お酒と便秘の関係

お酒は百薬の長?それとも百害あって一利なし?

お酒は適量であれば「百薬の長」といわれますが、便秘との関係でいうとどうでしょうか。アルコールは腸を刺激するため、便意を促します。便の水分が外に吸収されてしまう前に排出してくれるため、柔らかい便のままなので、排出されやすいのです。これは、胃腸が麻痺する事で、便通が緩んだ結果です。ですから、一時的な便秘解消になる場合はあります。

しかし、これは胃腸に負担が掛かった結果ですね。一時的に便秘が解消されても、実際は胃腸の働きが低下する事によって、便秘を引き起こすことにもなるのです。また、アルコールは脱水症状をも引き起こすため、腸内の便を固くしてしまい、さらに便秘の要因となります。

アルコールは、飲み始めは利尿作用が働きますが、時間と共にアルコールが組織に入ると、血管の外側に水分が引っ張られ、結果、むくみが起こり、血の巡りも悪くなります。すると身体が水分補給しにくい状態となるのです。水分補給がうまく出来なければ、もちろん便秘になりますし、飲み過ぎで大腸に熱がこもることでも便秘になる場合もあります。

また、飲み過ぎは肝臓に悪いのはよく知られているところですね。肝臓というのは、余った栄養を蓄え、足りない時に排出してくれます。こうした栄養素の再合成により、体内環境を正常に保つ働きをしてくれるのです。そして同時に、体内に入った有害物質を分解して排出してくれる働きがあります。

ですからお酒を飲むと、肝臓が、有害物質であるアルコールを分解してくれるのですが、このアルコールがたくさん入ってくれば、当然肝臓は酷使され、働きが弱まってしまいます。すると、当然身体中が栄養失調状態になってしまうというわけです。もちろんこうした全身への影響によって、腸の働きも低下し、便秘になるでしょう。

便秘になると、腸内に長時間便が溜まることで、有毒ガスを発生し、血液を通して全体を巡ります。この有毒ガスも肝臓で解毒されるのですが、もちろん肝臓に負担が掛かり、さらには腸を始め、内臓全体に負担が掛かります。つまり、お酒によって、肝臓の機能低下と便秘の悪循環に陥ってしまうわけです。

また、お酒を飲む時に食べるつまみにも、便秘が関係しています。アルコールと一緒だと、その性質上、どうしても脂っこい物を一緒に食べてしまいがちですが、この脂っこい物がさらに便秘の要因になってしまうのです。

さらに、アルコールには血管拡張作用があるため、肛門疾患のある人では、飲み過ぎにより症状が悪化し、結果便秘を誘発する場合もあります。このように、お酒は飲み過ぎれば「百害あって一利なし」なのです。くれぐれも飲み過ぎないよう、適量を守ることで、ストレスの緩和や血行を良くするなどのメリットの効果だけを活かしましょう。