痙攣性便秘って何?

あなたの便秘、もしかして痙攣性便秘では?

あなたは便秘で苦しんだ経験がありますか?ほとんどの方が「はい」と答えられるのではないでしょうか。便秘、苦しいですよね。便秘はそれだけでなく、肌荒れや食欲不振など、全身のさまざまな不調を引き起こす引き金ともなります。できるなら毎日快調でいたいものです。

しかし、便秘と一言で言ってもいくつかの種類があります。便秘を治そうとあらゆる手段を講じてみても一向に解消される感じがないのであれば、もしかしたらあなたの便秘のタイプにその解消法が適していないのかもしれません。

便秘には大きく5つのタイプがあります。消化器官の機能が低下することが原因で一時的に便秘になる機能性便秘、高齢者や産婦など大腸のぜん動運動が弱くなることによって起こる弛緩性便秘、心理的ストレスなどにより腸が動きすぎてしまう痙攣性便秘、直腸が排便のサインを出せなくなってしまう直腸性便秘、そして腸閉塞や大腸ガンなどによって便の通りが悪くなってしまう器質性便秘ががあります。

便秘の種類が違えば、対処法も変えなければ効果はありません。ここで注目したいのは痙攣性便秘です。

痙攣性便秘は上記の通り、心理的ストレスや睡眠不足によって自律神経が乱れ、腸のぜん動運動が強くなりすぎてしまうことによって引き起こされる便秘です。腸の動きが強くなりすぎると、腸がひきつった状態、痙攣を起こしたような状態になり、便を上手く運ぶことができなくなってしまいます。

便意を感じても思うように出すことができず、出たとしても少量、コロコロとした硬い便だけがでるということが特徴です。痙攣性便秘の方は便秘と下痢を交互に繰り返すということも大きな特徴です。

痙攣性便秘になると、腸は常にストレスで刺激を受けている状態です。そのため、間違った便秘解消法を選択すると余計に便秘をひどくしてしまう可能性があります。例えば、一般的に便秘解消に一役買ってくれるとされている食物繊維。痙攣性便秘の状態で食物繊維を過度に摂りすぎると、特に水に溶けない不溶性の食物繊維を摂ると、それが過剰な刺激となりますます悪化してしまうことがあります。

痙攣性便秘であると判断された場合には、まず過労と睡眠不足を解消することから始めましょう。一番いいのはストレスを感じない環境へ移るということですが、それは簡単なことではありません。しかし、意識してリラックスできる環境に身を置くようにしましょう。

ストレスを感じなくなれば便秘は比較的早く解消することができるでしょう。心と体はしっかりと連動しています。自分の体は自分でケアしてあげましょう。