。

穀類には米の他にもいろいろありますが、とうもろこしはコーンフレークやポップコーンなどでも手軽に摂れますし、日本そばも簡単に食べられますね。また、胚芽玄米には米の10倍近くもの食物繊維が含まれていますから、お米と一緒に炊くようにすると、毎日豊富に食物繊維が摂れるのではないでしょうか。その他にも、オートミールやオールブランなども食物繊維が豊富なので、忙しい方の朝食などにおすすめです。

日本食中心の食生活を心掛け、毎日穀類をたっぷり食卓に取り入れてください。パンが良いなら全粒粉やファイバーブレッド、お米から作ったものを選んだり、麺類を食べる時はそばにするなど、少しの工夫で上手に穀類の力を活かして、便秘だけでなく、全身の健康と美容に役立てましょう。