便秘と食べ物・栄養

記事一覧

お酒は百薬の長?それとも百害あって一利なし?

お酒は適量であれば「百薬の長」といわれますが、便秘との関係でいうとどうでしょうか。アルコールは腸を刺激するため、便意を促します。便の水分が外に吸収されてしまう前に排出してくれるため、柔らかい便のままなので、排出されやすいのです。これは、胃腸が麻痺する事で、便通が緩んだ結果です。ですから、一時的な便秘解消になる場合はあります。

しかし、これは胃腸に負担が掛かった結果ですね。一時的に便秘が解消されても、実際は胃腸の働きが低下する事によって、便秘を引き起こすことにもなるのです。また、アルコールは脱水症状をも引き起こすため、腸内の便を固くしてしまい、さらに便秘の要因となります。

アルコールは、飲み始めは利尿作用が働きますが、時間と共にアルコールが組織に入ると、血管の外側に水分が引っ張られ、結果、むくみが起こり、血の巡りも悪くなります。すると身体が水分補給しにくい状態となるのです。水分補給がうまく出来なければ、もちろん便秘になりますし、飲み過ぎで大腸に熱がこもることでも便秘になる場合もあります。

また、飲み過ぎは肝臓に悪いのはよく知られているところですね。肝臓というのは、余った栄養を蓄え、足りない時に排出してくれます。こうした栄養素の再合成により、体内環境を正常に保つ働きをしてくれるのです。そして同時に、体内に入った有害物質を分解して排出してくれる働きがあります。

ですからお酒を飲むと、肝臓が、有害物質であるアルコールを分解してくれるのですが、このアルコールがたくさん入ってくれば、当然肝臓は酷使され、働きが弱まってしまいます。すると、当然身体中が栄養失調状態になってしまうというわけです。もちろんこうした全身への影響によって、腸の働きも低下し、便秘になるでしょう。

便秘になると、腸内に長時間便が溜まることで、有毒ガスを発生し、血液を通して全体を巡ります。この有毒ガスも肝臓で解毒されるのですが、もちろん肝臓に負担が掛かり、さらには腸を始め、内臓全体に負担が掛かります。つまり、お酒によって、肝臓の機能低下と便秘の悪循環に陥ってしまうわけです。

また、お酒を飲む時に食べるつまみにも、便秘が関係しています。アルコールと一緒だと、その性質上、どうしても脂っこい物を一緒に食べてしまいがちですが、この脂っこい物がさらに便秘の要因になってしまうのです。

さらに、アルコールには血管拡張作用があるため、肛門疾患のある人では、飲み過ぎにより症状が悪化し、結果便秘を誘発する場合もあります。このように、お酒は飲み過ぎれば「百害あって一利なし」なのです。くれぐれも飲み過ぎないよう、適量を守ることで、ストレスの緩和や血行を良くするなどのメリットの効果だけを活かしましょう。

キノコ類の力で便秘解消プラス美容と健康のアップを!

食物繊維を多く含み、便秘に効く食べ物の中に、キノコ類があります。キノコ類には、不溶性食物繊維が豊富に含まれていて、腸内で水分を含んで大きくなり、便の量を増やします。そして腸を刺激することによって、蠕動運動を活発にし、排便を促すのです。また、不溶性食物繊維の特徴であるスジスジが、老廃物などの有害物質も一緒に絡め取って、便と一緒に排出してくれるという働きもある優れものなのです。

また、キノコ類には水溶性食物繊維も含んでいるため、便を柔らかくスムーズに移動させてくれる働きも併せ持ちます。さらに、腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌を減らしてくれるため、腸内環境を整えてくれる強い味方なのです。皆さんもご存知のように、キノコ類にはしいたけ・まつたけ・えのきだけ・しめじ・まいたけ・エリンギ・きくらげなどたくさんありますね。

キノコ類には、食物繊維の他にもキチンキトサンやビタミンB、カリウムなどが含まれていて、血圧の低下や動脈硬化予防にも効果があります。また、エリタデニンという成分などの働きでコレステロールを排出し、低下させてくれる効果や、βグルカンなどの働きで免疫力をアップしてくれる効果もあるのです。まさに、あらゆる生活習慣病予防に絶大な効果があるというわけですね。

また、キノコ類は豊富な栄養素はあるものの、ローカロリーで、新陳代謝を高める効果もあるため、便秘を解消するだけでなく、ダイエットにも高い効果が期待されます。女性には欠かせない食べ物だといえるでしょう。しかも、キノコ類はどんな料理にも合う食材です。和食はもちろんのこと、パスタなどのイタリアンや、中華料理など、どんな料理にも利用できます。調理方法も、焼く・煮る・炒める・挙げる・蒸すと、あらゆる食べ方が出来ます。

毎日の食卓に、工夫次第で手軽にキノコ類を取り入れてみてはいかがでしょうか。便秘に効くばかりでなく、美容と健康にも高い効果を発揮してくれること間違いなしです。

食物繊維たっぷりなプルーンはソルビトールも含む便秘解消の王様です

便秘に効く食べ物として一番有名なのは、プルーンなのではないでしょうか。実際、プルーンで便秘が解消する場合は多く、その効果は絶大です。このプルーンというのは、ライムの一種で、生のものもありますが、お店でよく見かけるのはドライプルーンですね。では、何故このプルーンは便秘に効くのでしょう。

それは、プルーンが便秘解消に欠かせない水溶性食物繊維と不溶性食物の両方を含んでいることによります。食物繊維は便量を増やし、排便を促してくれるばかりか、善玉菌のエサとなり、腸内環境を良好に保ってくれます。特に、プルーンはペクチンという水溶性食物繊維を豊富に含んでおり、この働きにより、体内で水分を含んでゲル状になり、便を柔らかくしてくれるのです。さらに、優しく腸を刺激し、便意を促してくれる効果もあります。

プルーンの成分の中で、もうひとつ便秘解消に大きな効果があるのがソルビトールという糖質です。ガムの原料として知られるこのソルビトールは緩下作用が強く、摂り過ぎると下痢になることもあります。消化器官で吸収されにくいため、そのまま大腸に届き、大腸で発酵して腸を刺激します。そのため蠕動運動を活発にし、便意を促すのです。ダイレクトに腸に働きかけるというわけですね。

また、プルーンには便に水分を与えて柔らかくしてくれるマグネシウムや、筋肉収縮作用によって蠕動運動を活発にしてくれるカリウムなども多く含まれています。まさに便秘に効く食べ物ナンバーワンと言るでしょう。しかも、ドライプルーンなら、生のプルーンに比べて食物繊維が5倍、マグネシウムやカリウムも数倍多く含まれています。そのまま気軽に食べられるのも大きな魅力ですね。

ドライプルーンをおやつ代わりにそのまま食べても良いですし、ジュースやジャムといった加工食品で摂るのも良いでしょう。今は様々な加工食品が作られています。自分が摂りやすい形で毎日意識的にプルーンを取り入れ、便秘知らずな快適な毎日を過ごしましょう。

下痢にも便秘にも効くりんご故、良いとも悪いとも言われるのです

野菜や果物は便秘の予防・解消に良い食べ物として代表されるものですね。それは、食物繊維とビタミンCが豊富に含まれているからです。食物繊維は便の量を増やしたり、便を柔らかくすることで、腸の動きを活発化し、便意を促します。これは皆さんにもよく知られていることですね。

そして、あまり知られてはいませんが、ビタミンCは、乳酸菌のエサになるという働きがあるのです。善玉菌である乳酸菌が増えれば、腸内環境が良好になり、便秘も解消されます。ですから、野菜や果物には便秘解消に働くダブルの効果があるといえるでしょう。

そして、そのどちらの成分も豊富に含んでいる果物のひとつとして知られるのがりんごです。特に、リンゴに含まれるリンゴ酸が腸を刺激することからも、便秘解消に効果があります。しかし、時にリンゴは、便秘に悪い食べ物に挙げられることもあるのです。もちろんその人の体質や便秘の種類にもよりますが、確かにリンゴには、便秘を促進するような効果が無きにしも非ずなのです。

それというのも、リンゴに含まれるペクチンという水溶性食物繊維には、整腸作用があるため、便秘だけでなく、下痢にも効果があるからです。便を固める効果があるペクチンは、下痢の場合は効果がありますが、便秘の場合は逆効果ですね。ですから、下痢と便秘を交互に起こす過敏性の方などには、避けた方が良い場合もあるわけです。

しかし、ほとんどの便秘や下痢には効果的であり、さらにペクチンには、余分なコレステロールや有害物質も便と一緒に排出してくれる働きや、胃酸のバランスを整え、消化を促進してくれる働きもある優れた食物繊維です。また、リンゴにはポリフェノールも多く含まれていますから、美容と健康にはもってこいの食べ物といえますね。

一般的に、便秘の時は生で、下痢の時には加熱して食べるのが良いとされていますから、便秘解消には生で、さらにペクチンを豊富に含む皮ごと食べるのが理想です。もちろん糖分もありますし、食べ過ぎは逆効果を引き起こす場合がありますが、毎日適量のリンゴは、昔から言われるように医者いらずの食べ物だといえそうです。

ジャンクフードは食べたくてもちょっと我慢?便秘になる前に控えよう

現代の食生活に欠かせない物として、ファーストフードやインスタント食品といった、いわゆるジャンクフードがあります。大人から子供まで大変人気がありますが、健康に良くないというのは良く知られているところですね。

ジャンクフードというのは、そのほとんどが肉・脂分・糖分が多量に使って作られている加工食品であり、いわば工業製品です。カロリーだけが大変高くて、栄養はほとんどありません。さらに、添加物が大量に使用されているため、あらゆる生活習慣病の引き金にもなっているのです。

ジャンクフードの主役である肉や脂は、消化されにくいため、腸内に長く溜まってしまうため、便秘を引き起こします。腸の長い日本人には、体質的に合わない物ともいえます。しかも、動物性タンパク質は悪玉菌の大好物です。食べ過ぎると悪玉菌が増え、腸内環境が悪化し、さらに便秘に拍車をかけてしまうのです。

さらに、ジャンクフードでは食物繊維・ミネラル・ビタミンなどが著しく欠乏しているため、腸の蠕動運動の働きを低下させます。また、大腸の満腹中枢が過食命令を出しやすくなり、食べ過ぎてしまう結果、腸に溜まりやすくなり、そういった点からも便秘を引き起こす要因になっているといえるでしょう。

そもそもジャンクフードとは、くずみたいな食べ物という意味です。素材も調理法もまさに低品質で、身体に悪いのは一目瞭然です。便秘に悪いというだけでなく、身体への悪影響は大きく、様々な生活習慣病を引き起こす食べ物なのです。

安くて手軽で美味しいですし、たまに無性に食べたくなるものですが、出来るだけ控えるよう心掛けましょう。同じく手軽でも、たまごや納豆などをおかずにご飯を食べるなど、素材そのものを食べる方が、身体にはずっと良いです。パンにしても、野菜やハム、チーズなどを挟むだけでも簡単に美味しくいただけますね。

そして出来れば、ジャンクフードとは対極の、カロリー控えめで栄養豊富な和食をおすすめします。野菜中心で食物繊維が豊富な食生活を基本とし、たまに好きな物を食べるようにするところから始めてみましょう。

ビタミンCだけじゃなく食物繊維もたっぷりな果物で便秘解消を

果物と言えば、ビタミンCが豊富で美容に良いというのは、よく知られているところですよね。しかしこの果物は、お肌に良いばかりでなく、便秘にも高い効果を発揮してくれるのです。それは、果物にはビタミンCだけでなく、食物繊維も豊富に含んでいるから。しかも水溶性食物繊維を不溶性食物繊維を両方含んでいる果物も多く、便秘に効く食べ物の中でも群を抜いて効果が高いといえます。

まず、果物の多くには、ペクチンという水溶性食物繊維が含まれていますが、この水溶性食物繊維は便をやわらかくして、さらに善玉菌のエサになって、腸内環境を整えてくれます。これが果物の大きな便秘解消効果の秘密です。またこのペクチンには、コレステロールを下げる効果もあるのが嬉しいところです。

そしてビタミンCですが、有名な抗酸化作用だけでなく、あまり知られてはいませんが、腸内の善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれる働きもあるのです。ですから、この食物繊維プラスビタミンCの力の相乗効果によって、果物は便秘にとても効果的なのです。

また、腸を活発にするミネラルであるカリウムも、多くの果物に含まれていますし、その他、リンゴ酸やクエン酸は腸を刺激してくれるので、酸味の強い果物ほど、効果があります。

もちろん、果物もそれぞれに特徴があり、キウイはカリウムの他、ビタミンEも含んでいますし、リンゴはビフィズス菌を増やしてくれる効果と消化促進効果が大きいです。ミカンは食物繊維が皮やスジに豊富なので、袋ごと食べると良いですね。アボカドにもビタミン、ミネラル等が豊富に含まれていることで有名です。

また、バナナに至っては、カリウムの他、新陳代謝を活発にするマグネシウムや、ビフィズス菌のエサとなるクラフトオリゴ糖、同様に善玉菌のエサとなる難消化性デンプンを含んでおり、かなりな万能選手だといえましょう。もちろんこれらの果物には、どれも食物繊維が豊富に含まれています。

ただ、冷えの強い方にとっては、特に柑橘系などは、摂り過ぎると身体を冷やしてしまうこともあります。そういう方には、りんご、ブドウ、プルーンなど、寒い所で採れる果物が身体を冷やさないのでおすすめです。また、糖分の摂り過ぎにならないように気を付けながら、毎日美味しく摂りましょう。便秘解消だけでなく、美しさのアップも期待出来るでしょう。

食物繊維が詰まった豆類は美容と健康と便秘に効きます

便秘に効く食べ物と言えば、絶対的に食物繊維を含むものですね。そして、その代表選手として豆類があります。大豆・小豆・そら豆・いんげん豆・グリンピース・エンドウ豆・・・と、豆にはたくさん種類があり、さらには加工された豆製品にも豆腐・みそ・納豆・おから・豆乳・・・と、数多くあります。特に小豆は豆類の中でも一番食物繊維が含まれていますし、大豆は様々な豆製品から手軽に摂れます。

この豆類に豊富に含まれる食物繊維は、不溶性食物繊維です。腸内で水分を吸収し、便の量を増やしてくれます。そして、腸の蠕動運動を促進して、便意を促してくれるのです。ですから、大腸が緩んで便を押し出せない弛緩性便秘には特に効果があります。また、納豆には発酵途中のやわらかい食物繊維が含まれているので、痙攣性便秘にも効果があります。

豆類には、この食物繊維の他にも働きがあります。善玉菌であるビフィズス菌の増殖を助け、育つ環境を作るという働きです。さらに、ビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖を含んでいるのです。便秘解消・予防には、食物繊維と乳酸菌が一番大切なのは言うまでもありませんね。この両方の働きを兼ね備えた万全の食べ物が豆類なのです。また、整腸作用を高めるサポニンも含んでいるので、便秘解消の強い味方だといえるでしょう。

また、豆類には良質のたんぱく質やミネラル、ビタミンを豊富に含んでいるので、畑のお肉と言われるほど、その栄養価も高いのです。イソフラボンの働きで女性ホルモンのバランスをよくすることでも知られていますね。つまり、便秘はもとより、健康と美容にも欠かせない食品なのです。

豆そのものから調理するのは、水でもどしたりと手間がかかるかもしれませんが、缶詰や冷凍食品などを活用すれば簡単に調理出来ますし、豆を使った惣菜類も数多くあります。また、豆腐や納豆、豆乳など、手軽に食べられる豆製品を活用するのも良いでしょう。

本来、日本の食事にはこの豆類が豊富に取り入れられていました。豆腐の味噌汁に納豆、煮豆やおからとなど、昔ながらの和食をお手本に、毎日の食卓に積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。おやつも洋菓子ではなく、小豆を使った和菓子にするなど、楽しい工夫もしてみてください。豆類で、健康的に便秘の解消をしましょう。

一時的効果はあれど、やはりコーヒーは便秘に良くない?

コーヒーはとても人気のある飲み物で、毎日愛飲されている方も数多くいらっしゃることでしょう。コーヒーについては、健康上良いとされる面も悪いとされる面もありますが、それは便秘との関係においても同様です。

それというのも、まずコーヒーの成分としてよく知られるカフェインの影響が大きいのです。胃液の分泌を活発にし、胃の働きを活発にしてくれるこのカフェインは、食後に飲めば、消化を促進してくれる働きがありますが、逆に食前などの空腹時には、胃に負担を掛け過ぎることにもなります。特に、胃酸過多や胃炎などの場合には、胃壁が荒れて症状が悪化してしまいます。

つまり、カフェインは腸への刺激が大きいため、一時的に蠕動運動を活発にし、便秘を解消する効果がありますが、毎日習慣的に飲むことで、その刺激によって腸のリズムが崩れ、機能を低下させてしまいます。それが便秘の要因となってしまうわけですね。

また、コーヒーには利尿作用があることでもよく知られていますが、これが脱水状態を引き起こす場合もあります。また、水分を過剰に体外へ排出しようとする働きによって、足りなくなってしまった水分を大腸が便から吸収してしまいます。すると、便が硬くなって、結果便秘になってしまうのです。

もうひとつ、コーヒーにはタンニンという成分が含まれていますが、これは下痢止めにも使用されている成分であり、細胞や血管を収縮させて、便を出にくくするものです。腸内環境を悪化させる成分なので、これも便秘の要因となる一因でしょう。

もちろん、コーヒーにはリラックス効果もありますし、健康な人が食後に飲む分にはまるで問題はありません。一日に何杯も飲む方は注意が必要ですが、便秘に悪い面を出さぬ程度に、毎日の食後のコーヒーを楽しむようにしましょう。

肉類の摂り過ぎは胃腸で渋滞を起こし有毒ガスを発生します!

欧米化による食生活によって、便秘になる人が増えました。その一番の理由としては、肉類中心の食事があります。肉類は食物繊維もなく、消化吸収が悪い食べ物です。食べ過ぎた翌朝に胃もたれやお腹の張りがみられることでわかるように、胃や腸に停滞してしまうのです。そのほとんどが吸収されて、便の量が少なることで、腸の蠕動運動を弱め、便秘を引き起こします。

また、肉類を消化する時に有毒ガスが発生し、腸粘膜を損傷させ、腸内環境を悪化させます。悪玉菌が増え、腸の蠕動運動が弱まり、腸内に毒素がたまるのです。この有毒ガスは、血液を通して全身に広がり、肩こりや頭痛、肌荒れなどの様々な悪影響を及ぼします。腸内細菌の悪玉菌は、肉類が好きなのです。

これは、肉類を摂り過ぎると、腸の栄養吸収経路が広くなり、分子量の小さいたんぱく質が吸収されて、異質分子になるからです。異質分子は大量の活性酸素を促し、正常細胞を破損します。すると、身体に不調をおこしてしまうのです。

また、肉類の摂り過ぎは、血行不良を引き起こします。冷えなどが便秘の要因になることでも分かるように、血行が悪いと便秘になりやすいので、こうした面からも、肉類は便秘に悪い食べ物だといえるでしょう。

もちろん肉類が全くダメというわけではありませんが、出来れば肉類や脂は控え、野菜中心の、食物繊維が豊富な食生活を心掛けましょう。栄養バランスの取れた食事は、便秘だけでなく、あらゆる生活習慣病の予防・改善につながります。偏食や飽食は万病の元となるので気を付けたいですね。

寒天はダイエットだけじゃない!?実は便秘解消の実力派なのです

寒天と言えば、ノンカロリー故にダイエット食として有名ですね。確かに栄養素もあまりなく、それでも満腹感を得られる寒天は、ダイエットに最適でしょう。しかし、ダイエット以外にもその効果が高く評価されています。それは便秘解消です。寒天は天草などの海藻類の粘液を凍らせて乾燥させた紅藻類が原料で、いわば海藻の成分を凝縮させたものです。

海藻類には食物繊維が豊富なのはご存知だと思います。寒天にはアガロースやアガペクチンという食物繊維が豊富に含まれている他、マグネシウムやカルシウムも含まれています。寒天は不溶性食物繊維が主成分なので、消化酵素で分解されずに大腸に届きます。そして大腸で水分を吸収して、便の量を増やし、その保水力によって便を柔らかくしてくれます。さらに、老廃物なども取り込んで排出してくれるので、まさに便秘に効く食べ物の優等生なのです。

ただ、水分を吸収する性質上、体内の水分を奪ってしまうので、水分も一緒に十分摂りましょう。寒天はゼリーの原料として有名ですが、他にも工夫次第で、色々な摂り方が出来ます。まずは、粉末状のものがおすすめです。粉末の寒天を料理やお茶に入れるのが、一番手軽な方法でしょう。棒寒天なども、お米を炊く時に、適当にちぎって炊飯器に入れるだけで普通に炊けます。つやつやで美味しいご飯になりますよ。

このように、毎日の食生活に手軽に取り入れることによって、便秘に効く食べ物である寒天の効果を活用しましょう。便秘の解消・予防には間違いなく効果てきめんです。

1 2 >