あなたに合った便秘に効く漢方薬の選び方

便秘に効く漢方薬も選び方次第!あなたに合ったものを見つけましょう

一般の薬は一つの症状に対して、全般的に効き目があるという特徴ある一方で、漢方薬は一つの症状が出ている「あなた」に合わせて処方するものが変わり、飲み続けることで効果が現れるという特徴があります。自然に存在しているものをそのまま利用する「生薬」を何種類か組み合わせて漢方薬は処方され、様々な症状に効き、もちろん便秘にも効果があります。その組み合わせを決めるのは「証」という、ものさしに沿った診察で「あなた」がどんな体質であるのかを判断した上で漢方薬は処方されます。

診察は五感情報に基づいて進められ「望診」「聞診」「問診」「切診」という4つの診察を通して判断されます。望診では、目、舌、爪、顔色や体型が見られます。聞診では、声や呼吸音を聞き、体内から出た排泄物や口臭などがかがれます。問診では、様々な質問を通して現在の症状の詳細を知り、普段出やすい悩みの症状などを聞くことで体質の判断も行います。切診では、直接からだに触れて脈のリズムをみたり、おなかを指でおして判断するものまであります。一連の個別の診察を漢方医学のものさしを通じて、症状の原因や個人の体質を判断して処方するものが決められます。

しっかりと診察を行った上で服用するものが漢方薬であることを忘れてはいけません。いかなる薬にも飲み合わせが悪いものがあるように、漢方薬にも同様に種類に応じて悪いものがあります。自分の症状をネットにある一部の情報をもとに、自らが思いこんで判断すること危険な時があります。信頼できる医師の診察に基づいて「あなたに合った」漢方薬を服用して便秘の解消に役立てましょう。