コーヒーは便秘に効く?

一時的効果はあれど、やはりコーヒーは便秘に良くない?

コーヒーはとても人気のある飲み物で、毎日愛飲されている方も数多くいらっしゃることでしょう。コーヒーについては、健康上良いとされる面も悪いとされる面もありますが、それは便秘との関係においても同様です。

それというのも、まずコーヒーの成分としてよく知られるカフェインの影響が大きいのです。胃液の分泌を活発にし、胃の働きを活発にしてくれるこのカフェインは、食後に飲めば、消化を促進してくれる働きがありますが、逆に食前などの空腹時には、胃に負担を掛け過ぎることにもなります。特に、胃酸過多や胃炎などの場合には、胃壁が荒れて症状が悪化してしまいます。

つまり、カフェインは腸への刺激が大きいため、一時的に蠕動運動を活発にし、便秘を解消する効果がありますが、毎日習慣的に飲むことで、その刺激によって腸のリズムが崩れ、機能を低下させてしまいます。それが便秘の要因となってしまうわけですね。

また、コーヒーには利尿作用があることでもよく知られていますが、これが脱水状態を引き起こす場合もあります。また、水分を過剰に体外へ排出しようとする働きによって、足りなくなってしまった水分を大腸が便から吸収してしまいます。すると、便が硬くなって、結果便秘になってしまうのです。

もうひとつ、コーヒーにはタンニンという成分が含まれていますが、これは下痢止めにも使用されている成分であり、細胞や血管を収縮させて、便を出にくくするものです。腸内環境を悪化させる成分なので、これも便秘の要因となる一因でしょう。

もちろん、コーヒーにはリラックス効果もありますし、健康な人が食後に飲む分にはまるで問題はありません。一日に何杯も飲む方は注意が必要ですが、便秘に悪い面を出さぬ程度に、毎日の食後のコーヒーを楽しむようにしましょう。