柿を食べるとふん詰まりを起こす?

柿に含まれる「タンニン」がふん詰まりを引き起こす?

柿には食物繊維・ビタミンC・カロテン・ミネラルが豊富に含まれており、風邪や二日酔いの予防の他にも、むくみ解消やガン予防、さらには便秘解消にも効果があると言われています。そんな万能な食べ物である柿ですが、よく理解した上で食べないと逆に便秘を助長することもあるので注意が必要です。

柿は上記の主成分の他にも「タンニン」という成分が含まれており、これが便秘と深い関わりがあります。甘柿でも渋柿でも同様に果肉の中にタンニンは含まれており、渋柿の場合には果肉に溶けだして渋くなってしまうが、甘柿の場合には実が熟す途中の段階でタンニン細胞の成長がとまって甘いままの柿となります。いずれにせよ、成分としては含まれており、それが腸の中に特殊な粘膜をはることから、食べすぎることがかえって腸の排便に必要な運動を停滞させることになるのです。基本的に柿は消化までに時間のかかる食べ物でもあるため、適切な量を摂取して程よく健康効果を利用することをおススメします。

便秘に効果的とされる食物繊維を多く含む柿ですが、その食物繊維は水に溶けない不溶性食物繊維に分類されます。腸に刺激を与えながら腸内で動いて、腸の筋肉の運動が活発でない弛緩性便秘に効果があります。その半面、柿に含まれるタンニンの影響で摂取をし過ぎることで腸の運動をにぶくすることにもつながっています。便秘を改善する・便秘を助長するという2面をもっているのです。同じ便秘でもストレスが要因とされ、腸の動きが過剰に起こっている痙攣性便秘の時には摂取を控えることも忘れていけません。適度に摂取して効果的に柿を活用していきましょう。