ストレスが子供便秘の原因に

子どもにとってもストレス社会!?ストレスを取り除いて便秘の解消を

ストレスが原因で便秘になることはよくあります。そして、それは子どもの便秘にも多くみられます。子どもがストレスをためるというのは、ちょっとピンとこないかもしれませんが、子どもも大人同様、ストレスを感じることはたくさんあります。

家族関係において、叱られたり甘えられなかったりした場合や、学校での友達関係において、喧嘩したり仲間はずれになったりした場合、また、進学・進級・転校・引っ越し・旅行などの環境の変化があった場合など、ささいなことでも子どもは深刻に捉えます。こうしたストレスが便秘を始め、体調不良を引き起こしてしまうのです。

ストレスがあると、交感神経が優位に立ち、自律神経が乱れます。すると、消化酵素の分泌にも悪影響を及ぼし、消化器官の働きが低下してしまうのです。当然腸の働きも低下し、便秘になります。腸の働きは、こうして自律神経によってコントロールされているというわけです。

こうした状況を避けるには、ストレスを取り除いて、リラックスすることが大切です。ストレスがある時とは逆に、リラックス時には副交感神経が優位に立ちます。副交感神経は、血管を広げ、腸の蠕動運動を活発にしてくれます。ストレスによって、消化を妨げ、悪玉菌が増加していた腸内環境を改善してくれるのです。

また、便秘によって便が固くなり、排出する際に痛かったり、腸内に長時間便が留まることで、お腹が張って苦しかったりすると、子どもにとっては、それらが排便への恐怖になったり、ストレスになったりしてしまいます。こうなると悪循環に陥ってしまいますね。

こうしたストレスによる緊張状態が続き、便秘が続くと、慢性の便秘になってしまうので、早めに予防・改善をしてあげることが大切です。ストレスは、聞いてもらうだけでもかなり楽になります。普段からよく子どもの話に耳を傾け、話をすることが一番でしょう。そして、出来るだけストレスの元を改善してあげましょう。

また、簡単に改善できない時は、なるべくリラックスしたり、気分転換が出来る時間を増やすなど、ストレスの軽減を図って、こどもの便秘をストレスから守りましょう。