便秘に効くツボ

簡単なのに即効性アリ!便秘によく効くツボ

便秘は健康のバロメーター。いつも元気で、そしてキレイでいるためには、体の中に余分なものを溜め込まないことが大切です。

「デトックス(体内毒素排出)」ということばが今ではすっかり浸透しましたが、「排泄」は、何よりも重要なデトックスだと言えるでしょう。私たちは毎日数度、口から食べ物を取り込みます。それらから栄養素をしっかり吸収し、カスとなったものを「便」として排出します。便の排出が上手く行かなかったら・・・そうです、体内にゴミをどんどん溜め込むことになってしまうのです。

中国医学では便秘は万病の元と考えられています。便秘になる、すなわち、自然な排出ができていない状態というのは健康ではない状態、病気を生む状態であるとされています。便秘になると体調はすっきりせず、顔や体に吹き出物が出てきます。体の中に溜め込まれた毒素は活性酸素となり、免疫力や抵抗力も低下させるため風邪を引きやすくなります。

しかし、便秘は病気ではありません。生活習慣や食生活を正せばいくらでも便秘を解消することができます。できるならば薬を飲まずに解消したいですよね。

それならツボで便秘を解消してしまいましょう!ツボとは「経穴」とも言われるもので、中医学や漢方医学の概念の中で、体表の特定の部位に刺激を与えることによって、体調の調整、諸症状の緩和をはかるものとされています。薬ほどすぐに効き目のあるものではありませんし、人によって効果の違いも多少あるでしょう。しかし、中国の長い歴史の中で培われた療法。体の自然治癒力を高めることによって体を健康にすることができます。

それでは便秘に効くツボをお教えしましょう。まず1つは「チュウカン」というツボです。おへそとみぞおちの中間にあります。このツボを円を描くように優しくマッサージしましょう。時間にしておよそ5分間です。

次に、天枢(テンスウ)。おへその真横へ指2本分ぐらいの位置にあります。そのツボを上下にさするようにマッサージをしましょう。

最後に腎兪(ジンユ)です。腎兪は背中側にあります。一番下のあばら骨を背骨の方までたどっていき、そこから指3本分くらい下りたところにあります。丁度腎臓の真後ろと言うことができるでしょう。そのツボを上下さするようにマッサージします。

ツボを押す際の注意点としては、痛みを感じない程度、気持ちよく感じる程度に刺激するようにしましょう。そして、あまり長時間刺激し続けないということです。

便秘にならないために大切なのは規則正しい生活と、体に合った食生活、適度な運動。それでもたまに便秘になってしまったときには、便秘解消のツボを押してスッキリさせましょう。