頑固な便秘って?度合いを知る

頑固な便秘って??自分の便秘の度合いを知ろう!!

女性ならば友人などとの会話で便秘の話題になった事もあるのではないでしょうか?よく「私、頑固な便秘で…」なんて聞きませんか?“頑固な便秘”と良く使うのですが、ただの便秘と頑固な便秘は何が違うのでしょうか?また「私、頑固な便秘…」と話した本人は何を基準に頑固とつけているのでしょうか?

そもそも、便秘は病気ではありません。便秘が原因で病気になる事があるとしても、便秘だけの間は病気ではないのです。つまり、便秘だと判断しているのは医者ではなく、便秘になった本人なのです。そして、頑固だと判断しているのも本人なのです。

便秘になったと感じる基準も人によって違うものです。1日でなかっただけでも気持ち悪くて、便秘だと薬を飲む人もいれば、数日くらいなら別に気にしない人、お腹が張ったり便秘以外の症状が現れてから便秘に気が付く人、便秘と気が付いても何も対処しない人…。本当に様々です。

それでいいのです。自分の体は自分が1番知っているという人もいると思いますが、便秘に関してはそれで良いのです。自分の排便サイクルを把握できていれば、ちょっとした変化にも不審を抱くでしょう。「アレっ?」と思った時が便秘です。

基本的には(本当は)、毎日1回は排便を行う方が良いです。しかし、1日でなかったからといって、大変な事になる事はありません。本当に快便で毎日便を出している人からすれば便秘だと思うかもしれませんが、1日くらいなら平気という考え方も間違いではありません。“ここからが便秘です。”という基準はないのです。でも、さすがに1週間全く便が出ない、便意すらないとなると、さすがに便秘を意識した方が良いでしょう。

便秘は出ない時期が長くなるほどに、腹痛・腰痛などの痛み、体臭・口臭などの臭い、冷え性などなど、様々な症状を現してきます。しかし、症状が出ても便秘が原因だと気が付かない事もあり、さらに便秘を続け、症状を悪化させてしまう事もあります。そうならない為にも、できるだけ早く便秘たどいう事を意識するようにした方が良いのは確かです。

でも、おしゃべりしていた人が2日間だけ便が出ていないだけで「頑固な便秘で困ってるの…。」なんて騒いでいたとます。その話を聞いて、自分も2日間便が出ていなかったとしても、そんなに焦る事もないかと思います。その人にとっては常に快便で2日間というのが苦しい日数なだけかもしれません。自分の排便のサイクルで判断しても大丈夫です。食べる量も、運動している量も全く同じではないでしょうし、お友達とあなたが同じサイクルだということはないと思いますし、それぞれであるといえます。

全く意識しないで便秘を長く放置する事を考えると、1日でも早く頑固な便秘だと判断して、便秘解消に挑む事は良い事かもしれません。しかし、頑固な便秘だと判断し、市販の薬をたくさん飲み過ぎてしまうような事になると、少し心配です。できるならば、頑固だと判断する前、ただの便秘と判断した時点で、なんらかの便秘解消を行い、頑固にならないようにするのが1番です。