妊婦さんの便秘

妊娠中は便秘になりやすい?妊婦におすすめ便秘解消法をご紹介!

妊娠する、子どもを授かるということは、女性にとっては人生最大の喜びと言っても過言ではないのでしょうか。自分の体の中に、新たな命を宿したことに気づいたとき、女性はその瞬間から母となるのです。

温かくて優しい気持ちに包まれて・・・といきたいところですが、それどころではなくなってしまうのが妊婦さんの大変なところ。体の中に他の命を宿すということはとても大変なことなのだということを、自身の体の変化で気づかされることになります。

つわりに、腰や背中の痛み、お腹の張りなど、体はどんどん変化していきます。その変化は決して楽なものではありません。鉄分が不足し貧血気味になることもありますし、食欲が恐ろしいぐらいに増えたり、または減ったりもします。

妊婦さんの体の悩みはいろいろとありますが、その中でもどの妊婦さんでも経験する悩みというのがあります。それは便秘です。今まで便秘になったことがないという人でも、妊娠中は便秘で苦しまれたという方も多いようです。

なぜ妊娠中は便秘になりやすいのでしょうか。まず1つはホルモンバランスの変化があげられます。女性が妊娠をすると女性ホルモンの1つである黄体ホルモンの分泌量が増加します。それが腸の動きを鈍らせてしまうということが判っています。妊娠初期の便秘はホルモンバランスの変化が原因だと考えられます。

続いての原因としては、子宮が大きくなることによって腸を圧迫してしまうということです。妊娠6ヶ月頃からお腹はどんどん大きくなります。すると子宮周辺にある内蔵は、大きくなる子宮に追いやられるように圧迫されることになります。便がスムーズに通っていくスペースがなくなってしまうため、便秘になりやすくなってしまうのです。

他にも、つわりによる食欲の減退や、過剰な食欲、お腹が大きくなることによって運動不足になってしまうことなどが、妊婦の便秘の主な原因と考えられています。

妊婦さんが便秘になってしまったというとき、どのように対処すればいいでしょう。お腹の中に赤ちゃんがいることを考えると、無理は禁物です。下剤や便秘薬などの薬に頼ることは避けたいですよね。

妊娠中の便秘解消法の基本は、規則正しい生活と、適度な運動、そしてバランスの良い食事です。

運動といっても激しいスポーツは厳禁です。ゆっくりたくさんあるくことがよく推奨されますが、家の中にいても適度に体を動かすことはできます。家事を精一杯こなしていくのです。特におすすめなのが床拭きです。

食事はカロリーの低い和食を中心に、魚や野菜をたくさん摂りましょう。そしてもっとも大切なのは、しっかりお腹をすかせるということ。常に胃に何か入っている状態は、腸の動きを逆に鈍くしてしまいます。つわりが治まったら余分に食べ物を口にするのは控えましょう。

便秘知らずの快適マタニティーライフで、赤ちゃんの生まれ来る日を楽しみに過ごしましょう。