便秘で腹痛になってしまったら

辛い便秘と苦しい腹痛 すっきり解決してしまいましょう

一般的には3日以上お通じが見られないとき、「便秘」であると判断します。しかし一言で「便秘」と言っても人それぞれ症状は違います。

便秘によって引き起こされる症状には、代表的なもので腹痛、腹部の膨満感、食欲不振、吐き気、肌荒れ、頭痛、肩こりなどがあります。今回は、便秘と腹痛の関係について考えてみましょう。

便秘の症状で腹痛がある場合もありますし、ないこともあります。腹痛があると症状がひどいというわけではありませんが、痛みというのは人を不快にさせます。そのため、便秘の症状として腹痛を感じるととても辛く感じます。

通常の腹痛ですと、排便することによって解消されることがおおいのですが、便秘の場合は思うように排便することができないため、痛みもなかなか解消することがありません。痛みが続けば精神的にもとても辛くなります。

便秘によって引き起こされる腹痛の主な原因は、腸の中にたまったガスです。ガスというのはいわゆるオナラ。便が詰まって行き場をなくしたガスが腸の中でどんどんと膨れ上がってしまうために、腸がキリキリと痛むようになります。

ガスはお通じの状態、腸内環境が悪ければ悪いほど発生しやすくなります。食事を取るときに食べ物と一緒に飲み込んだ空気がガスとなることもありますが、それがあまり大きな原因とはなりません。一番の原因は腸の内容物の腐敗。腸の内容物がスムーズに腸内を通過していけば、ガスが発生する時間などありませんが、流れが悪く長く同じところに留まるようになれば、どんどん内容物は腐敗し、ガスを大量に発生させることになります。

それでも便が排出されていればガスも一緒に外へ出ることができるのですが、便が出口をふさいでしまっているため、ガスが外へ出ることができす、腸の中にい続けるようになるのです。特に直腸の手前であるS状結腸で痛みを強く感じます。S状結腸がキリキリ痛むようでしたら、それはお腹の中にガスが溜まっているせいだと考えてください。

このような腹痛を解消するためには、便秘を解消するほかありません。腹痛があまりに痛い場合は、浣腸などをして一気に解消することをおすすめします。

便秘、そしてガスによる腹痛を感じるときは、お腹のマッサージが効果があります。おへそを中心としてひらがなの「の」の字を描くように手を動かします。動く方法は時計回りです。このとき、お腹を強く押しながら行うのではなく、お腹を温めるというイメージで手を動かすようにしましょう。実際に手を多少温めてからマッサージをするとより効果的です。

日常の食生活が、食物繊維や野菜などを中心に摂ることを心がけて、ゆっくり噛んでいただくようにしましょう。