豆の便秘解消効果とは

食物繊維が詰まった豆類は美容と健康と便秘に効きます

便秘に効く食べ物と言えば、絶対的に食物繊維を含むものですね。そして、その代表選手として豆類があります。大豆・小豆・そら豆・いんげん豆・グリンピース・エンドウ豆・・・と、豆にはたくさん種類があり、さらには加工された豆製品にも豆腐・みそ・納豆・おから・豆乳・・・と、数多くあります。特に小豆は豆類の中でも一番食物繊維が含まれていますし、大豆は様々な豆製品から手軽に摂れます。

この豆類に豊富に含まれる食物繊維は、不溶性食物繊維です。腸内で水分を吸収し、便の量を増やしてくれます。そして、腸の蠕動運動を促進して、便意を促してくれるのです。ですから、大腸が緩んで便を押し出せない弛緩性便秘には特に効果があります。また、納豆には発酵途中のやわらかい食物繊維が含まれているので、痙攣性便秘にも効果があります。

豆類には、この食物繊維の他にも働きがあります。善玉菌であるビフィズス菌の増殖を助け、育つ環境を作るという働きです。さらに、ビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖を含んでいるのです。便秘解消・予防には、食物繊維と乳酸菌が一番大切なのは言うまでもありませんね。この両方の働きを兼ね備えた万全の食べ物が豆類なのです。また、整腸作用を高めるサポニンも含んでいるので、便秘解消の強い味方だといえるでしょう。

また、豆類には良質のたんぱく質やミネラル、ビタミンを豊富に含んでいるので、畑のお肉と言われるほど、その栄養価も高いのです。イソフラボンの働きで女性ホルモンのバランスをよくすることでも知られていますね。つまり、便秘はもとより、健康と美容にも欠かせない食品なのです。

豆そのものから調理するのは、水でもどしたりと手間がかかるかもしれませんが、缶詰や冷凍食品などを活用すれば簡単に調理出来ますし、豆を使った惣菜類も数多くあります。また、豆腐や納豆、豆乳など、手軽に食べられる豆製品を活用するのも良いでしょう。

本来、日本の食事にはこの豆類が豊富に取り入れられていました。豆腐の味噌汁に納豆、煮豆やおからとなど、昔ながらの和食をお手本に、毎日の食卓に積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。おやつも洋菓子ではなく、小豆を使った和菓子にするなど、楽しい工夫もしてみてください。豆類で、健康的に便秘の解消をしましょう。