あなたにもできる効果的な便秘予防

便秘予防のために、私はどうすることが一番効果的なのか

便秘になる要因は様々ですが、予防してできることは「偏らない食生活」と「適度な運動」を取り入れる生活習慣にすることに尽きます。便が出ないということは体内の悪いものが出ていっていない状態であり、循環がうまくいっていないことから様々な病気や症状がでてくることになります。バランスのよく食べ物を摂るように心がけ、ストレスをため込まないことさえできれば、便秘症状を予防することにつながるのです。

普段の食事の中では、肉食に偏ることなく、野菜や果物、乳製品や発酵食品をバランスよく摂っていくことが大切です。肉は身体を動かす上で欠かせない食材ですが、これに偏ると腸内において悪玉菌が増えたり、消化に時間がかかるため臓器にも負担がかかり、病気につながることにもなります。それらを防ぐためにも、野菜や果物を始めとする食物繊維を摂ることが大事です。消化も早く、腸内をキレイにする役割も果たします。また、乳製品や発酵食品は腸内において、善玉菌を増やすことや善玉菌自体の働きを助ける役割を果たします。これらの食材をバランスよく摂取し、水分をしっかり摂ることで腸内の環境は保たれるのです。

適度な運動は、腸の筋肉の活性化を促すだけでなく、ため込みがちなストレスを発散する役目も果たします。腸の筋肉が衰えると便がスムーズに運搬されなくなり、押し出す力が不足してしまうことで便秘につながります。ストレスは腸の運動を過剰にしてしまうこととなり、これによって下痢を繰り返したり、腸内にポリープをつくることになったりもします。腹式呼吸やストレッチから、適度な全身運動を行うことで腸の動きを正常化するように心がけましょう。

上記のことを心に留め、「食べ物」も「ストレス」も出す時には出すというができるように生活をして便秘予防に努めましょう。