便秘と生理がつながっている理由

便秘と生理は実は深い関係。なぜ関係するのか

生理前に便秘になるという女性が多いのは、身体の性質上、仕方のないことなのです。女性の身体には、妊娠することに備えて生理の前に「黄体ホルモン」が体内に分泌され、そのホルモンの働きによって便秘がちになってしまいます。便秘改善のためには、その性質と向き合いながらも、基本的な便秘対策を行うことで防いでいきましょう。

黄体ホルモンは分泌されることで、子宮の動きと同時に腸の動きも弱め、自立神経の働きも鈍ってしまうために便意が生じにくく、便の排出もうまくいかないようになります。この働きは、妊娠時に赤ちゃんが子宮の収縮運動によって押しつぶされないようにするために行われています。また、ホルモンの分泌によって、体内の水分や塩分を蓄えるべく、吸収してしまう働きもあるため、腸内の水分の奪われて、便が固くなってしまう可能性もあります。

一度生理が始まると、プロスタグランディンというホルモンが分泌され、血液の流れをスムーズにして、腸の運動も活発になります。活発になり過ぎることで下痢の症状が進む可能性もあります。よって、生理前には便秘になりやすく、生理が始まってしまうと急に便意がくるのです。

これらの働きを抑制するわけにもいかないため、生理前には便秘にならないように水分をしっかり摂って、生理中には下痢の症状を抑えるための薬もあるため、必要な場合は服用しましょう。便の状態は普段の食生活に大きく左右されるものです。食物繊維で腸の掃除を行い、乳酸菌で善玉菌の働きを強めていくことを意識することでいかなる時でも快便になるに違いありません。