サツマイモやイモ類の便秘解消効果

さつまいもだけじゃない!?イモ類は全部便秘解消に効くのです

さつまいもというと、昔から便秘に効く食べ物として有名ですが、実はさつまいもだけでなく、イモ類は全部、食物繊維が豊富に含まれていて、便秘解消・予防に効果があるのです。イモ類に含まれる食物繊維は主に不溶性食物繊維であり、消化されずに腸に届き、便量を増し、腸を刺激して蠕動運動を活発にしてくれます。また、さつまいもを食べる時によくわかるあの繊維のスジスジが、腸を刺激したり、老廃物などの有害物質を絡め取って、便と共に排出してくれるのです。

やはりイモ類の中でもっとも食物繊維の多いのはさつまいもです。ビタミンCも豊富ですし、甘みがあって、食事だけでなくおやつにもいただけるのが嬉しいですね。ちなみにさつまいもを食べてガスが発生するのも、腸が活発化した証拠です。じゃがいもも同様にビタミンCが豊富です。毎日の食卓には欠かせないほど、様々な料理に利用できるのが良いですね。さつまいももじゃがいもも、電子レンジで蒸かすだけでもおいしく食べられます。手軽に摂ることが出来るでしょう。

そして、ヌメリのある山芋やさといもは、食物繊維の他にムチンという成分があります。タンパク質と糖質が結合したこのムチンは、体内でグルコロ酸になり、消化を促し、腸内環境を整えます。また、細胞を活発化する働きや、ホルモンの分泌を促進する働きがあるため、老化防止や生活習慣病の予防にも効果があります。消化吸収が良いため、胃腸の弱い方や高齢者でも摂りやすいのがメリットです。

また、こんにゃくもイモ類です。ダイエット食として有名なこんにゃくも、食物繊維がたっぷり詰まっていて、便秘も効果抜群です。さらにこんにゃくはコレステロール・血圧・血糖値などを低下させてくれる働きもあるため、様々な生活習慣病にも効果を発揮する万能選手です。それでもノンカロリーというのが女性には特に嬉しいですね。上手に取り入れて、その効果を活用しましょう。

イモ類にはビタミンCが豊富ですが、でんぷんが保護してくれるため、加熱してもこわれにくいという特徴があります。ですから、蒸す・煮る・焼く・炒めるなど、様々な料理に活用出来るうえ、栄養素がたっぷり摂れるという優れものなのです。ビタミンCの他にも、ヤラピンやカリウムといった成分も含み、さらに便秘解消に効果を発揮してくれます。

このように便秘解消に大活躍のイモ類ですが、過敏性便秘の方だと繊維の刺激が強すぎる場合がありますし、膨満感がある方ですと、さらにお腹が張って苦しくなる場合もあるので、自分の症状によって調節しながら摂るようにしてください。いずれにせよ、健康にも美容にも効果大なうえ、どんな料理にも活躍してくれる食材ですから、毎日の食卓に一種類を目標に、積極的に取り入れてみましょう。