便秘になったら漢方で治そう

便秘になったら便秘薬?できれば漢方で治しましょう!!

便秘になった時、あなたならどうしますか?便秘解消の方法は様々ありますが、何をしても効果がなかった場合や、良く便秘になるタイプの人などならば、薬に頼ってしまう人もいるのではないでしょうか?薬局などでも便秘薬は売っていますし、家にストックしている人も多いでしょう。

しかし、便秘薬には副作用がたくさん隠れています。1回飲んで、すんなりと便秘を解消してくれれば良いですが、結局、便秘は解消されずに、更に副作用に悩まなければいけないなんてイヤですよね。便秘薬に頼っている人は、便秘薬をたくさん飲もうとしてしまう事があります。出るまで何日も飲み続ける、飲む量が足りないと思って量を増やす…。とても危険です。

薬を飲んだ頃は、薬に刺激を受けて、腸は蠕動運動を行おうとします。しかし、飲み続ける程に腸は蠕動運動をしなくなってしまいます。便秘薬は飲めば飲む程に効果がなくなっていくのです。便秘を解消しようと便秘薬を飲んでいるのに、便秘を酷くしてしまう可能性があるのです。それでは意味がありません。

ずっと飲み続けているほどに便秘と付き合っている人は、もう病院へ行っていただきたいのですが、そんなに酷くない便秘の人や、便秘気味の人で、便秘薬を考えている人は、便秘薬の前に漢方にチャレンジしていただきたいと思います。

便秘になる原因は様々です。腸の調子が悪い人、ストレスが原因の人、冷え性などが原因の人…本当にいろいろあります。単に便を出してしまえば良いのでしょうか?たしかに、市販の便秘薬などですぐに効果が現れると、便秘を解消する事はできます。しかし、便秘の本当の原因を解消したとは言えず、半強制的に便を出しただけであって、また便秘になる可能性は充分に残っているのです。

そこで、便秘の原因が分かっている場合は特に、漢方を処方する事をオススメします。漢方で便秘を解消して、さらに便秘の原因になったものも解消してしまうのです。例えば冷え性が原因で便秘になった場合、便秘と冷え性の両方を和らげる事によって、便秘の再発を防ぐ事ができます。

便秘の原因が分かっている場合、通販などで漢方を選らんで飲んでみるのも良いでしょう。漢方は自然の力で、ゆっくりと効果を出すお薬です。副作用も少ないです。しかし、副作用が全くないわけではありません。便秘薬を飲み続けるよりも安全ではありますが、むやみに飲むものでもありません。

できれば病院にいったり、漢方の専門のお店などに行って、自分に合った漢方を処方してもらうのが安全でしょう。漢方によって飲み方などにも多少の差はあるようですし、専門家の人の話を聞いて、自分に合った漢方を正しく飲む方が効果はアップするでしょう。