りんごで便秘解消

下痢にも便秘にも効くりんご故、良いとも悪いとも言われるのです

野菜や果物は便秘の予防・解消に良い食べ物として代表されるものですね。それは、食物繊維とビタミンCが豊富に含まれているからです。食物繊維は便の量を増やしたり、便を柔らかくすることで、腸の動きを活発化し、便意を促します。これは皆さんにもよく知られていることですね。

そして、あまり知られてはいませんが、ビタミンCは、乳酸菌のエサになるという働きがあるのです。善玉菌である乳酸菌が増えれば、腸内環境が良好になり、便秘も解消されます。ですから、野菜や果物には便秘解消に働くダブルの効果があるといえるでしょう。

そして、そのどちらの成分も豊富に含んでいる果物のひとつとして知られるのがりんごです。特に、リンゴに含まれるリンゴ酸が腸を刺激することからも、便秘解消に効果があります。しかし、時にリンゴは、便秘に悪い食べ物に挙げられることもあるのです。もちろんその人の体質や便秘の種類にもよりますが、確かにリンゴには、便秘を促進するような効果が無きにしも非ずなのです。

それというのも、リンゴに含まれるペクチンという水溶性食物繊維には、整腸作用があるため、便秘だけでなく、下痢にも効果があるからです。便を固める効果があるペクチンは、下痢の場合は効果がありますが、便秘の場合は逆効果ですね。ですから、下痢と便秘を交互に起こす過敏性の方などには、避けた方が良い場合もあるわけです。

しかし、ほとんどの便秘や下痢には効果的であり、さらにペクチンには、余分なコレステロールや有害物質も便と一緒に排出してくれる働きや、胃酸のバランスを整え、消化を促進してくれる働きもある優れた食物繊維です。また、リンゴにはポリフェノールも多く含まれていますから、美容と健康にはもってこいの食べ物といえますね。

一般的に、便秘の時は生で、下痢の時には加熱して食べるのが良いとされていますから、便秘解消には生で、さらにペクチンを豊富に含む皮ごと食べるのが理想です。もちろん糖分もありますし、食べ過ぎは逆効果を引き起こす場合がありますが、毎日適量のリンゴは、昔から言われるように医者いらずの食べ物だといえそうです。