便秘は生理前症候群の1つ??

便秘は生理前症候群の1つ!?生理前に便秘にならない為には??

女性だけの話になってしまいますが、いつもは快便で便秘知らずな人でも、生理前になると便秘になるという事があります。便秘と生理は関係があるのでしょうか?また、生理前でも便秘にならないようにするには、どうすればよいのでしょうか?

排卵から生理の時期、つまり生理前になると、女性ホルモンの1つである黄体ホルモンが多量に分泌されます。この頃に、頭痛や腰痛、吐き気の症状が出たり、微熱が出たり、イライラするなどの情緒不安定になることもあります。このような変化を生理前症候群と言います。

同じ時期に便秘になる女性は多いのですが、生理前症候群に便秘は含まれていません。しかし、黄体ホルモンが多量に分泌される事によって、大腸の蠕動運動を弱める事は確かなようです。蠕動運動を行う事で便を運び出すわけですから、この運動を弱められてしまっては便秘になってもおかしくありません。生理前症候群ではないですが、生理前に便秘になるというのは正しいようです。

この黄体ホルモンが原因ですので、生理になると便秘は自然と解消されます。生理が始まると、また別のホルモンが多量に分泌され、そのホルモンは蠕動運動を活発化させる働きを持っています。生理前に黄体ホルモンが原因で便秘になった場合は、特に心配する必要はないでしょう。

生理が始まると自然に解消されるとはいえ、排卵から生理まで10日~14日程度あります。この期間を便秘で過ごすのは苦しいものです。できれば便秘にならないようにしたいですよね。しかし、生理前の便秘は黄体ホルモンが原因です。黄体ホルモンは生理には必要であり、女性には必要なホルモンです。このホルモンの分泌がなければ便秘にもならないかもしれませんが、女性としてちょっと困ってしまう事になるかもしれません。

つまり、生理前に便秘にならないようにする方法はないという事です。防ぎようがなく、防がないほうが良いのです。しかし、できるだけ便秘を軽くする事は可能です。生理前など関係なく、普段から腸内環境を良くし、黄体ホルモンの分泌に負けない腸を作っていれば良いのです。そうすれば便秘になっても軽くすむでしょうし、便秘にならずにすむかもしれません。

便秘であるないに関わらず、食物繊維をたくさんとり、運動をして腹筋を鍛え、ミネラルウォーターで水分補給をしたり…。便秘の解消・改善・予防方法はたくさんあります。普段から便秘に対しての対処をしておきましょう。