オリゴ糖は便秘に効く?

便秘解消の必須アイテムオリゴ糖!オリゴ糖って一体何?

世の中にはさまざまな便秘対策法が知られています。健康情報誌や情報番組などを見ると、定期的に便秘解消のノウハウを教える特集が組まれています。それだけ多くの方が便秘で悩んでいるということなのでしょう。

便秘解消方法の中でもメジャーなのが「オリゴ糖」です。オリゴ糖を摂取し腸内環境を整え「出る体質」にしようとというキャッチフレーズはよく見かけますね。しかし、多くの方は、「オリゴ糖は便秘に効く」という情報以外に、オリゴ糖とは何なのか、どうして便秘に効くのかまでを知っていることは少ないようです。オリゴ糖についてしっかり知ることによって、より効果を引き出せるようになるかもしれません。

オリゴ糖は、分子結合の少ないタイプの糖類であり、ブドウ糖や果糖などの分子が2個から10個程度に結合したものを総称してそう呼ばれています。実は、これ以外の特別な世界共通の定義というのはないのです。ですから二糖類である砂糖や乳頭、麦芽糖なども分子構造で見れば分類されることになります。

しかし、近年私たちが「オリゴ糖」と呼んでいるものはそうした大きな概念のものではなく、フラクトオリゴ糖などのように乳糖、ショ糖、でんぷんや食物繊維などに酵素を作用させたものや、大豆オリゴ糖やラフィノースのように大豆やビート(砂糖大根)から天然成分を抽出・分離したものなどを特定してさす場合が多いのです。

母乳を飲んで健康に育った乳児の便を分析した結果、腸内のビフィズス菌を増殖させる要因としてオリゴ糖が注目されるようになりました。以後、オリゴ糖は腸内環境を整える働きをするということで、便秘にも一定の効果があると考えられるようになったのです。

オリゴ糖は胃で分解・吸収されにくいため、腸までしっかりと届きます。ですから効果はしっかりと実感することができるのです。その上、オリゴ糖は砂糖のカロリーの約半分とされています。体内で吸収されず排出される分が多いためカロリーが低いのです。そのため砂糖の代わりの甘味料としてオリゴ糖を使うというダイエット法もあります。

ビフィズス菌を増やし腸内環境を正常化する、腸までしっかり届く、カロリーが低い、こうした利点を利用して、オリゴ糖は便秘を改善する必須アイテムとして活躍しているのです。

オリゴ糖はさまざまな形で販売されています。粉状になっているものもありますし、サプリメントのように錠剤になっているものもあります。料理に使いやすいようにシロップ状になっているものもあります。何より糖分ですから、苦痛を感じることなく普段の生活の中で積極的に取り入れることができるというのが大きなメリットであると考えます。

腸内の善玉菌を増やすことによって便秘を改善し、より健康的な体を目指すことができます。下剤などとは違い、痛みや苦痛を特に感じることなく、自然なお通じを目指すことができます。一度お試しになってみては?