酸化マグネシウムの利点と難点

排便困難に効く「酸化マグネシウム」は、服用の仕方を誤ると危険

病院でよく処方される酸化マグネシウムは、腸内に水分を留める役割を果たします。水分を含んだ便が大きく、柔らかくなることで腸に刺激を与えて排便を促すと同時に出やすい便へと変化します。そんな便秘の特効薬であるはずの酸化マグネシウムにも、相性の悪い「飲み・食べ合わせ」がある・マグネシウムを吸収しやすい場合があるという難点もあります。

酸化マグネシウムはカルシウムと一緒に摂取してしまうと、血液中にマグネシウムを吸収しやすくします。また腎臓機能の働きが弱まっていれば、尿によって排出されるはずのマグネシウムが体内に蓄積してしまうこともあります。こういった状況下では、高マグネシウム血症を引き起こし、嘔吐や筋肉の麻痺に始まり、呼吸困難や心不全・心停止に至ることもあります。病院でも、酸化マグネシウムを投与したことで高齢の方が死に至ったことを受け、血液中のマグネシウムの濃度を測定した上で処方することが多くなってきています。1日の処方する量を守り、十分な水分と一緒に飲むことを基本として、腎臓や心臓の機能に心配のある方は摂取を控えるようにすることが大切です。

上記のような注意点はありますが、酸化マグネシウムの効果は何度飲んでも効き目は継続され、副作用も比較的少ない薬ではあります。ただ、便秘状態が続き、便が固まってしまっている時には、下剤で便を出してしまわないと効果がない時もあります。薬の役割や特徴を十分に理解した上で、処方することができれば、いざという時に役立つ薬であるに違いありません。