生活習慣から慢性便秘を治す

慢性便秘の原因は、その場しのぎの解決策にあった

「また便秘になってしまった」という繰り返しに対して、便秘薬や下剤に頼って「とりあえず治す」では解決になっていないばかりでなく、腸内の環境悪化によるポリープやガンなどの病気を誘発することにもつながりかねません。便秘体質の改善のために普段からできることを考え、実行していきましょう。

便が固くなってしまう原因は、腸内環境の悪化、偏った食事をすることにあります。腸内には善玉菌と悪玉菌が常に一定のバランスを保って生存しています。善玉菌の個体数を優位にするためには、普段から乳酸菌と呼ばれるものを毎日摂り入れて生存数の維持に努めなくてはなりません。乳製品とされる牛乳やチーズなどの動物性乳酸菌と・発酵食品とされるキムチや味噌などの植物性の乳酸菌をバランスよく摂り、腸内の環境を保つ必要があります。また、食物繊維を含んだ野菜・果物・豆・海藻類を摂ることも大切となります。腸によい食べ物を摂りながらも自由にストレスなく食事を楽しむこともまた欠かせないことです。

便を出すには、腸の動きが活発である必要もあります。運動不足による腸の筋肉の衰えが原因で便秘になるケースも大変多いのも事実なのです。有酸素運動という全身運動で、水泳やウォーキングなど新陳代謝を高める中で血流がよくなり、腸の動きも活発になります。その他にも、ゆっくりストレッチをして普段使っていない筋肉を伸ばしながら腹式呼吸を行うことや、腸の動きに直接作用するツボを押すことでの腸筋肉に刺激を与えることも大切です。何より、運動することで溜まったストレスを解消することにもつながるため、忙しい中でも適度な運動を行っていくことが便秘改善には欠かせません。

実際、便秘の症状によっては、医師に相談が必要なものも存在します。たかが便秘と侮ることなく、「おかしいな」と思ったときには身近に相談できる医師をつくっておくことも便秘と向き合う上で大切なこととなります。