実は、下剤には副作用があります

排便できない時つい頼りがちな下剤にも、副作用があります

便秘であることから、食生活を改めたり、適度な運動もしたいけれど、今はそんな余裕はないから下剤でなんとかしておく。そう考えてしまう気持ちもわかりますが、その繰り返しが取り返しのつかないことになる可能性を秘めていることを心に留めておく必要があります。下剤の副作用としては、下剤の依存症による自力での排便の困難や大腸そのもの働きに問題が生じる病気を引き起こす可能性があるということです。

下剤を一度や二度使用することで、依存症が出てくるというわけではありません。ですが、繰り返し使用することで下剤なしに、自然と排便を行うことが困難になってくる可能性があるのです。下剤の多くには、アントラキノンという成分が含まれており、これが大腸の動きが弱っていることに対して直接作用して排便を促しています。使用を続けることで、下剤による刺激なしには排便を行うことできなくなっていくという依存症状出てくるだけでなく、腸の壁に黒いシミのようなものが発生するようになります。これが「大腸メラノーシス」と呼ばれる症状で、進行していくと腸がゴムホースのように真っ黒となって腸の動きがなくなってきてしまいます。

自分自身の自覚が治療に向かうためには大切となります。下剤を繰り返し使用し、自然と便が出なくなってきたと感じたら、すぐに専門医に相談して治療を行いましょう。下剤を使って何とかしたい気持ちもわかりますが、今後のことを考えて、根本的な生活習慣を変えて便秘を改善していくことをおススメします。